PHOTOGRAPH

    ※サムネイル写真からリンクしていますが、一部リンク切れあり

  

2017.Aug. Maldives Soneva Fushi 2度目のリゾート

2000年のGWに訪れたMaldivesのSoneva Fushiに17年ぶり2度目の旅行

前回はダイビングもリゾートも超初心者で慣れてないのに、今思えばよくSoneva Fushiを選んだものだと自分が怖くなる

17年前に比べ、しっかりリゾートを満喫しようと動き回ったのだけれど、旅慣れた分、感動しない身体になってしまった自分が残念

水中写真も随分と上達したものだと我ながら実感する

シュノーケルでマンタウォッチングなんて初体験だったけど、やっぱり下から見上げる方がイイ…

ヴィラは改築されて広くなって超快適

※ちなみに、飛行機から撮った島の俯瞰写真はSoneva Fushiではありません

  

2016.Oct. PALAU 長年お付き合いしたガイドさんの卒業

1999年の年末ダイビングで始まったPALAU

15年以上の間に30回程通ってきました

PALAUの魅力に惹かれたのはモチロンですが、知り合ったガイドさんとのお付き合いが通いつめた理由です

そのガイドさんが残念ながらPALAUを卒業して10月に帰国する

本人の人生設計であり将来を考えてPALAUを卒業するのだから、心から感謝と応援の気持ちでいっぱいですが、これからのPALAU通いはどうなるのだろうか…

正直、最近のPALAUでの被写体に行き詰まっている感は否めないので、新たなマクロ天国を探す旅に出ましょうか

  

2016.GW PALAU

今回のダイビングで祝400本

300本まではお祝い気分でガイドに申告したりだったけど400本となると特に申告することもなく、淡々と…

多くのモンガラに激しく攻撃されたけど、それがお祝いのアピール?

残念ながらホールにニチリンは不在でお祝いにならず、最近は見かけないらしい

そのかわり、船上からイルカ大群をしばらく楽しめたのがお祝いだったのかも

十数年前に一緒に潜っていたガイドさんとの再会もありました

  

2015.12 PALAU

2015〜2016年越しパラオ

エントリーからエギジットまで、ひたすら逆流のコナーなんて、もう2度とイヤだ

潜り初めのジャーマンでマンタにあけおめ

  

2015.10 石垣

2015のGWはパラオに行けず

時期外れの夏休みで久々の石垣へ

マンタを見ない石垣島

ただしマクロはパラオよりも面白い!

  

2014.12 PALAU

2014-2015 年末年始、恒例パラオ

なんとなく何事もない今回のパラオ

なので写真も少ない

いつものマクロで…

  

2014.GW PALAU

えび、かに、ねじりの大満足パラオ

あとは、いつもの小物祭り!

なぜかパラオでは綺麗なウミウシ見ないんですが…

  

2013.12 PALAUでヘリに乗って空撮!

2013-2014 年末年始、恒例パラオで初のヘリ搭乗。

ポストカードによく見かける例のヤツが目の前に広がる!

いやぁ、凄いのなんの!絶景!絶景!

水中ではいつものマクロで…と思っていたら、なんとブラックマンタ!

マクロレンズでも撮りますよ、そりゃぁブラックですから!

  

2013.05 GW PALAUで久々モンツキ!

いつもながらのマクロおたく。

で、最近すっかりお目にかからなかったモンツキカエルウオと久々のご対面!

まぁ、いつもと変わらない被写体ばかりですが

ブルーホール出口付近に居たヘルフリッチは引っ越して居なくなったらしい。

その代わりというワケではありませんが、ニュードロップオフで30メートル潜ってアケボノが撮れました。

  

2012.12 PALAUでD800Eデビュー!

2012-2013 年末年始パラオでD800Eの進水式。

がっ!しかし!なんと水没!と言うより浸水!ダイビング初日の帰りにショップスタッフさんから「レンズ曇ってますねぇ」

「…えっ?」

見ると確かに…曇っている。ホテルに戻ってハウジングを開けると多少の海水が浸入した模様。まぁ、ハウジングのセッティングに問題があったかなぁと思って、シッカリ気を付けて組み直し。翌日のダイビングで…前日以上に浸水!仕方ないから、もうカメラ持たないで潜ろうっと。

帰国後、アンティスにハウジングを送って耐圧検査をしてもらったら、なんと水の浸入ナシ!一体どーなってんの?カメラ本体のオーバーホールが終わったら、アンティスに送ってカメラ込みで耐圧検査をお願いすることにした。 そんなこんなで、今回も写真少ないです!

  

2012.05 GW PALAU!

今回も、写真は少なめ…。

あんまりイイ子に巡り会わずで、ダイビングサービスで保護しているタイマイが一番カワイかった。マンタも現れず、ノーマンタで帰国かと思っていたら、最終日のラストダイブで見事登場!さすがイクちゃんガイド!終わりよければ全てヨシ!

今回は、ディナーもハズレばっかしで残念でしたが、PPRのいつものコンパニオン猫(palau.18参照)が最終日に遊びに来てくれて、ちょっと満足!

それにしても、老眼進行まっしぐら!で、ホントにピンが合わなくなってきた。アンティスの特性ファインダーも使ったけど、そんなに効き目ナシ。Nikon D800にしてライブビューで撮るしかないかぁ~!アンティスさん、ハウジング作ってー!

 

2011.12 PALAU 20th!

このカウントが正しいモノであれば、今回の年越しパラオは記念すべき20回目!天候はあまり良くなかったが、ジャーマンのマンタは3/3で遭遇率100%!2011年の終わりも2012年の始まりもマンタで満喫できました。まぁ、マクロ派のワタシにとって被写体にはならないのだけれど…。

この年末年始パラオ、食事に全く運が無かった。エリライで楽しみにしているトムヤンクンや春巻きをオーダーしようと思ったら、タイ人のコックが帰国してしまってタイ料理はメニューから無くなっていた。タイ料理の無いエリライには二度と行くことはないなぁ。元旦にジャングルバーに行って、毎回楽しみにしているシャコ貝の刺身は、直前のお客さんで売り切れる始末…。他のシーフード食材が全く無いとの事で、仕方ないからタロイモコロッケをリクエストすると、それもナシ!メニューのほとんどが無いという最悪な状況。最終日、ジュージューに行ってもシーフードはマングローブ蟹一匹とマングローブ貝が少々あるだけ。こんなにシーフードが食べられないパラオは初めてだ。

 

2011.10 PALAUひとり旅!

いつものとおり、季節外れの夏休み。いよいよ慶良間デビューしようかと、宿もエアも確保して万全だったのに天気が不安。沖縄の9月~10月は仕方ない事だけど、なんだか急に気が乗らなくなって、毎度のパラオに急遽変更!デルタ定期便はお休み中なので、JALチャーター便の日程を調べてなんとかキープ!ひとり旅なのでPPRには泊まらず、ロイヤルで予約した。

JALチャーターで、オンシーズンでなければ通常の6日間ツアーではなく5日間というツアーがある。このチャーター便は、午後に日本出発で夕方パラオ到着、帰りも昼に乗って夕方帰国という非常に楽な時間で飛行機に乗れる。オフシーズンしかないツアーらしいけれど、6日間ではパラオに深夜到着、深夜出発という意味なし2日分を考えると5日間の方が効率的でイイなぁ。

 

2011.05 久々PALAUのGW!

3年ぶりにパラオで過ごすゴールデンウィーク。それも、JALチャーターでは良い日程が無かったため、初デルタ!JALチャーターよりも若干出発時刻が早いため、次の日が少し楽になる。ただし、CAがなぜかオバハンばかりだった。

エアもリゾートも、代理店から購入してるけど、扱いはフリー。なので、結構リゾートに関してはリクエストに応じてくれるようで、「次回からは1階で!」と言っといた。フリーなので8泊9日という贅沢な日程。もうダイビングも、お腹一杯っていう感じ。

天候は時期が時期なので、晴れとスコールの繰り返し。

サムネイルにもある猫は、ウチの部屋に2泊もしていったリゾートのコンパニオン猫です。

とりあえず、今回の写真の第一弾のアップです。後日、第二弾アップします。

 

2010.12 初splash!

常連のダイビングショップは、この年末年始、オーナー不在につき閉店状態…。

そこで、常連ショップ元従業員がいるsplashにお世話になることにした。定宿PPR内にあるので、朝は楽ちん!毎日目一杯潜るつもりだったのに、splashはダイビング後、フライトまでの時間を18時間以上空けることにしているため、最終日は潜れなかった。まぁ、そのぶんゆっくりのんびり過ごせたのも良し。

そういえば、パラオに行けば必ず行ってた鉄板ドラゴンが無くなりました…残念。

今回は水中写真少なめです…なんでだろう。

 

2010.10 10月の石垣なのに台風接近

毎年のように、時期を外して夏休みを取るけど、石垣に行くとなると台風が気になる…。

10月中旬なら大丈夫だと思って石垣到着。すでに雨降り。まぁ、雨だけならダイビングに問題無いかと思っていたら、フィリピン沖に台風発生!それも、トンでもない勢力!こんなヤツが来たら、ダイビングどころか、帰れなくなる…。

なんとか真西に進んでくれたけど、海はウネる。さらに奄美に前線が接近して記録的大雨!前線と台風に挟まれた石垣で外洋に出ないポイントで地味なダイビング。

しかしっ!マクロ狂のワタシには、願ったり!叶ったり!初ねじりんぼうも撮れて満足でした。滞在中一度だけ行けたマンタスクランブルでも、シッカリ4枚出てくれました。(マクロセッティングなので撮りませんが…)

 

2010.05 今年も寒いGWの石垣

2009年GWの石垣は寒かった…が、今年も寒い。

なんで毎年寒いんだろう…。水温23~24℃そこそこ。みなさんフードベストレンタル必至!天気は曇りっぱなしで、時々雨も降り出す始末。北風の為、市街地の石垣港からの出港。川平に泊まって川平のショップを利用してるのに、全く意味ナシ。そんな中でも、マンタスクランブルに2度行って100%マンタ遭遇!なので、去年よりはマシかぁ。

今回の最大の目的は「ゆがふ山原」に宿泊すること。思った通りで、お気に入りのリゾートが一つ増えました!延泊できなくて、途中からいつものオーベルジュに移動したけど、こちらも相変わらずお気に入り!

 

2009.12 マクロ 85mm

毎年恒例、パラオ年越し。

新兵器の85mmマクロのポートやフォーカスギアは、まだメーカーから発売されていない…。そこで新宿アンサーNさんに相談。今までの105mmと60mmのポート、ギアが使い回せるということで、無事に年越しパラオに持ち込めた。そして今回もマクロ三昧!やはりファインダーを覗いた状態で、105mmよりもターゲットを見つけやすい。

マクロ狙いのポイントをリクエストすると、15回もパラオに通って初めてPPRビーチを潜った。水底が泥砂なので、静かに潜らないと目の前真っ白になってしまう。透明度も悪い中、ガイドについて進むと、そこには「ナカモトイロワケハゼ」!撮って撮って撮りまくりました。

マクロに夢中になっていると、3回行ったジャーマンで、マンタ100%遭遇率という結果に…。そんなもんだよなぁ。

 

2009.09 初久米島

夏休み、さぁ何処に行こうか。

前回の石垣は、寒いし、マンタも出ないし散々なGWだった…。そんな沖縄にリベンジしよう!と、思い立ったが石垣以外の離島に行きたいなぁ。そーだっ!モンツキを撮りに行こう!そう決めて島探し。確実にモンツキが見られるポイントを探していたら、久米島には「モンツキ村」なるポイントがあるらしい!もう久米島しかない!と決めて5泊6日の旅へ。

天気もそこそこ、水温も30℃前後、気持ちいいダイビングのはずが…。遠くにある台風の影響で、風とうねりが強い。久米島といったら同じポイントでワイドもマクロも楽しめる北のポイントがオススメらしいのだが、北風のため全く北のポイントには潜れない。念願のモンツキ村で、モンツキ三昧だったけど、どこか不完全燃焼…。

 

2009.05 ノーマンタだなんて…

2009年のGW、石垣の海は冷たすぎる。

5月だって言うのに水底温は22~23℃だなんて。5mmフルスーツでも寒くて寒くて…耐えられない。それでも石垣と言えば「川平石崎マンタスクランブル」へ。そんな寒い中どんなに待ってもマンタは出ない。最近は遭遇率が悪いらしい。

二日目、マクロセッティングのワタシは「川平石崎マンタスクランブル」には行かない別班チームに参加。そんな日に限って出るんだよなぁ…マンタが。(まぁ、旋回することもなく、一度だけ通り過ぎただけだったそうだけど)

翌日の三日目に行っても、やっぱり出てくれない。四度目の石垣で、初めてのノーマンタだった。

 

2008.12 Nexus 45度ファインダー

年越しパラオで、今回の進水式は60mmレンズと45度ファインダー。

それが…どちらも消化不良になってしまった。アップしている写真は、ほとんど全てトリミングしています。大解像度を生かして思いっきりトリミング。つまり、60mmでは寄り切れない。ワタシには105mmの方が面白いなぁ。

さらに45度ファインダー。ホントに被写体を捕らえにくい!慣れて使いこなす人もいるそうだけど、ワタシは慣れないなぁ。やはりストレートにしておくべきだった…。

 

2008.09 anthis Nexus D300 進水式

石垣島3度目にして、初めての北部。北部ポイントまで行くショップは少ない→潜るダイバーが少ない→海が荒れていない→サンゴが元気!テーブルサンゴが群生 して、枝サンゴもにょきにょき。リクエストがあれば、川平のマンタスクランブルにも行ってくれるので、ワイドもマクロも楽しめる。利用したショップ「G- Free」は、カメラ派ダイバーの事を気遣う、まさに”痒いところに手が届く”ショップです。

Nexus D300のストロボ光接続…水没の心配が無く、調光も◎。

 

2008.04 パラオ PARADISE DIVERS リピーター集合

15 年以上に渡りパラオをガイドをしてきたパラダイス・ダイバーズ小池さん。お世話になったリピーター達が一緒に潜ろうとGWに集まった。パラオに14回通っ て初めてペリリューデビュー。強い流れでビギナーに不向きな厳しいポイント。ロウニンアジの大群に突っ込んで見事に流された。360度ロウニンアジに囲ま れ、群れが二つに分かれた途端、ピューっと流され必死に漕いでも全然ダメ!一緒に潜ってるメンバーも見失い大ピンチ!でも小池さんがアラートを鳴らしてくれ、無事に事なきを得た…。

 

2008.03 パラオ さようならPARADISE DIVERS

1999 年から2000年の年越しで、初めてパラオに行き、知人に紹介されたパラダイス・ダイバーズにお世話になった。それから8年。パラダイスで潜らなければ、 これほどパラオに通い続けただろうか…、ダイビングを続けていられたかどうか…。そのパラダイスが3月いっぱいで閉店してしまう。

すでにリピーターに限っ て営業しているため、今回は全ダイブでガイドさんとマンツーマンで潜った。

マクロにワイドにワガママダイビングで、感極まるダイビングでした!

 

2007.12 タヒチ・ボラボラ ひろ~イ水上コテージ

行く前からタヒチでのダイビングには期待していなかったが、ホントに期待してなくて良かった。ダイビング初日にマンタこそ見られたけど、他は特にナシ…。珊 瑚が綺麗に群生している割には、小魚の種類も少なくて寂しい。雨期のせいで、一日おきに雨になり、水中の透明度もイマイチだった。大晦日までダイビングは あるが、なぜか元旦はショップが休み…(ネモワールド)。

カメラ器材には全くトラブルは無かったのに写真は非常に少ないです。なので、リゾートの写真が いっぱいです!

 

2007.10 セブ・リロアン ワイドも◎

マクロ天国であ るリロアンだが、船で遠出すると大きな群れに遭遇する。そして、なんと言っても珊瑚が元気!ポイントによって着底・グローブを禁止して、一日15人までに 制限するなどでポイントを保護しているため、珊瑚がとにかく元気に群生している。最近のパラオで悲惨な珊瑚を目にしていると羨ましい限り!このまま大切に して欲しい…。さらに、クマノミ城はチョット元気がなかったけど、クマノミ団地は見応えアリです!

(左のリンクはワイド編です)

 

2007.10 セブ・リロアン ウワサ通りのマクロ天国

フィリピンは2度目だが前回はエルニドだったので、今回が実質的なフィリピンデビュー!時季外れなため初日はリゾートもダイビングもオンリーワンゲスト!今回 の目的はスパインチーク。撮って撮って撮りまくりました!が、しかしっっ一本目でTTLコンバーターまたもや水没!また今回も原因不明…。まったくどー なってんの?従って、ほぼ全てストロボはマニュアルです。そうなるとオーバーになったり、アンダーになったり…やっぱりTTLは不可欠だなぁ。

(左のリンクはマクロ編です)

 

2007.06 ストロボTTL調光テスト

Sea&Sea TTLコンバーターとSea&Sea YS-110・INON Z-240/Z-220SそれぞれとのTTL調光テストを行った。普通に考えると、同じメーカーであるYS-110が一番安定するだろうと思うのだが、そ うでもない結果に…。YS-110は全体的に白飛び気味で、マクロでは拡散板必至。TTLコンバーターの内部回路をOEMしているドイツの会社はHPで Z-240をTTL対応、YS-110をマニュアル対応とアナウンスしている。

どうやらZ-240の方が相性◎なのかも…。

 

2007.04 川平マクロ完成型

マクロVR 105mm+YS-110でTTLコンバーターも新しくなった。これぞマクロの完成型!残るは自身のウデだけである…。いやぁ、それが大きな問題点!なぜか今回は枚数が少ない。ダメで元々、とにかく撮って撮って撮りまくってやるつもりだった。 今回は珍しく(?)カメラトラブルも無く、いつも以上に枚数が増えるハズなのに…。

ワイドは皆さんと流しながら撮れるけど、マクロはやはりガイドさんとマンツーマンで潜るのがイイなぁ~、贅沢だけど…。

 

2007.02 マクロ修行

YS-110とマクロのVR 105mm1本で乗り込んだパラオ。今回もアクシデント多発!初日こそマンツーマンガイドの贅沢なダイビングで問題無かった。

が、翌日TTLコンバーター が浸水!原因になるような隙間は無いのにナゼ…?3日目、ハウジングのリークセンサー点滅! 船上で開けると少量の海水がシッカリ浸入。あぁ…ナゼにアクシデントが続くのか?

以前の水没の教訓でダイバー保険には加入しているが、カメラ・ハウジングは長い入院になる。

 

2006.08 デジタル一眼修行

今回はTTLフラッシュとマクロのマニュアルフォーカスが課題…。SUNPAK PZ-40X+アテナハウジングでしっかりTTLが効いているようだが、如何せん一灯であるためマクロ専用と考えた方が良いようだ。さらに、イソギンチャ クなどに隠れるように泳ぐ小魚はオートフォーカスよりもマニュアルの方が有効である。

…などと理解していても、フラッシュがしっかり被写体に当たってな かったり、フォーカスを合わせている間に逃げてしまったり…

まだまだ修行が足りない。

 

2006.05 石垣・川平デビュー

3年前の雑誌「BRUTUS」で記事を見て以来、いつか行ける日を夢見ていた石垣のB&B KABIRA。「二期倶楽部」系列で8室しかない小さなリゾート。ディナーの「シェフのおまかせコース」は連泊するとアレンジしてくれます。 カクレクマノミとの初対面!

今回の一番の目的!サードダイブでリクエストしたら、お客さんはワタシだけ…。ガイドさんに案内されて、一つの根に張り付きっぱなしで40分…カメラのメモリ使い切るまで撮りまくり!

ヘタな鉄砲、数打ちゃ当たる…。

 

2005.12 水中デジタル一眼デビュー

パラオのNo.08からNo.10に飛んでますが、間違いではありません。No.09はノーカメラでした。

デジタル一眼デビューは常連パラオで進水式。 いやぁ一眼はムズカシイ…。ワイドで撮っても単なるドン引きショットにしかならない…。魚群を撮るにはワイドでも思いっきり突っ込んで寄らないと迫力ある 画にはならないのだ。 マクロは60mm、これまたムズカシイ…。AFでいくか、MFでいくか。AFは動きの速い魚には向かないし、MFは確実にピンを合わせられるが楽じゃな い…。

被写体に応じて使い分けるしかないため、やはり水中でAF/MF切り換えができるポートにした方がヨカッタかなあ…。

 

2004.12 2005年幕開けはギンガメ三昧!

一番ツアー料金が高くなる28日出発の成田直行便…。今までスケジュールが合わず乗れなかった成田発、やっぱり東京からは成田が楽チン!今回のパラオで祝 100本を達成したウチの奥さん。100本記念のリクエストは勿論マンタ!パラオ人ガイドがあちこち探して粘った末、見事1枚見せてくれました! 他の魚は、とにかくギンガメ!ギンガメ!ギンガメ!日本を発つ時、準備する時間が無くてワイド用デジカメを持って行かなかったのが大失敗…。面倒でもワイ ド系はパラオで必需品だ。

 

2004.09 120diveでアドバンス受講

120Diveにして、今更ながらアドバンス講習を受講。 経験100本を超えた今だからこそ?スキルの復習も含めて受講を決断。 やってよかったアドバンス!オープンウォーターと重複する部分もあるが、経験を多少積んだ今だからこそ、しっかりと身につく…ような気がする。 さらに、知らず知らずのうちに我流になりつつあった自分のスキルを基本に戻す事も大切である。

主な講習内容は、PPBC(中性浮力)・ネビゲーション・ディープ・ドリフト・ナイトなどなど…晴れてアドバンスダイバー!

 

2004.05 常連パラオ3連続!

昨年12月末から今年3月、そして今回のGWと3連続パラオ!それも東京在住でありながら新幹線+名古屋発チャーターという御苦労様ツアー。年末年始や GWのチャーター便は、なぜか成田便よりも名古屋便の方が平日を含まない日程になっている。今回のパラオ、あまり天候に恵まれず土砂降りのボートも…。

でも海の中はやはりパラオ!マンタにマダラトビエイ、マクロも盛り沢山!さらにカスミチョウチョウの大群に囲まれて夢心地…。

スッキリしない天気でもパラオ の海は裏切りません!

 

2004.03 パラオ一人旅で祝100本!

初めての海外一人旅であり、初めてのダイビング一人参加でした。と、言っても5度目のパラオであり、御世話になるサービスもいつもと同じなので全く安心のリゾートダイビング。毎日快晴で波も無くダイビング日和の毎日。めでたく100本目をニュードロップオフで迎えた。 ただし、ブルーコーナーでは今までで最強な流れを受けて、カレントフックに鯉のぼり状態で魚待ち。

リクエストしたモンツキカエルウオもタートルコーブでしっかり撮れたが、100%満足出来る作品にはならず…。

 

2003.12 ジェリーフィッシュレイク初体験

4度目のパラオで初めてジェリーフィッシュレイクへ行った。

船を降りて山道を登って下りて、ようやく湖へ。桟橋からはクラゲの一匹も見えないが、陽の当たる奥の場所へ行くと…いる、いる、ウヨウヨクラゲが出てきた。

そのうちクラゲだらけの水面をシュノーケリング…、気味悪いかと想像していたけど全くそんな事は無かった。綺麗で幻想的…だけど、山越えが大変なので一度経験したらもういいかなぁ…。

 

2002.12 至上のリゾート ココパーム!

今回のモルディブは豪華なココパーム水上ヴィラ。 ソネバフシ同様、超オススメリゾート!

水上ヴィラのベランダには小さなジャグジーがあり、そのまま海に降りられるようになっている。 一本目のチェックダイブも日本人ガイドなので安心。二本目からはナントガイドなしで自由にダイビング!前もって乗りたい船のボードに名前を書き込んでおけばオッケー。船上でポイント説明を受けたらあとは自由にバディとダイビング。

スパのマッサージも部屋に来てくれるので楽チンだし超リラックス。

 

2002.04 パラオ ドルフィンダイビング!

今回のパラオはオプションで、初めてのドルフィンダイビング。

1時間半程度の講習を受けてイルカの生態を勉強。その後ドルフィンダイブで30分程度イルカと潜れる。 定員12名のところ、私達2人しかいなくて一人に一頭のイルカがつきっきりという恵まれたダイビング。ただ、水底は砂で濁りが多く透明度は宜しくない。そんな中でもしばしイルカと戯れて楽しいダイビングだった。

…まぁ一回体験すればもういいかな?

 

2001.12 体育会系ダイビング バドゥー

01年から02年への年越しダイビングはモルディブ・バドゥーで迎えた。

時期的に潮の流れが速かったためハウスリーフでのダイビング。ハウスリーフでのバディ潜水はガイド無しで好きなだけ潜れる。 なぜかハプニング続きの今回のモルディブ・・・。デジカメ水没、レギュカバーが外れてなくなるし、マスクは曇りっぱなしでAIRⅡ砂かみで給気されっぱなし、奥さんのゲージは壊れて、帰国後BCには穴が開いていた・・・。

バドゥーにはもう来ないだろう。

 

2001.04 絶景!ブルーホール

前回のパラオでもブルーホールに潜ったが、天候がイマイチで光のシャワーはぼやけていた。でも今回のホールは素晴らしいスポットライト!光の量でこんなにも美しくなるなんて…。

あまり地形スポットに興味薄だったけど、ここのホールはまた来てもイイなあ。

移動中の船の上からマンタ発見!すぐそばでしばらく並んで泳いでくれた。

船上からマンタを見たのは初めてだった。

 

2000.12 エルニド 水上コテージ

フィリピン・エルニド…

あんまりメジャーなリゾートではありませんが、離島に憧れる人にはイイかもしれない。

アットホームな感じのリゾートで、ダイビングのガイドさんも優しい人達ばかり。

フィッシュマーケットと呼ばれるくらい魚種が豊富。全体に小型の魚ばかりだけど結構楽しめる。

魚以外にコーラル系も見応えあり。

 

2000.05 初モルディブ!ソネバフシ

モルディブ初体験!

こちらのダイビングスタイルはほとんどドリフトダイビング。 さらに、エアが続く限り自分の責任でバディと潜り続けていられます。どちらかのエアが少なくなったら浮上して5メートル3分安全停止の後、エギジット。 もっとスキルアップして長い間潜っていられるようになりたい…。

宿泊したソネバフシ リゾートは素晴らしい!

施設・食事・サービス全てスタッフの気遣いが表れている。水上コテージはありませんが、ここは是非また来てみたい…。

 

1999.12 初パラオ!待望のマンタ

一日3ダイブは初体験。

パラオの海に来たら目一杯潜りたくなるのは誰もが思うことだろう。実際に潜ると3本の疲れよりも水中の素晴らしさに感動する。

あまりにも魚種が多くて興奮して写真に夢中になり多量のエアを消費してガイドのオクトパスを…。

多くのダイバーがパラオをNo.1に挙げるのに納得。やは りマンタを目の前にすると感激してしまう。

さらに360度ウメイロモドキの大群に囲まれるというシアワセ体験も。

パラオはやっぱりNo.1!

 

1999.09 初海外リゾートダイビング!

初めての海外リゾートダイビング!

やっぱり伊豆の海とは透明度が違うなぁ。特にウイングビーチの魚種の多さには驚いた。

リゾートダイバーに徹する人達の気持ちにも納得。

エアの消費をもっと少なく出来たらさらに長い時間潜っていられるのに…。

今回はなぜか全てビーチダイビングだったけど、次の機会はボート中心に潜りに来たいなぁ。