活動目的 活動に参加するには? 活動報告 会員・ボランティアの募集 事務所・連絡先 お問合せ

What's new

フィリピン・ミンダナオ島訪問、貧困の子供たちに贈呈 >>

バングラデシュに楽器や文房具や衣類を初めて発送 >>

12番目の支援国・ウガンダ200万人の孤児支援 >>

第4〜6回マリ支援:支援物資をマリに贈りました。 >>

インドでの支援物資の贈呈:笑顔が溢れていました。 >>

マラウィの子ども支援:モーゼス氏と連携した活動 >>

お問い合わせQ&A >>  支援報告はこのブログで >>

現在、アジアインド、カンボジア、タイ、ネパール、フィリピン、バングラデシュ、韓国、アフリカ・マラウィ、ザンビア、ガーナ、マリ、ケニア、ウガンダ13か国の子供支援。

最近の支援物資(夏物衣類・学用品・楽器等)の発送
H28年1月バングラデシュ、2月インド・韓国、3月ネパール・マラウィ、4月フィリピン、5月インド、6月マリ・ガーナ

お便りを紹介します >>  荷作りボラ紹介します >>

会報 創刊         10 11 12 13

アジア キッズ ケア(Asian Kids Care) アジア キッズ ケア(Asian Kids Care)

アジア キッズ ケアは何をするの?
アジアやアフリカの困っている子どもとその家族のために
支援物資(夏物衣料・文房具・楽器・生活用品等)を送り届けます。

孤児やストリート・チルドレンのために
就職・自立に向けて、教育・生活のための経済的サポートをします。

※ アジアキッズケアは、2005年度〜2016年度松前町社会福祉協議会のボランティア活動助成団体。2014〜2015年度愛媛県NPO法人活動助成団体。 ※ (財)愛媛県国際交流協会、愛媛ボランティアネット、松山市ボランティアセンター、松前町ボランティアセンター等登録団体

愛媛県庁サイト内の「愛媛ボランティアネット」にて、アジアキッズケアの活動が紹介されています。 >> また、当団体の情報も公開(トップの『県内のNPO法人』または『NPO活動紹介』をクリック)

愛媛新聞(愛媛販売部数1 位)のシリーズ『Voice えひめ・行動者』 >>において、アジアキッズケアの支援活動の紹介がありました。

教育関係の全国紙『教育新聞』の依頼により、「本物の友人として」を寄稿しました。 >>前回の「ボランティアをしよう」に続き、2回目になります。

アジアキッズケアによる支援物資の送付実績(2016.5現在) 送付総数860箱、送料経費総額5,171,553円 支援活動を開始して13年目を迎えました。御協力を心から感謝します。全国の皆様の愛とまごころを、支援物資と一緒に、現地協力者と連携して、子ども達に「ハンドtoハンド」で届けています。

アジアキッズケアの現地協力者は、日本で一緒に支援活動を行った留学生(帰国後は政府職員や大学教授等)及び彼らの家族、牧師、医師等の方々で、無償で協力してくださっています。現地の実情を知る信頼できる現地リーダーとの支援の輪は広がっています。

※アジアキッズケアの支援活動に対して、松前町社会福祉協議会会長より、表彰をしていただきました。(2007年10月)

公益財団法人関奉仕財団より、第10回教育文化奨励賞をアジアキッズケアの12年間にわたるアジア・アフリカの子ども支援活動に対して表彰していただきました。(2016年3月)

<著作権> NPO法人 アジアキッズケア(代表:喜安美紀)
           〒791-3131 愛媛県伊予郡松前町北川原1054-3

衣料品・学用品・楽器・食料品等 衣料品・学用品・楽器・食料品等

アジア キッズ ケアからのお願い
みんなでアジアやアフリカの子どもたちに愛とまごころを送り届けましょう

・現在、フィリピン、インド、マラウィ、ケニア等の孤児たちの生活・教育・自立をサポートする里親支援(子ども一人:毎月3000円)及びスラム・チルドレン支援の協力者を求めています。

・孤児支援のサポーターの皆様には、孤児の写真・手紙・レポートを定期的にお届けするとともに、皆様からの手紙(英語、日本語は当団体で英訳)やプレゼント(小物限定)も孤児たちに送付します。下記「申込フォーム」にて、ご協力をお願いします。

支援物資と送料寄付(1箱の目安:みかん箱15kgサイズで2000円以上)を事務所宛に届けてください。支援物資は、衣服(夏物:大人、子供用は5歳以上、男女用、Tシャツ・カッターシャツ・ジーンズ・体操服等)、楽器(ピアニカ等)、文具(ノート、筆記具、消しゴム等)・通学用バッグ、サッカーボール等をお願いします。国際小包(船便)で送る場合、1箱平均6000〜7000円程度の送料が必要です。ただし、小・中学生等の皆さんは、自分たちのできる範囲で構いません。

緊急に、フィリピン南端ミンダナオ島の貧困の子どもたちが学校に行くために、現地リーダーのアウレリオ氏(現地校長・牧師)と日本に留学したエドワード氏(現地大学准教授)とともに、教育・生活支援を行います。 >>現地では、約3割の子どもが学校に行くことができず、進学も困難な子どもがいます。サポーターとしてご協力をお願いします。

2016年7月の荷造りボランティア活動は、7/17(日)14:00〜16:00にマラウィに贈る荷物を作りますので、お気軽にご参加ください。できれば、梱包する支援物資を持参してください。留学生も参加し母国支援に協力してくださっています。なお、2016年8月は、8月21日(日)を予定しており、フィリピンに届けます。荷造りボランティア活動の様子 >>

あいテレビ「愛といのちのスペシャル〜笑みっていいね〜」で、フィリピンに送る荷造りボランティアの様子、現地での配布や受け取った皆様の感謝の声が10/11及び12/27の2回に亘って放映されました。(番組DVDをお貸しします)

NHK総合テレビ「いよ×イチ」にて、アジアキッズケアの活動紹介が、事務所より生中継で12/15に放映されました。団体発足の経緯、留学生たちと荷造りする様子、現地からの写真やレポート等の紹介がありました。(番組DVDをお貸しします)

申込フォーム

Copyright Asian Kids Care 2005