アジア キッズ ケア(Asian Kids Care)

活動目的 活動に参加するには? 活動報告 会員・ボランティアの募集 事務所・連絡先 お問合せ


2003年2月9日に、家族の一員であった五女愛奈が亡くなりました。娘は、双子の妹として生まれ、体は小さかったけれども、明るく気だての優しい、ちょっとひょうきんさも持ち合わせた子どもでした。年末に脳腫瘍の手術を受け、約50日の入院生活の後、天国に旅立ちました。
 その後、時間の経過とともに、愛する娘の死は神の導きであって意味があるのではないか、娘の死を無駄にせず「子どものいのちを守る」何かをしたいと思うようになりました。
 しばらくして、ニューヨークのスラム街で活動しているビル・ウィルソン牧師の話を京都で聞きました。彼は少年の頃親に置き去りにされたのですが、麻薬・殺人・子ども虐待等が横行するブルックリンにあえて行き、子どもたちのために日曜学校を始め、希望と神の愛と正しい生き方を語ったのでした。それが、今や毎週22000人の子どもが笑顔で集い、全米が注目するまでに発展しました。
愛奈

ビル・ウィルソン牧師
ビル牧師は、「子どもたちは獅子にかまれて助けを求める子羊のようで、私はそれを助けようとする羊飼いにすぎない。子どものニーズがあるなら、私は何度でも命をかけて子どものところに戻るのです。獅子にかまれた子羊を見た時、私たちは、誰かが助けるだろうと見過ごすか、自分で助けに行くかのどちらかです。あなたは、こうした子羊を見たらどうしますか。」と話されました。そして、「あなたが行動を起こしたいと願うなら、今までと同じ事をしていては何も変わらない」と。
 長くなりましたが、私はアジアの子どもたちの貧困・飢餓・病気・戦争犠牲等の現状をテレビや雑誌で見てきました。でも、自分とは関係のない世界のこと、誰かが何かしてくれる、自分は財力もなく自分の家庭だけで精一杯と考える傍観者でした。
 けれども、こうしたことがきっかけとなり、アジアの困っている子どもと家族のニーズに応えて「子どものいのちを守る」働きを始めようと思いました。無力な者ですが、これからの人生のライフワークとして、また障害のある子どもたちと関わってきた経験を生かし、神の導きにより支援の輪が広がっていくことを願って、「アジア キッズ ケア」を発足しました。
 アジア キッズ ケアは、『アジアの困っている子どもとその家族が必要としている支援物資(送料寄付を含む)を互いに持ち寄り、それに小さな愛を添えて送り届けていく活動、また孤児やストリート・チルドレンに対する里親支援活動などを通して、子どものいのちを守る働きを継続して取り組んでいきたい』と考えています。

アジア キッズ ケアの活動目的と支援内容


Copyright Asian Kids Care 2005
アジア キッズ ケア(Asian Kids Care)