アクセスカウンター

2015/5/12


特定非営利活動法人日本ブッククラブ協会 
Japan Book Club Association


ブッククラブひろば
hidefumiarimoto7@gmail.com
入会申込み


入会すると参加費半額、週報の送信、会員限定の研究会に参加できます

ブッククラブ夏季セミナー
(残席わずか)
8月27日(土),28日(日)

申し込み

場所

第5回 8月27日(土)10:00~16:00 

俳句デーです

午前中 江戸時代から現代までのすぐれた俳句を学びます 
    俳句の楽しさを堪能し日本人に生まれてよかったと実感していただきます

午後  近くの公園に行き、ミニ吟行(俳句を作る旅行です)
    季語はあってもなくてもよし 五七五であってもなくてもよし
    小学生のように気ままに楽しく作りましょう 踊る阿呆に踊らぬ阿呆です 作らなきゃ楽しさはわかりません
    おたがいのよいところだけ認め合いましょう
  

第6回 8月28日(日)10:00~16:00 


プロレタリア*デーです
(*金持ちだけが幸せになる社会に抵抗する文学運動)


    午前中 小林多喜二の蟹工船を読みます

        青空文庫で60ページですが黙読しながら二時間で読んで真髄を理解します


    午後  葉山嘉樹 セメント樽の中の手紙

        これもプロレタリア文学の傑作です

        会員の清水みどりさんにおまかせして模擬授業をやります


アベノミクスが始まり3年間で大金持ちが四割増え貯蓄ゼロが三割増えました

ひどいと思いませんか 若い人達は年金が大幅に減額されるでしょう

人間の作った社会だから人間が変えられるのです

希望を持って帰ってもらいます


定員7人 場所 ブッククラブハウス(JBA事務局)

会費 会員1000円 非会員2000円(半日半額)

 



 札幌大会 9月3日(土)江別市情報図書館


 愛知サマーセミナー 報告
サマセミでブッククラブを楽しもう

憲法と戦争について語りあいました


日本文化を尊重し国際社会に通用する 読書と作文の国語教室 子どもブッククラブ・セミナー 




ブッククラブとは何か

実践報告

 参考文献

理論研究


緊急提言

ブッククラブと読書会の決定的な違いは自分について語るかどうかですNEW

見栄でやる学校行事を削減して

授業研究や子どもとの交流の時間を増やそう

―それは校長と教師たちの決意でできるのだー


絶望的な研究授業
こんな授業をどうしたらいいかブッククラブから学んでください


学校が平和でなければ授業はできません
だから

繰り返されるいじめ自殺を根絶するために
いじめ自殺劇場の構造ーこれだけやれば激減する
 

ありもとひでふみ日記1 やりたい放題の文科省を懲らしめ 
軍国主義安倍政権を退陣させ 

戦争も原発もない日本を創ろう:
棄権は危険だ Kindle版
 
あなたが幸せになるための18のステップ [Kindle版]
NEW


子どもと大人のための新しい教材
混沌の時代に古く新しい息吹を吹き込みます
 戦争を知らない子どもたちのための 太平洋戦争の基礎知識(製作中)
 倫理観が全くない人が増えています。まず私たちが倫理を基礎から学びましょう
読んで考えて話し合おう 私たちの心の教科書(製作中)
イエス・キリストの教え(愛と正義の生き方を教えます)
菜根譚の教え(まっすぐで楽しい生き方を教えます)
養生訓の教え(健康で調和のとれた生き方を教えます) 


クリック➡保存➡ファイルを開く

リンク
JBA公式ブログ
Official face book
ありもとひでふみひろば
ありもとひでふみ日記
face book hidefumi arimoto
聖書とともに


最新教材
りょうくんいつまでも



有元
秀文

(ありもとひでふみ、
1949 -

日本ブッククラブ協会理事長

  • 国語教育にコミュニケーションという概念を普及させ、日本の学校教育でスピーチや話し合いが重視されるようになったことに貢献した。
  • OECDによる国際的な学力調査PISAの調査結果を分析し、国際的に通用する国語力を育てる指導法を提案し普及した。
  • スペインで開発された読書教育方法
  • 「読書へのアニマシオン」を初めて現地調査により導入し普及した。
  • アメリカで開発された読書による国語の指導法「ブッククラブ」を初めて現地調査により導入し、改良して普及した。

日本文芸アカデミー大賞受賞
(2014年11月29日)

「まともな日本語を教えない勘違いだらけの国語教育
なぜ、文科省の国語教育は主張する子どもを育てられないのか
!?
(合同出版)

略歴