コカ・コーラ、ファンタ(コカ・コーラ カスタマーマーケティング

CocaCola, Fanta


ファンタグレープ
Fanta GRAPE

ファンタグレープ 種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ カスタマーマーケティング
購入価格−100円
容 量−350ml

超定番の缶ジュースであるファンタグレープを久しぶりに飲む。変わらないなという安堵感に加えて、こんなに凶暴に甘かったっけという思いが頭をよぎる。他社の果汁入りソーダと比べても、無果汁なのにグレープっぽさはひけをとらないのも相変わらずである。合成着色料と合成香料を不使用、ビタミンB8たっぷり、純粋仕立てと、昨今の健康ブームにもアピールしているところがおもしろい。(2011/10/25)


コカ・コーラ
CocaCola Refreshing & Uplifting

コカ・コーラ 種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ カスタマーマーケティング
購入価格−100円
容 量−350ml

久しぶりに普通のコカ・コーラを自動販売機で買ったら、出てきたのはこのミュージックバージョン。王冠がヘッドホンになってたり(痛そう!?)、携帯のアンテナマークが入ってたりと意味不明なんだけどおもしろいイラストをあしらっている。相変わらず炭酸強くて、甘くて、風味変わらないな、コカ・コーラ。(2011/10/24)


コカ・コーラ ゼロ
CocaCola zero

コカ・コーラ ゼロ 種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ カスタマーマーケティング
購入価格−100円
容 量−350ml

ダイエットコークの最近のブランドである「コカ・コーラ ゼロ」を自動販売機で購入したら、出てきたのはこのJリーグバージョンであった。コカ・コーラは福岡アビスパのスポンサーなんかな? ダイエットコークの味は、相変わらずどこか変な甘さで後口もイマイチである。ダイエット飲料で美味ってのは、やっぱ珍しいのかな。(2011/10/23)


シャキッと元気! リアルゴールド
REAL GOLD

リアルゴールド 種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ カスタマーマーケティング
購入価格−120円
容 量−190ml

元々はオロナミンCと同じく瓶煎りだったが、すっかり缶入り栄養ドリンクとして定着したリアルゴールドの最新バージョンである。久しぶりに飲んだが、炭酸とハチミツがきいていて甘くておいしい。缶の表示によると、高麗人参とローヤルゼリーも入っているらしい。(2011/10/6)


リアルゴールド
REAL GOLD

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−もらいもの(from Hermesくん)
容 量−160ml

缶入りのリアルゴールド。もらいもので、ひさびさに見た。本当にそのまんまのキンキラキンのゴールドで目立つ。ブタ缶に見えるが、サイズは極小タイプでごくりと飲むにはちょうどいい。ロイヤルゼリーとか高麗人参エキスとかいろいろ入った、シロップみたいなサイダーである。(2003/4/9)


グランブルー
Grand Blue

種 類−炭酸飲料
発売元−日本コカ・コーラ
購入価格−120円
容 量−350ml

グラン・ブルーっちゅうとやっぱリュック・ベッソンの映画やね〜というわけで、缶のデザインもそのまんまといった雰囲気のジュース。天然水・微炭酸。もっともコカ・コーラ系の微炭酸は普通の炭酸である。レモンの香りがする、ものすごくすっきりとした甘さのサイダー。といってもこの甘さは果糖で、流行の合成甘味料ではないらしい。一缶ちょっと最後は飽きるかなぁとも思うが、後口がすっきりしているので許す。(2000/10/5)


ピオン もも
Pion

種 類−炭酸飲料
発売元−日本コカ・コーラ
購入価格−120円
容 量−350ml

不思議なキャラクターがついて登場したイオン補給飲料。スポーツドリンクっぽい機能性飲料だのに、炭酸が入っているのがコカ・コーラらしい。味はその名のとおりピーチ味で、いわゆるピーチサイダー。しかしももと炭酸が合った試しがない。これも炭酸の酸味が強調されるばかりでイマイチ。果汁は10%未満。(2000/6/30)


シトラ シトラスミックス味
Citra

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラナショナルセールス
購入価格−100円
容 量−350ml

後味すっきり、カロリーオフ、シトラスミックス味の炭酸飲料。微炭酸で果汁1%と、コカ・コーラの炭酸飲料には珍しく果汁入り。かなりショボいけど。柑橘系ですっきりした今風のソーダといった感じ。レモン、グレープフルーツ、スウィーティが入っているそうだ。(99/7/16)


四季くらべ 1999年夏旬の味 パインとレモンのさわやか炭酸

種 類−炭酸飲料
発売元−日本コカ・コーラ
購入価格−100円
容 量−280ml

どうも夏の四季くらべはソーダになるのが慣例なのだろうか。パインとレモンにソーダという、どこにもないようなドリンクとして登場した。パインとレモンという酸味の強いくだものに炭酸とくれば、これはもうぴりぴりと刺激的このうえない味となっている。決してさわやか炭酸ではない。果汁は10%。(99/6/30)


ファンタ クリアピーチ
Fanta clear peach

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラナショナルセールス
購入価格−120円
容 量−350ml

1999年限定で発売されたピーチ味のファンタ。これ、奈良ではあちこちの販売機で見かけるんだけど、大阪では未だかつて見たことがない。販社の関係か? だいたいピーチをソーダにして成功してるドリンクを見たことがないんだけど、これはピーチの香りは強いけど味はそれほどもせず、何やらそれっぽい風味に仕上がっている。好きなように味を調整できる無果汁の強みか? (99/6/12)


ファンタレモン
Fanta lemon

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラナショナルセールス
購入価格−120円
容 量−350ml

ファンタレモンの渦巻きバージョンである。これまた味にあまり変化は感じられないが、他社のレモンスカッシュと比べると明らかにレベルは上というかレモンっぽくておいしい。ただし量は相変わらず一人で飲むには多すぎる。(98/10/28)


ファンタオレンジ
Fanta ORANGE

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラナショナルセールス
購入価格−120円
容 量−350ml

ファンタオレンジも渦巻きデザインにリニューアル。中身はあんまり変わってないように思える。無果汁のくせに、相変わらず酸味がきいていてオレンジっぽくておいしい。(98/7/10)


四季くらべ 1998年夏旬の味 夏みかんのすっきり爽快炭酸

種 類−炭酸飲料
発売元−日本コカ・コーラ
購入価格−120円
容 量−280ml

数量限定のコカ・コーラ新シリーズ。缶の表示によると、シーズンごとに年4回、旬の味のジュースを発売するという企画のようである。夏みかんのサイダーというのは珍しいが、さっぱりしたさわやかな味で好感が持てる。果汁は10%未満。(98/5/31)


ファンタグレープ
Fanta grape

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−120円
容 量−350ml

定番飲料ファンタグレープの缶のデザインがリニューアル。何やら木の葉も渦巻く不思議なデザインである。ワールドカップ’98のキャンペーンからか、上部にロゴが入っていた。中身はあまり変わってない様子。しかしコカ・コーラって、無果汁の炭酸飲料を美味に作る能力にはすぐれていると思う。(98/5/30)


スプライト
Sprite

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−120円
容 量−350ml

スプライトがリニューアル(?) スプライトクールはレモン果汁2%だったが、こちらは無果汁でありバージョンダウンと言うべきか、はてまたコカ・コーラの言うところの「果汁よりも果汁味」を押し通したと言うべきだろうか。飲んだ限りはごく普通のサイダーである。(98/5/23)


リアルゴールド
Real Gold L-CAN

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−もらいもの(from 松本くん
容 量−190ml

ちまたで何かと話題になる缶入りのリアルゴールド。私はお目にかかったことがなかったんだけど、友人が発見していただいてしまった。中身は普通のリアルゴールドと一緒だと思うんだけど(最近飲んでない)アルミのショート缶で冷やしたのを飲むとまた違った味わいに思えるのが不思議。はちみつや高麗人参エキス、ビタミンCなどが入っているらしい。(98/3/13)


カナダドライ ジンジャエール(1907年版復刻デザイン)
CANADA DRY GINGER ALE

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−110円
容 量−350ml

ジンジャエールの定番であるカナダドライであるが、これは1907年復刻デザインというもの。写真は缶の裏側にあたるのだが、何やら時代がかった紋章やら文字、それにリアルなカナダの地図が良い。中身は従来のカナダドライ・ジンジャエールと同じである。(98/2/14)


オールウェイズ コカ・コーラ(長野1998)
Always Coca.Cola NAGANO 1998

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−110円
容 量−350ml

もうすぐ開催の長野冬季オリンピックバージョンのコカ・コーラ。写真では裏側になるが、競技のシンボルマークなども並んでいる。シンプルで良いデザインだと思う。中身はもちろん、普通のコカ・コーラ。(97/12/4)


HI−C リンゴりんご

種 類−果汁入り炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−110円
容 量−350ml

りんご果汁の入った炭酸飲料。ファンタではなくHI−Cブランドなだけあって、20%も果汁が入っていて濃厚な味わい(?)のサイダーになっている。去年あたりに山陰あたりでは見かけたリンゴりんごだが、今年に入ってから大阪でも販売されるようになったようだ。(97/10/5)


NEW ファンタレモン
NEW Fanta lemon

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラ ナショナルセールス
購入価格−110円
容 量−350ml

「シャキッと新登場」というわけで、ひさびさに見るファンタレモンである。ファンタもグレープとオレンジ以外はあんまりおいしくなかったという印象があるんだけど、このレモンは暑い日にシャキっと冷えたのを飲んだせいかおいしく感じた。ところでこれの登場によりレモンれもんの立場はいったい??(97/9/1)


オールウェイズ コカ・コーラ
always Coca.Cola

種 類−炭酸飲料
発売元−日本コカ・コーラ
購入価格−110円
容 量−350ml

コカ・コーラ缶のリニューアル。中身は飲んだ限りでは変わってないという印象なのだが。オールウェイズが商品名につくのかどうかは不明。よく見るとSiempre(Alwaysのスペイン語)やらToujours(フランス語?)が添えられている。(97/7/20)


Hi−C フレッシュワ
Hi-c Freshwa Grapefruit

種 類−炭酸飲料
発売元−日本コカ・コーラ
購入価格−110円
容 量−350ml

グレープフルーツをブレンドした柑橘系の炭酸飲料で、メロウイエローあたりの後継といった味わいの1缶。果汁はわずか2%だが、微炭酸・天然水使用えカロリーひかえ目の(味からは想像できなかったが)ビタミンCを1000mgとヘルシーに振った内容らしい。テレビでは缶を絞って飲むというCMが流れていて印象的。(97/7/10)


コカ・コーラ ライト
Coca・Cola light

種 類−炭酸飲料
発売元−コカ・コーラナショナルセールス
購入価格−110円
容 量−280ml

コカ・コーラライトのリニューアル版で、缶のデザインを微妙に変えてサイズを小さくした(背を低くした)もの。甘みはダイエット甘味料のパルスイート使用で味は変わってないような気がするのだが、量が少なくなっただけ一気に飲むにはちょうどよくなったなあという印象。(97/6/29)


Coca-Cola CLASSIC

種 類−炭酸飲料
発売元−THE COCA-COLA COMPANY
購入価格−60円
容 量−355ml

輸入ものと思われるコカ・コーラクラシック。何やら国内ものよりも微妙に量が多いし、炭酸も甘さもパワーアップされてるように思えるのは気のせいか? 成分表示なども国内もんと微妙に違うのだが、砂糖が39gなんて表示されてるのにはもうお口あんぐりになった。(普通のコーヒーの6倍?) 強烈な甘さ+炭酸にけぷけぷ言いながら飲んだのは言うまでもない。(97/4/13)


ドクターペッパー
Dr Pepper

種 類−炭酸飲料
発売元−東京コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

関西では10年以上前に売られていたが現在は見かけることのない幻の飲み物。しかし東京では当たり前のように売られているということで、東京出張の同僚が仕入れてきてくれたのがコレ。基本はコカ・コーラと同じコーラなんだけど、ハーブをどぎつくしたような独特の香りがつけられているのが特徴で大抵の人はにおいで拒絶反応を示すが一部の熱狂的ファンを生んでいるようだ。個人的には飲まなくはないが、好んで手を出したいと思う味ではない。炭酸も甘みもやや強め。(97/3/6)


コカ・コーラ ライト
Coca・Cola light

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

コカ・コーラのダイエットバージョンで、甘味料にパルスイートを使用したもの。初期のコカ・コーラライトはヘンな甘さで後口もとても妙なものだったけど、ずいぶん改善されている。飲んでる時はそんなにダイエット甘味料を感じさせないし、飲み終わった時にちょっと砂糖とは違うさっぱりしすぎたフィーリングに戸惑うぐらいか。大阪では不思議とこれが入っている販売機が少ない。(97/1/31)


コカ・コーラ
Coca・Cola

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

言わずと知れたコーラの定番飲料、コカ・コーラの現行バージョンがこれ。現在となっては強めの炭酸とちょっと薬っぽい独特の風味がトレードマーク。瓶時代のデザインの美しさが再発見されつつあるのか、缶のイラストとして瓶のデザインが印刷されているのが印象的。(96/12/20)


HI−C レモンれもん

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

レモン50個ぶんのビタミンCが入っていると豪語する炭酸飲料。しかし果汁はわずか1%と、スプライト・クールよりショボいのが笑える。味はサイダーにレモンを少々たらした感じで、レモンっぽい酸味が強調されている。(96/11/11)


スプライト クール
Sprite Cool

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

サイダー系ジュースの定番飲料、スプライトの最新バージョンがこれ。なんとレモン果汁が2%入っており、同社から出されているレモンレモンよりも果汁分が多い!? 微炭酸とあるけど、相変わらず炭酸も強いしなかなか甘いサイダーでした。(96/10/5)


NEW ファンタオレンジ
NEW Fanta orange

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

炭酸飲料の定番商品、ファンタオレンジの最新バージョン。微炭酸とあるけど、そんなの嘘だ〜と叫びたくなるほど炭酸がきつい。無果汁のくせに適度な酸味があってオレンジの味がして美味ってのは相変わらず。このシリーズは無果汁にコダわっているのか? (96/9/24)


NEW ファンタグレープ
NEW Fanta grape

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

私が小学生の頃から売っている炭酸飲料の老舗、ファンタグレープの最新バージョン。時勢に合わせて微炭酸とプリントされているけど、実際炭酸はかなりきつい。無果汁も相変わらずだが、グレープっぽい香りとエグさが表現されていてまたまた五感をだましてくれる。無果汁炭酸飲料の中では1、2を争う美味。(96/9/23)


レイディオ
RaDio

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

下のレイディオの別デザイン版。なぜかこの夏から出回りはじめたのだが、同じモチーフのデザインでイメージが変わっている。全国展開のため? 味は変化なしと見た。(96/9/3)


コカ・コーラ(アトランタオリンピック版)
Coca・Cola

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

アトランタオリンピックを記念して発売されているスペシャルデザイン・バージョンのコカコーラ。


レイディオ
RaDio

種 類−炭酸飲料
発売元−近畿コカ・コーラボトリング
購入価格−110円
容 量−350ml

「ごくごく飲める微炭酸コーラ・レイディオ」(コマーシャルより)現在のところ、近畿地区限定発売のコーラらしい。味はというと、失礼ながら私の舌ではコカ・コーラとの違いがわからない。ひょっとして、最近はきつい炭酸があまり好まれないので弱くしただけなのだろうか? もっともあまり炭酸飲料を飲まないので、これでも十分きつく感じる。ごくごくとは飲めない。(96/3/22)


[缶ジュースINDEX]