1200年肘折温泉

肘折温泉郷は、平成19年で開湯1200年を迎えました。

湯治場として栄えてきたこの温泉郷も、徐々に変革の時が近づいているのだろう。

旅館組合長でもある「えびす屋」の主人は、こんなコメントをしてくれた。

「世の中が変わっても、肘折温泉の湯治場としての基本姿勢は変えたくないと思っています。

高齢者のイメージがありますが、湯治は本来、大多数の方々に必要なことです。

色々な年代のお客様が、歴史ある文化や村のイベントにふれあい、 一層温泉を楽しんでいただく街にしていきたいと考えています。」

ほのぼの肘折

旧い街並み、のどかな午後、忘れられてきた人情が匂ってきそうな、そんな田舎です。

小さな温泉街の中で、散策、買い物、外湯巡り…、思い思いのひと時をお過ごし下さい。

きっと、誰かに話したくなる「手のひらサイズのメモリー」が、心に刻まれることでしょう。

朝市

早朝6時から賑わいをみせる肘折温泉の風物詩です。

地元のおばちゃん達の明るく元気な声にちょっとしたお土産を求める方も多いですね。

  • 4月末〜9月(毎朝5:30〜7:30)
  • 10月〜11月初旬(毎朝6:00〜7:30)

朝市

灯篭流し

肘折温泉の夏のイベントとして観光の方々にもお楽しみいただいています。

厳粛な雰囲気の中、始まるこの行事。
灯篭が流れると、一気に幻想的な世界に包まれます。

※なお、各お宿でも「灯篭」のお申し込みを承っております。

さんげさんげ

出羽三山に古くより伝わる、山伏達の伝統ある年越行事。
修験者の格好をした村の男達が五穀豊穣を祈願し、法螺貝の合図で地区内を練り歩きます。

来場者には、つきたてのおいしいもちが振舞われます。

1月7日(日)

肘折ジャズフェスティバル

肘折「いでゆ館」で7回連続で行われた。

肘折ジャズ・フェスティバルは、当館主人の企画によるものでした。

主人自らも出演しております。
各地のイベントで、彼のサックスが聴けるかも・・・。

  • 肘折ジャズフェスティバル音声ファイル01
  • 肘折ジャズフェスティバル音声ファイル02

肘折ジャズフェスティバル

最上エコポリスオフィシャルサイト 最上エコポリスオフィシャルサイト:http://www.ecopolis.or.jp/