HP最top > top > works >

安達太良の家 

■所在地   / 福島県二本松市
■敷地面積 / 482u   145坪
■延床面積 / 154u+24u  住宅46坪+車庫7坪
■構造・規模/ 木造・2階 
■設計期間   / 2009年 1月〜
2009年9月
■工事監理期間/ 2009年10月〜2010年4月





  クライアントは安達太良山に向き合う傾斜地の土地を選ぶ。 そこでの計画は傾斜地の中で西の景観を住まいにどう取り込むかが課題となる。もちろんそれは四季の移ろいに触れ、その対策をも盛り込むものとしなければならない。
 そして、傾斜を写した屋根の下、安達太良に向かう1階の居間・キッチンと、床高を低く抑えた2階寝室を一体化させた空間を中心に広がる計画とする。それは夫妻中心の家であり、 それが本当の空の下で育ち、やがて大空に舞い上がる子供達に相応しく思えた。
 敷地から見えるあの安達太良の勇姿に負ける分けにはいかない。

Copyright(c) 遠藤知世吉・建築設計工房 All rights reserved.