新京極マップ(ショップガイド)


スポンサーリンク

見にくい場合:desktopパソコン表示
このマップ(地図。案内図)は新京極と寺町京極の2本の商店街をひとつのマップに収めたもので、旅行前や練り歩き中にも便利に使えます。

京都四条から三条の中間に南北に走る「新京極」は修学旅行やインバウンド(外国人旅行客)の人気スポットととして定着してきました。しかし最近ではその西側に平行して南北に通ずる「寺町通」の進展も目を見張るものがあります。寺町通は新京極より更に南北に伸びていますが、三条通と四条通の間のエリアを「寺町京極」と呼び、新京極と共に観光客の人気スポットとなっています。このマップでその凄さをご確認下さい。

一般的は交通の便では、阪急京都線「四条」駅下車、新京極方面案内出口9番より地上に出る方法と、地下鉄東西線「京都市役所前」下車、寺町通方面案内出口から寺町通を南下する方法です。

新京極&寺町京極は家族向け都市型の歓楽・観光商店街として最強の地のひとつ

修学旅行の訪問先として新京極に注目し始めたのは1967年頃に遡り、実験的に東京都渋谷区の区立中学校の修学旅行生が訪れた際は昼間の新京極は殆どシャッターが閉まっていたという始末でした。あれからもう半世紀を経て隣の寺町京極と共に東京の浅草、竹下通り神奈川県鎌倉市の小町通り同様の人気スポットになりました。


スポンサーリンク

こちらが最強と言えるのは、ファッション系店舗、観光・伝統土産店舗、映画館ゲーセン施設、各種飲食店舗など全てが充実しているということです。 竹下通りはファッション系とスイーツちょい食系だけと言えるくらいで、映画遊戯場は設けられない環境のため歓楽街ではない。浅草は遊戯観劇施設と伝統品販売店が豊富だがファッション系店舗に弱い。鎌倉もファッション系に弱くそもそも歓楽街でもない。しかし新京極と寺町京極にはその全てが充実しているという事です。

ここには歓楽街としては欠かせない上映施設が株式会社松竹マルチプレックスシアターズ運営のMOVIXという12スクリーンのシネコンツインビルにより存在たらしめています。これらは新京極と寺町京極の二本の長いアーケード街があるからこそ成功したとも言えます。(二本足すと優に1キロは越えます)ちなみに浅草仲見世は夏場に日除けが掛けられますが、原宿竹下通りや、鎌倉小町通りにはアーケードはなく、当然雨には弱いです。

OMOTESANDO HARAJUKU SHOP INFOMATION HOME