OMOTESANDO HARAJUKU INFOMATION HOME

Cat Street North Wing Area Map

  •  ■ウラハラとキャットストリート■
    裏原宿は原宿竹下通り商店街(渋谷区神宮前1丁目)に対して明治通りの反対側の元々商店街ではないモルタルアパートの立ち並ぶ漠然とした地域を指して呼ばれるようになりました。しかし現在では原宿通りも含めて明治通りから一歩入った地域全体(渋谷区神宮前2-5丁目)も含まれていると言ってよいと思います。このマップではキャットストリートの地域も含めて案内をしています。

  • スポンサーリンク

原宿通り・裏原・渋谷川遊歩道詳細マップ
●渋谷キャットストリートとして生まれた: 渋谷川遊歩道の神宮前3-4丁目地域をキャットストリート北ウイング、或いは単にストリート全体を表す原宿キャットストリートと呼ばれていますが、いずれも公式道路名ではありません。 元はと言えば神宮前5-6丁目の町境にある渋谷川遊歩道部分を「渋谷キャットストリート」と呼ばれたことが初まりとされています。その当時はまだ閑散とした通りに過ぎませんでした。
  • ●渋谷川にフタをして作られた道路
    (暗渠あんきょ)

    通称渋谷キャットストリート:渋谷川暗渠あんきょ(遊歩道と車歩道部分がある)は裏原宿の中心的存在となっていますが、半世紀前までは川でした。

    この渋谷川暗渠は1964年の夏季東京オリンピックの開催を前にオリンピック選手村のあった渋谷区を中心に住宅都市整備が急遽行われた際に当時下水同然と化していた渋谷川にフタをする工事が行われ暗渠となりました。

  • スポンサーリンク
●急いでドブ川化した渋谷川にフタをしたかった
蓋をしたには更にもっともな理由もあります。 渋谷エリアの近代化を世界に知らしめる為にトイレの汚物や汚水の汲み取りをする バキュームカーを渋谷の街に走らせたく無かったのも大きな理由のひとつです。 そのため昭和37年頃この地区は集中的に全家屋のトイレの水洗可を図りました。 それで下水道として使われていた渋谷川つまり臭い物に蓋をすることが必要になったのです。

今でも川の痕跡が各所に残されていて、ここを歩けば実感出来るでしょう。下の画像からも、ある程度察することが出来ると思います。

表参道原宿総合目録HOME