【竹下通信】表参道原宿SHOP情報
 渋谷キャットストリートは東京都渋谷区にある渋谷川に蓋(ふた)をして出来た遊歩道(暗渠あんきょ)の事で、車両が通行出来る部分も含まれています。キャットストリート並びに街路沿い住所は東京都渋谷区神宮前(じんぐうまえ)3-6丁目及び渋谷1丁目の各一部分に含まれています。
◆当サイトでは表参道で南北に分けてSOUTH WINGの渋谷区神宮前5,6丁目エリアと、NORTH WINGの神宮前3,4丁目エリアを別ページで紹介しています。
   Cat Street South Wing Map
 表参道を挟んで南側の部分をキャットストリート南ウイング、北側の部分をキャットストリート北ウイングと呼ぶ場合もありますが、公式名称はありません。更には北部のキャットストリート周辺地域を中心に「裏原宿」、神宮前3丁目から2丁目辺りの地域を「北原宿」という呼び方もあります。元は地元の地域密接型の商店から外れた所に位置したモルタルアパートなどが密集する住宅街に端を発しました。原宿駅から少し離れているという意味では裏原宿と名が付いても不自然ではないのですが、本来の原宿は現在の東京都渋谷区神宮前2,3丁目(旧原宿1,2丁目)界隈即ち奥原宿・北原宿などとも称される地域です。
原宿竹下通りAreaお店Guide
原宿竹下通りお店MAP
表参道沿い(神宮前・北青山・南青山)詳細お店MAP
原宿キャットストリートNorth Wingお店MAP

これらのマップ及びテキストは著作権法で保護されています。
SNSなどで引用したい場合は、必ず当該URLを明記した上でリンクしてください。
表参道にあるキディランド近くのシェーキーズとブルガリ・シャネルの間から入るキャットストリート。 その入り口には過去に「参道橋」という橋が架けられていてその石標が今でも残っています。

キャットストリートは元々渋谷川(若しくは穏田川おんでんがわ)の上を板などで塞いで暗渠(あんきょ)とする前の昭和30年代中頃まで露天の川及び下水路として流れていました。

1964年の東京オリンピックまでにこの辺り一帯は近代化した日本を海外の記者団に見せつけるために、行政の援助を受けて水洗トイレ化となり、下水の汚れを隠すためにも暗渠化は必要であったようです。

一番下の画像は明治通りで、キャットストリートとほぼ平行に通ってます。
(撮影:東京都渋谷区神宮前6丁目界隈)








渋谷キャットストリート:サウスウイングエリア
ちょい散歩&ウインドウショッピングへGO!


原宿表参道お店総合目録HOME