大天使ラファエルからの熱、光、電磁波吸収についてのお知ら せ 2016年9月4日                                                    ホームへ戻る


大天使ラファエルから、以下のような告知がありました。


太陽系は、今、26000年の周期でこの宇宙の中心部に突入 しつつあります。13000年後にも、やはりこの宇宙の中心部に入ってゆきますが、今回起きるような現象は起きず、今回の現象は、26000年に一回だけ 起きるものです。宇宙の中心のこの部分では、天体の配置に由来することですが、自由電子が異常なほど密度高く存在します。光、熱、電波などは全てがエネル ギー波動です。エネルギー波動が高密度の自由電子と衝突すると、エネルギー波動の振動エネルギーは電子の振動エネルギーに変換されてしまいます。従って、 見かけ上は、熱エネルギーと光エネルギーの約60%、電磁波エネルギーのほぼ全量が空間に吸収されてしまう、ということになります。


このために、9月8日からと予想されていることですが、地球全体の保有熱量が低下して、極度に寒冷な気候が到来します。例えば東京の気温は今の季節では15~30度Cですが、この寒冷な気候では、-20~+5 度Cになるでしょう。赤道直下でも0~15度Cという低温の気候になるでしょう。ですから、これまで0度以下の気温を経験したことがない地域では、適切な 暖房設備を備えることが必須になります。また道路の凍結が起こりますから、自動車のタイヤも適切なものに換えておくことが必要です。


光エネルギーの60%が空間に吸収されるので、光が不十分な薄暗い世の中になるでしょう。


電波(電磁波)エネルギーが空間に吸収されるので、各種の社 会的機能が失われるでしょう。9月5日には、微弱電界を利用するものである、WiFi、高速道路の料金清算システム(ETC)、自動車の無線キー、各種の 産業用近距離無線制御装置(例えばクレーン、無線操縦車両など)が機能を失うでしょう。なお、いわゆるRFID、例えばICカードのような比較的接触に近 い形での無線応用機器は機能を失うことはないようです。この現象は9月5日から起きるとのことです。


航空機、船舶、地上での無線送受信機、多重無線通信、衛星放 送、TV、ラジオ、レーダーなど、全ての無線応用機器は、9月6日から機能を失うでしょう。船舶の場合にはレーザー通信が可能なので、運航が絶やされるこ とはないようです。しかし、航空機の場合には管制塔との代替交信手段がないので、運航は停止されるでしょう。この日、航空機が滞空中に無線送受信が不能に なると事故が起きる可能性があります。この日に航空機を利用するのは避けたほうがよさそうです。またこの日以前に外国に行くと帰りは船を利用しなければな らなくなるでしょう。


これらの現象は、2017年3月に、太陽系がこの宇宙の中心から離れ始めるまで続きます。