アルクトゥルスグループからのメッセージ・・・2014年5月25日                          ホームへ戻る 

http://pleiadedolphininfos.blogspot.jp/2014/05/marilyn-raffaele-arcturian-group-may-25.html#more

SUNDAY, MAY 25, 2014

Marilyn Raffaele ~ The Arcturian Group May 25, 2014


親愛なる惑星ガイアの人々にご挨拶を申し上げます。益々多くの人が世界を見る新しい方法に目覚めているので、光が今まで以上に輝いているのが見られます。これが進化、変化であり、新しい考えへの入り口、普通の日常生活の問題を理解するためのより高い次元の方法です。


スピリチュアルな次元上昇は普通はあなた方の次元上昇を させる、突然目もくらむような光のきらめき(別の生涯ですでにこの意識に達したいくらかの人達については起きていますが)ではありません。次元上昇は二元 性と分離のエネルギーの中で暮らした数多くの転生経験を通じて得られる意識状態です。これらの経験から、ソウルはこの方法で学んだことを超えて移行する点 まで学び、成長し、内側から学びを得ます。あなた方は今その地点に達しているのです、親愛なる皆さん。


瞑想中にあなた 方が欲しい答えを祈りに織り込んで、質問を投げかけてみて下さい。もっと多くの光を下さい、もっと多くの理解をさせてください、もっと深い気づきをさせて 下さい、と。しかし物をくれるように頼んではなりません、なぜなら、物を要求すると、自動的に実現しないことを述べる事になり、”実現しない”状態を創り 出すからです。


静かで、小さ い声”を聞くように同調すると、答えは瞑想中に直接来るかもしれませんが、普通は瞑想の後で瞑想の実りとして現実化します。答えは、理解でき、関連する普 通の形で与えられます。例えば、あなた方に対する答えは、何らかの方法で目に付く本の形、あるいは誰かが口に出す言葉として表されます。しばしば答えやア イディアは、マインドが内なる声を聞けるだけ十分に静かになっている、お皿を洗っている時のような場合に頭の中に浮かんできます。


あなた方がもし 聞きたければ、絶え間の無いノイズや混乱をなくすようにすることが大切です。多くの人は継続的なノイズや気晴らしに晒され、なぜ答えが得られないのだろう といぶかるだけなので、問い合わせた事に対する解決策を認識できず、あるいは聞けません。それでも小さい声を聞けるとしたら、ワークについて静かで、集中 した方法をとり、片方の耳で常に聞く体勢をとっていなければなりません。これはあなた方にとっておもしろいことが出来なくなる、ダンスをしたり生活するこ とが出来なくなる、という意味ではなく、ヘッドフォーンを付けっぱなしで歩いたり、文を読んだり、完全に自分の外側で暮らす選択をしている人のことを指し ています。


親愛なる皆さ ん、スピリチュアルな繋がりはしばしば強力なサイキックなイベントでベルやホイッスルが鳴るものだとメディアでは言われています。スピリチュアルな繋がり はほとんど何時も静かで普通の暮らし方だと思われている時に得られるスピリチュアルな警報によって得られるものですが、同時に旨く行かなかった場合を信じ させるためにベルやホイッスルが鳴ることがあります。


どのような事に ついてももっと多くの光を求める場合に、真剣になったとしたら、答えやアイディアは必ず、理解可能な方法で得られるでしょう。芸術家は科学的な突破口とし ての形で新しく、創造的なアイディアを得る事はなく、新しいテクニックを使っても新しい絵画のアイディアを受け取れるものではありません。マインドはあな た方が得る答え(聖なる完全性)をあなた方の個性と共鳴する形に変換します。あなた方が求めていることが具現化するまでには完了すべきレッスン、又は手放 す必要がある古い信念があるかもしれませんが、あなた方であるハイアーセルフから求めが行われるので、あなた方の選択と意図は常に聞き入れられています。


私たち、アルク トゥルスグループは愛という側面についてお話をしたいと思います。日常生活のあらゆる活動は、愛の一側面です。なぜなら、真の意味での愛は一つのものの中 の多くのものの間のエネルギー的な繋がりだからです。個々の行動は関心、選択したレッスン、個々の者の意識状態に従って変化します。自己のため、あるいは 他者に対する、思いやり、許し、理解、サービス、及びあらゆる形のワークとビジネスなどのあらゆる行動は、一つのものの中の相互の繋がりのために、現実に は愛の側面なのです。感謝は表現される愛の戻りの流れです。地球上の三次元の中で経験されるあらゆる生命活動はスピリチュアルな現実の物質的な感覚なので す。生命体の間のあらゆる活動は一つのものの中、及び一つのもののエネルギー的な繋がりを反映しているものであって、他には何もありません。


相互の繋がりの 行動は、二元性と分離の信念の中で十分に絡み合った地球全体、及び個人の意識状態によって解釈され、行われる場合には各ソウルの相互のエネルギー的な繋が りは普通の感覚では”愛ではなく”なります。各ソウルの一つのもの中でのソウルの間のエネルギー的な繋がりはいゆも変化しますが、この真実が全ての生命体 は分離されていると信じる者によて誤って解釈される時には、レイプ、虐待、動物的残虐さ、戦争などの信念に反映するあり方で具現化します。人が本来に姿ま で進化して全ての生命の繋がりが分かり始めると、もはや未覚醒のより低い密度の、分離に基づいた活動とは共振しなくなります。既知の統合された真実は、如 何にばかばかしいものであったとしても、人間についてのあらゆるアイディアや信念を包含する一般の人間の意識により多くの光を加え、親愛なる皆さん、あな た方が自分を向上させるので、世界をも向上させます。あなた方を通じて流れる光は自動的に、それらをサポートする法を現実に持たないが、それについての信 念を通じて人間を縛ってきた三次元的な思考形態や信念である陰を解消します。


宇宙的世界意識 からの思考の中に入り込んでくる想念やアイディアは常に非個人的なものなので、それがあたかも自分の内側から来るように思えたとしても決して自分のものだ とは主張しないようにして下さい。一人一人の人間は、過去生の経験のためにあるタイプの非個人的な信念により多くの感受性を示します。ある者は健康と病気 に関する一般的な概念により多くの感受性を示し、他の者は関係に付いての信念により多くの感受性を示します。水や高度に対する恐れのような圧倒的な恐れ も、これらの問題に関して持たれている信念により引きつけさせるある過去生の経験から来る細胞に蓄えられているエネルギーがあることを示します。これらの 非個人的な信念が個々の意識の中で落ち着く所を見いだせば、あなた方は創造主うなのですから、これらの信念は外側に現れてきます。外側に現れてくる事はあ なた方の道しるべになり、何を目印にすべきなのか、自分の信念システムの中のものの解消なのかが明らかになります。これらの想念を増幅しないで、単なる ツールとして利用して下さい。スピリチュアルな旅は、言葉、思考、人々、本、信念、物、伝統、教えなど、過去においてあなた方に役立っていたかもしれない かどうかに関わらず、知らないままにあなた方の外部に与えられたあらゆる力を取り戻しつつあります。これはあなた方がそれらを持っていない、という意味で はなく、良い事にせよ悪いことにせよ、ことに対する力を除去したことを意味します。知識と進化はこれらのことを通して得られるのであって、それらから得ら れるのではありません。


真実が無視され ていた過去においてとられた行動は、あなた方がそれらに与えている力のみを持っているので、三次元の信念システムの中で沸き上がってくる罪、怒りなどのあ らゆるネガティブな感情を解消し始めて下さい。もし許しの対象の、あるいはあなたを許す誰かがいるのだったら、内的にも外的にも許しを行って、あり得派許 しを受けて前進して下さい。今は、あなた方がまだ持ているあらゆるより低い共振エネルギーを一気に解消して、光と愛のより高い次元の周波数の中に移行でき るようにする時です。


あなた方は神と だけと共にいるのであって、その自覚があなた方にとって必要なあらゆる力なのです。転生に次ぐ転生が二元性と分離のエネルギーの中で行われたので、地球上 での進化は困難でしたが、この炎の中から生まれてくるのは良い性格の強力な存在なので、あなた方がそれを選択したということを忘れないようにして下さい。 あなた方は今、ワンネスに対する信頼と自覚の中へと移行する準備を済ませています。これは手放す事であり、困難で驚くべきことです。誰も、どんなイベント もどんな活動も、死さえも、どのような外見であってもあなた方の真の姿を分離出来ないということを何時も忘れないようにして下さい。


親愛なる皆さん、ただ愛して下さい。全てのものは一つの ものの中にあり、一つのものそのものであることを認識しながら暮らして下さい。この認識はあなた方の全ての行動を導きます。あらゆることを行い、計画する ニーズを手放し、いつでもあ内なる自己に自分を穏やかに導かせて下さい。目覚めていない者の行動に気が付いた時には、この者たちの小さいハートの中に気が 付かれていない小さい炎が燃えているとイメージし、あなた方がとるように導かれる人間としての歩みを取り、それから前進して下さい。これが、全ての者の真 の自己について認識から流れてくる愛です。

私たちはアルク トゥルスグループです。                                          ホームへ戻る