ア ルクトゥルスグループからのメッセージ 2016年1月24日                                                             ホームへ戻る

http://lightworkers.org/channeling/219051/arcturian-group-message-1242016-marilyn-raffaele

Arcturian Group Message 1/24/2016 from Marilyn Raffaele


親 愛なるみなさん、今あなた方の親しみある惑星、ガイアに注ぎ込まれてくる新しいエネルギーを取り込むように努めているあなた方全てに愛のご挨拶を申しあげ ます。あなた方がよく知っているように、今は変化の時、疑問を呈する時です。あなた方がかつては真実で不変であると思っていたあらゆることが周囲で崩れ、 多くは改善されていないものに置き換えられているように思えます。古い概念、信念が壊れ、新しく、より良いやり方が出現しなければならないのに、変化へと 導く者たちまでがしばしばより大きいイメージを見て理解しようと苦しんでいます。全ての政府のリーダーに光を送り、投票の時には、メディアの宣伝や個人の 利益のためではなく、直観に従ってください。急速に古く時代遅れになりつつあることを反映するアイディア以上のことについての認識や動きを拒絶する候補者 ではなく、全ての人達に奉仕する新しくより高い統治センスを持つ者に投票してください。


あ る者は単に静かにし、世界のために光を掲げるように呼びかけられ、ほかの者には、手足で仕事をするように呼びかけられています。両方ともが必要で、両方と もライトワーカーとして役に立ち、誰も他者よりスピリチュアルであるということはありません。愛と友好の気持ちでごみを持ち去る者はライトワーカーなので す。ありふれていると思われる毎日の行動が愛に基づいているのならそれは光の行動なのです。あなた方は自分だけに奉仕しているという事実を分かってくださ い。なぜなら”他者”はいないからです。あなた方が今だに抱いている、教え、ヒーリングをし、あるいはチャネリングをする者だけがライトワーカーだという 信念を捨ててください。無条件の愛があらゆるレベルで生かされねばなりません。これがあなた方が地球に学びに来たことなのです。あなた方が愛について抱い ているかもしれないあらゆる残りの概念を検証し、捨て去ってください。これは、無条件の愛は単に人の意識から流れ出す活動なのだということを思い出すこと で容易に可能になるので、この基準に従ってあなた方の信念システムを検証してください。あらゆる方法や理由を知ることが必要なのではなく、普段の日常生活 をワンネスとのつながりという立場から営むことが必要なだけであり、まもなくこれがあなた方の意識状態になるでしょう。


無 条件の愛のエッセンスのような人でも、知的な知識あるいはスピリチュアルな真実に関心がないように思われる人がいます。これらのソウルは現在の意識状態を 前生で獲得し、今は単に今の場所で暮らしを営んでいるだけなのです。真実があなた方の意識状態になると、それがあなた方自身になり、それについて考える必 要さえなくなります。これが進化です。愛について制約や限定を加えないように学び、愛されることの価値についてのあらゆる信念を解き放ってください。注目 を浴びない犬を優しくなで、必要としている人のためにドアを押さえ、無条件の愛からくる謙遜を示す者に正直な賛辞を送ってください。


条 件付きの愛はこの世界が最も親しんでいることです。”この人は愛に値しない、”あるいは”あなたがある方法で行動し、衣装をまとい、観察すれば、私はあな たを愛するでしょう。”多くの人が愛されることを求め、いわゆる”愛”と交換に個人の力をささげます。条件付きの愛は多くの結婚を含むあらゆる種類の関係 で依然として幅を利かせています。全てのソウルの旅において、個々の者がより高い愛、つまり無条件の愛、の感覚を受け入れ、実践し始めなければならない時 が来ます。無条件の愛がワンネスの実現を反映し、あらゆる真実の基礎になり、旅のゴールなので、そうしなければスピリチュアルな旅が進まなくなるでしょ う。あなた方全ては嫌気がさし、落ち込んだ後で、知りもしない誰かが手を取り、親切な言葉をかけ、あるいは単に微笑んでくれただけで気分が高揚したことが ありました。これが無条件の愛であり、これは、いつも受け取る者が価値がある、あるいは関心があるかどうかに関して気にしなくても流れます。無条件の愛は 意識の一体化が得られると自動的になり、しばしば思考から、~すべき、~し なければならない、が消えたことが分かり、日常の暮らしに新たな喜びの感覚が広がっていると思われるまで気が付かないものです。この新しい意識状態があな た方のものになり、あなた方そのものになります。スピリチュアルな旅全体は、自分が誰であり、何であるか、を思い出すものであり、取り入れられ、暮らした 真実の一つ一つが、あなた方が単にそれになっていて、それが生きたあなた方であるがゆえに、実践し、読み、学習し、探索する必要がなくなるまで、あなた方 の意識状態になります。


聖 なる意識は存在の全てなので、いかなる形でも制約を受けることがありません。多くの者が、通常の人間の経験はスピリチュアルなものではないという信念を依 然として抱いています。全ての”普通の”ことは社会がスピリチュアルであるとみなすこととしてあらゆる点でスピリチュアルなのです。個人の意識は、外観を 解釈しますが、あなた方の進化とともに、人の外形には何も存在しえないことが分かり始め、あなた方は世界を見始め、世界を反映する経験を得るようになりま す。


あ らゆる探索と求道が終わることになる時が来ます。多くの人達はすでにそこに至っていますが、これを信じずに、まだ到達していないとの信念の下に、自分の外 側で探索と求道を続けています。今は真実を生きる時です。あなた方にはすでに何を知る必要があるのか、どんなより知的な知識もそれを変えることはないこと が分かっています。あなた方が実際に真実を生き始めると、常により多くのものが与えられ、全く期待しない時にそれがやってきます。あなた方の作業、関心あ るいはニーズに関する真実、洞察、創造的なアイディアが突然、芝を刈ったり、皿洗いをしている時に浮かんでかもしれません。これが、問題に関して概念を加 える他者の存在なしに、自分の内側から語り掛けられて来ることから学ぶ方法なのです。今は、いつも自分の外側から答えを求めていた過去から移動する時なの です。あなた方はすでに自分の内側から必要なあらゆる情報と回答を得ることができるようになっています。多くの人をこうしないように引き戻している唯一の ことは、あなた方には価値がなく、スピリチュアルではなく、十分に進化もしていないという信念なのです。


あ なた方が限界がある人間であると信じている限りは、あなた方には価値がなく、スピリチュアルではなく、あるは進化していないのです。自分は誰であり、何で あるかに関していまだに抱いていることを真剣に、実直に考えてみてください。あらゆることへの回答は、あなた方の内側にあることに関するものです。自分の 内側の作業に、”スピリチュアルな回答専用”とのラベルを張らないでください。自分は完全である、という自己充足を知る意識は自分にとっての完全性を表す 方法で具現化を図りますが、これは外科医は車の修理が必要だと思って初めて処理にかかるのと同じです。アーティストは新しく創造的な方法で絵を描くように 導かれることが分かるかもしれません。ヘアスタイリストは顧客一人一人について完全なへアスタイルのイメージを得始めるかもしれません。科学者はすでに知 られている科学的事実と取り組んでいる時にこれまで想像もしていなかった洞察を得るかもしれません。それは無限であり、アイディアは目に見えた形で強力に 得られるかもしれませんが、暮らしの一側面として単純に”知”として、あるいは求めていた何かとしてやって来ます。個々の者がこの静かな強い声をまだ聴い たことがないとしたら、もっと学ばなければなりませんが、これが非常に多くの者が静かで小さい声が聞こえることを否定する理由なのです。


毎 日を電話やそのほかの電子装置にしがみつき通している者は、静かで小さい声を聞くことはありません。スピリチュアルな成長に真剣な者は、静かにすることを 学ばなければなりません。何事にも邪魔されずに真実について考察し、それから10分から15分の休息を取るという、毎日静かな時間を過ごすことを習慣にし てください。



集 中し、自己との意識的なつながりをつけるために十分なだけ長い時間続ける必要があります。自分の意図を定め、選択をし、単純に耳を傾ける時間を取るのはこ の時間においてなのです。祈りはあなた方を神のところに連れてゆきますが、略奪ではなく祈りなのです。瞑想は静かで集中した受け入れです。何も聞けないか ら、誰かほかの人が何かを聞いたからといって自分に同じことが起こらないから、失敗だとは思わないようにしてください。なぜなら静かに座り、聞くという行 動はより多くを求め、受け入れる用意があると自分のハイアーセルフに示しているからで、あなた方はそのプロセスを開始したのです。日中あるいは夜間目覚め ている時にでも時間を取って、単に数秒間静かにし、目をつぶり、自分の中の聖性に集中し、ただ聞いてください。あなた方は道に沿ってうまくやっています が、さもなければ、これらのメッセージとは共振しないでしょう。信頼し、生き、信じ,在ることを知ってください。


アルクトゥルスグループより、