ベンジャミ ン・フルフォードニュース(全文) 2016年5月12日                    ホームへ戻る

http://nesaranews.blogspot.jp/

MAY 9, 2016 BENJAMIN FULFORD WEEKLY GEOPOLITICAL NEWS AND ANALYSIS.......Short exerpt)

MAJOR MOVEMENT ON MULTIPLE FRONTS INCLUDING US REGIME CHANGE AND SERIOUS POLITICAL TURMOIL IN CHINA

By Benjamin Fullford, 9 May, 2016


重要でまぎれもない変化が今、世界の権力構造の頂点レベルで起 きつつある。まず第一に、既にニール・キーナンなどによって知らされているように、4月30日に開催されたホワイトハウスの報道記者 夕食会で、米国大統領のバラク・オバマは、”共和国の終わりはよりよく見えたことはない、”又、”私の最後の、そしておそらく最終の ホワイトハウス報道記者夕食会に出席していることを名誉とするものです、”と語った。これらのコメントが見られるホワイトハウスの報 道記者夕食会に関するリンクは以下の通りである。

https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2016/05/01/remarks-president-white-house-correspondents-dinner



さらに、ホワイトハウスは5月6日に”平和的な権力移管”につ いての大統領令を発行した。

https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2016/05/06/executive-order-facilitation-presidential-transition


CIAのソースが言うには、このプランは表面的にはオバマを政権の顔 として維持し、オバマをドナルド・トランプへの権力移譲に利用するためのものであるが、実際にはオバマはホワイトハウスには居住して おらず、舞台裏では権力は(他の者に)移管されているのだ。


米国の政権変化の一つの目に見える印は、”1500のイエール 大学のスカルアンドボーンズ文書が〔国務省長官のジョン・〕ケリー、ブッシュなどのカバールメンバーの暴露のために公表されるだろ う、とペンタゴンのソースが言っていることである。この公表は悪魔主義者たちが米国の権力構造の最高レベルで力を失ったことの明らか な印である。

http://www.politico.com/blogs/under-the-radar/2016/05/george-w-bush-white-houses-skull-and-bones-files-due-out-222858


米国の状況に関してはもっと多くのことが明らかになるだろう が、その前にもう一つの大きい発展について述べたい。先週当記者は日本の横浜で開催された5500万人の善きメンバーを擁するアジア 秘密社会(ホンメン)の古参者支部会議に出席した。この会合では日本支部での将来の平和計画について話し合いが行われた。又これから 先の数年の間に現在のシステムの代わりになる、新しい国際金融システムについても詳細に話が交わされた。多くの種々の分野の専門家も この会合に出席していた。最後にこの秘密社会は、平和という原則に基づいた、”国際白竜会社会との相互利益体制”で作業をするとの希 望を表明した。今のところ、これが公表を許されている範囲の情報である。


白竜会には又、先週中 国大陸から二人の代表者が訪れてきた。一人は中国共産党の安全保障関係者で、このニュースレターで以前述べた8000トンの金と 同じ条件である13%値引きで12000トンの金を提供するというものであった。この金は12.5Kgのインゴットで、香港 で即時引き渡しが可能であるとのことだった。さらにもしこの提案が5月16日までに受け入れられなかったとしたら、中国はこの件 に関して一方的な行動をとるだろうと述べた。白竜会は、もしもドルシステムの現在の管理者がこの金の受け入れを拒絶したとした ら、米ドルに反対する動きを行うように推奨した。


ヘンリー・キッシンジャーの詐欺的なドルシステムの乗っ取りは 終わったので、私たちが述べられる限りでは、M1、つまり米ドルシステムの管理者の立場をとっている二人の者が いる。一人はニール・キーナンで他は今はカナダで暮らしていて、デーヴィッド・M・クロフォードが代理人を務めている前フィリピン大 統領のフェルディナンド・マルコスの生存中の長男であると思われている。もしもこの二人のうちのいずれかが、引き出せるのなら、この 者にはドルを引き上げて金の供給をするようにしてほしいと思う。これは素晴らしい処置である。紙とコンピューターの中に記憶されてい る番号と金とを交換するのだから。もしも二人とも金を引き出せないのだとしたら、ジョセフ・ダンフォードが介入してこの処置を取るよ うにしてほしいと思う。


米国には歴史的なアジアのドル建て債券を最低の価格で買い上げ てきた分派もいる、とは中国のソースが言うことである。この債券の代わりに受け取るドルは凍結される、とペンタゴンのソースは言って いる。


米ドルに対して金などの実物資産で裏付けをする必要はないとい まだに考えている者は金本位制度を止めれば、如何に米国が負債という災害に見舞われる結果になるかを下記のリンクに見る必要がある。

http://www.veteranstodaymoney.com/2016/05/how-unsound-money-fuels-unsound-government-spending/


金本位制度の中止は、アメリカ人と米国の貿易相手からの40年 間にわたるカザリアンマフィアによる略奪のきっかけを創り出した、とは白竜会が認めている。中国による金の提供はこの略奪を永遠に終 わらせる、と白竜会の者は言っている。


一方、習近平に反対する中国政権内部の分派を代表する別の中国 高官が白竜会に連絡を取ってきた。このソースが言うには、中国では大きい権力抗争が起きているとのことである。習近平の任期は 2018年に切れたあとでは、更新されないだろうが、彼がそれまで生き残れるかどうかは疑問である、と彼は言った。このソースが言う には、習近平は”第二文化革命”を起こしており、すでに”反腐敗”キャンペーンの一部としてすでに3000万人を粛正し、その結果極 度の経済不況に至ったとのことである。

http://benjaminfulford.net/2016/05/09/major-movement-on-multiple-fronts-including-us-regime-change-and-serious-political-turmoil-in-china/


不換通貨問題と血にまみれたオイルダラーとは別の、カザリアン マフィアにとってもう一つの重要な資金源は、2014年に米国のみで3.09兆ドル、2017年には3.57兆ドルに跳ね上がった” 健康”産業である。これでも少なく見積もっての金額だと思われる。私たちは薬剤の使用を避け、ジカウイルスのような恐怖を掻き立てる ウイルス攻撃を撃退し、私たち自身に耐ウイルスシステムがあることを知らねばならない。


習近平はまた、2014年3月末にブリュッセルを訪問した時 に、ベルギー王室からナイトの称号を受けて中国内でトラブルを起こすことになった。習近平はナイトになると、タイトルがいかに名誉な ことに見えるとしても、彼がベルギー王の家臣になることを認識していなかったことを意味する。さらにこのナイトの称号は、今後の虐殺 者であるレオポルド王に関係する”レオポルド体制の一部になることを意味する。


このソースがもたらしたもう一つの興味深い情報は中国の軍事命 令が根本的な見直しの最中だ、ということである。中国軍は南部、北部、東部、西部、中央、の5つの司令本部に分割されようとしてい る。また中国の首都を疲弊した北京から遠ざける議論が行われている、と彼は言った。


先週白竜会に接触してきたさらにもう一人のソースは満州国の歴 史的金資産の相続人だと主張するセウンシック・ツァンである。ツァンが言うには、彼は最近韓国のパク・ゲウン・ハイから送られてきた エージェントに暗殺されそうになったとのことである。ツァンが言うには彼は5月12日にもしも韓国に送還されれば、彼が主張する満州 の金を横領するために彼の分派によって抹殺されるので、と、東京入国管理局に亡命を申し立てたとのことである。しかし当記者に彼を紹 介してきた中国政府の高官は今では彼は詐欺師だと言っている。


一方、日本では、舞台裏の黒幕たちの間で、安部と九州閥は政権 から去らねばならないとの一致が見られている。しかし、だれが彼の代わりになるかについて、米国のオバマと同様に、いまだに意見が一 致していないので、かれの台本書きが変わったとしても、今のところ、安部が日本の権力の表の顔として座を占め続けるだろう。一つだ け、安部が交渉に加わった環太平洋貿易協定は新政権では行き場がなくなろうとしている。


西側での最近の進展に戻ろう。米国の政権変化のちの最大のイベ ントは先週のロシア正教会の教会長による”聖戦”宣言だろう。教会長が”テロリスト”を敵と言っている間は、この戦争は悪魔的なカザ リアンマフィアに対する真の米国/ロシア共同作戦だ、とペンタゴンとそのほかのソースは言っている。数十万の子供たちが米国、ウクラ イナ、その他でカザリアンマフィアに虐殺された(http://82.221.129.208/ifyouareinamericayouprobablycantseethisw9.html ) ことは、大きい軍事作戦につながる激変の大波を作り出すだろう、とペンタゴンとNSAのソースは言っている。白竜会は子供の殺傷者は最後の一人まで 狩り出して殺害すると約束している。


ニューヨーク、二つのオーストラリア、三つのロシアロシア正教 会の教会に対する放火攻撃と中東におけるカザリアンによるキリスト教徒の組織的な殺害はこの聖戦が単なる論戦の域を越していることが 確かな印である。


すでにカザリアンに対する複合戦争が行われていて、カザリアン は大きい損害を受けている。例えばサウジのビンラーディングループはカザリアンのサウジ王族の衰退の明らかな印として破産を宣告し、 彼らのブッシュファミリーの仲間とそのクローンたちは大きいトラブルに巻き込まれている。


中東のあらゆるところで、モサドと繋がっているサイトであるデ ブカが、ISISが突然イスラエルに対する戦争を宣言したと報道している。これ はイスラエル政権がパワーバランスが変化して決定的にカザリアンの悪漢どもに不利になってきたことからISISからの離脱をしようとしていることの印である。


先週のトルコ首相の辞職はエルドガン大統領の追放に対する軍部 へのグリーンランプである可能性がある、とはペンタゴンのソースが言うことである。


また、”サウジ派”のCIAディレクタージョン・ブレナンは、911レポートのうちの極秘 の28ページの開示に反対する孤独な反対者として米国の権力構造の中で孤立している、とはペンタゴンのソースが言うことであり、”彼 は(サウジ王の)サルマンから賄賂を受けているのは疑いのないところである、”とこのソースは言っている。


このような状況で、前CIA長官のディック・チェニーは米国の権力構造の変化を察知して、 ブッシュファミリーに反旗を翻し、トランプを承認した。”これで彼の暗殺が防げるかもしれないが、911という汚い仕事の結果から逃 れることはできない、”とペンタゴンの高官は言っている。


カナダのオイルサンドの町フォート・マクマレーに対する放火攻 撃とCIAの高官が言う事件に対して、米国のある団体には重大な結果が 待っている。”もしもお前たちがカナダに損害を与えたらお前たちを蹴り飛ばしてやる、”と、カナダの諜報当局の高官は警告している。


一方で、南米では、カザリアンマフィアのブラジル大統領ジル マ・ルーセフ追放作戦はブラジル最高裁による上院議長エドゥアルド・クンハに対する降伏命令の発令によって失敗に終わっている。カザ リアンギャングのためにブラジルの資産を盗むという作戦を続ければ、全体が賄賂を受けている議会の議員は首をくくられるだろう。


一方大西洋を越えると、ドイツとフランス政府は、その文書のグ リーンピースが行ったと伝えられるリークのために、今カザリアンがたくらんだTTIP(環大西洋投資パートナーシップ)貿易協定は、あからさまな反 対を受けている。ギリシャに対する救済資金のほとんど全てが腐敗した銀行家に流れているということが明らかになってIMFもドイツとともに隊列を乱している。ドイツのアンジェラ・メル ケル首相も彼女の父親のヒットラーの古い潜水艦のエンジンを調べ、逃避ルートを考えねばならない時だ。おそらく彼女はアルゼンチンの バリローチェというナチの霊場での亡命生活が与えられることになる。これはブッシュ/クリントン/ロムニー犯罪シンジケートのメン バーについての選択肢ではなかろう。彼らとその仲間のカザリアンマフィアギャングはこの惑星上のどこにも、この宇宙のどこにもこの時 点で自由が得られる亡命先はない。今は人間が審判をする時なのだ。