ベ ンジャミン・フルフォードニュース 2015年12月8日                                                                    ホームへ戻る

December 8, 2015

Author: Benjamin Fulford


古 い帝国としてのオットマン(トルコ)とペルシャ(イラン)によって展開されている歴史的なイベントは、オイルフィールドを我が物にし、この地域の地図を塗 り換えようとしているように見える。中東における闘いはまた、オイルダラーと、結局世界の金融システムの支配の闘いでもある。したがってそれはこの地域の 代理国家を利用した西側の内戦である。


このオイルという報償を得るための複雑な諸勢力の闘いはこの地域からもたらされるニュースを混乱させている。したがってキープレーヤーとその目論見を整理したうえで、最近の戦争の状況を見てゆくことにしよう。


まず理解しなければならないことは年間2兆ドルに上る収入の流れに対して闘いが行われているということである。例えばヨーロッパは、2013年のユーロガスの統計によれば、6000億ドルをエネルギーに費やしている。

http://www.eurogas.org/uploads/media/Eurogas_Statistical_Report_2014.pdf


このほとんどは中東またはロシアから輸入されている。中国と米国はそれぞれ世界の残りの国と同じような金額をエネルギーに費やしている。


カザリアンマフィアのいわゆるネオコン分派はこのオイルの全てを抑えたいと願い、少なくとも来世紀までこの惑星上の全てのオイルを支配下に置こうと目論んでいる。これは彼ら自身から提示されたレポートである、 Project for a New American Centuryに 見られる。これがカザリアンの血統のマフィアの暴漢である、ジョージ・ブッシュジュニアとその仲間が”新パールハーバー”としての911を実行した理由な のだ。これが米国とそのほかの西側の軍隊が、”大量破壊兵器の探索”、及び”オサマ・ビン・ラーディンの探索”という口実に騙されて、これらのギャングた ちのためにオイルを盗むことになった理由なのだ。


私 たちは又、ジョージ・ブッシュジュニア政権の暴漢である、ドナルド・ラムズフェルドが911の直前に、ペンタゴンの予算から2.3兆ドルが消失したと報告 したことを知っている。このお金は、ブラックウオーター、アカデミー、及び今のISISという傭兵軍の創設のために費やされた、とはぺンタゴンの軍事情報 の示すところである。この少なくとも50万人を擁する強力な私的軍隊は中東、特にイラクとシリアのオイルフィールドを占領した。


私たちは又、複数の情報源から、盗まれたオイルはイスラエル、トルコ、及びサウジアラビアを経由して洗浄されたとの詳細な報告を受けている。これらの国はすべてがイスラムまたはユダヤに扮した悪魔崇拝のカザリアンマフィアに支配されている。


ここで繰り返さなければならないそのほかの点は、大オイル企業とその株主がこの紛争に深く関与している、ということである。この地域に展開している大オイル企業は、BP(英国ロスチャイルド)、エクソンモビル(ロックフェラー)、ガスプロム(ロスチャイルド+ロシア専制体)である。


見かけ上敵対しているカザリアンマフィアの分派は戦っているような振りをしながら実際は、カザリアン支配によるこの地域を創り出そうと共同作業を行っている。これがアラブの春と言われるこの地域の政府に対する一連のクーデターで、その目的を達成したように思われる。


又この地域及び世界の、特に米国、ロシア、及び中国武装勢力と諜報機関が集中しているあらゆるところでのカザリアン支配を完全に終わらせる強力な派閥争いが行われている。


私たちは又、ロシア、フランス、英国、ドイツ、イラン、トルコ、イエーメン、サウジアラビア、シリア、ペンタゴンなど全てがISIS傭兵軍と共にこの地域に広がる戦いに活発に加わっていることを忘れてはならない。


中東で第三次世界大戦が始まっていると言うことが当たっている理由を見ることができる。


OK、 現在起きていることについての概観ができるように、この紛争での最近の出来事を見てみることにしよう。先週、ロシア大統領のウラジミル・プーティンがパリ で米国のオバマ大統領、ペンタゴンの長官であるジョセフ・ダンフォード将軍、及びゲラシモフと会談をした際には、テロに対する真の闘いにおいて、トルコ、 イスラエル、サウジアラビアを打倒する方法について討論された、とはペンタゴンのソースが言うことである。


このロシア/ペンタゴンの合同作戦の一部として、ペンタゴンは、サウジアラビア、トルコ、及びイスラエルから全てのパトリオット対空ミサイル防衛システムを引き揚げた。同時に、ロシアはこの地域全体に飛行禁止区域を設定した。


イ スラエルからのシリアへの空爆、あるいはギリシャに配備されているロシアのS300対ミサイルシステム対策という報道は、イスラエルの敗北、空軍の地上待 機の強制を隠すための捨てばちの嘘である”、と、ペンタゴンのソースは言っている。イスラエルへのオイルの流れは今大幅に阻害され、この国は1967年に 占領した地域を、涙ながらに放棄せざるを得なくなっている。


また、サウジアラビアに侵攻し、イエーメン国境近くのナジランとジザンの包囲に反応しているイスラエルの仲間であるサウジアラビアで銀行の取り付け騒ぎも起きている。

http://www.presstv.ir/Detail/2015/12/03/440203/Yemen-Saudi-Arabia-Najran-JIzan-Sharaf-Luqman


http://www.oilandgas360.com/deposits-in-saudi-banks-down-13-5-billion-in-october/


ドイツ政府は今、サウジアラビアを世界のテロの輸出国の先頭に立っているとのあからさまな非難をしているロシアとペンタゴンに加わっている。

http://tribune.com.pk/story/1004949/saudi-must-stop-financing-fundamentalist-mosques-abroad-merkels-deputy/


一 方でロシアはアゼルバイジャンでのカザリアン代理勢力に対する大きい動きを見せている、とはペンタゴンのソースが言うことである。あるアゼルバイジャンの オイルリグが先週火災を起こし、アゼルバイジャンの首都バクーへの武器供給資金源として利用されていた、イスラエルへのオイル供給が停止された。ロシアは 又アルメニアで、”アゼルバイジャンにおけるイスラエルの二か所の秘密ドローン基地/空港の機能を失わせるためにミサイルを配備した”、と言っている。” このメッセージは、シーア派が多数を占めるアゼルバイジャンはイスラエルを放逐し、ハグを受け入れ、シーア派の破壊工作を止め、イランと仲良くせよ、さも ないと・・・”、ということである、と彼らは言っている。


ト ルコは今イラクに軍隊を派遣し、大っぴらに国内のスンニ派イスラム教徒と連合している。最近までイラクの大統領だった、ヌリ・アル・マリキと接触がある ソースが言うには、マリキはイラクを分断するための秘密のトルコ/米国間取引があると信じているとのことである。アル・マリキは、ISISは制御不能に なっていて、米国でもISISを止められないと信じている、とこのソースは言っている。


他 のソースが言うには、トルコ政権は単にイラクにおける権力の真空地帯に入り込んでいっているだけで、ペルシャの攻勢と見られることを止める努力をするため にサウジアラビアに展開中なのだ、とのことである。そこで、上述のように、オットマン帝国及びその連合とペルシャ帝国とその連合の間の戦争が行われてい る、ということになる。今賢明な資金はペルシャ側についている。


し かし、今トルコはNATOが自分たちのためにはロシアとは戦わないとさとり、自分たちが災厄から逃れるためにロシア及びペンタゴンと秘密裡に交渉をしてい ることが確かである。米軍はすでにイスラエルを保護しないことを非常に明瞭にしているが、このことは、イスラエルがトルコ、イラン、なかんずくロシアの意 のままになるということを意味している。


中 東における紛争は、米国の産軍複合体による、カザリアンマフィアの世界の銀行、金融システム支配の世界的な壊滅という大目標の一部である。このシナリオは オイル1バレルあたり30ドル、途上国の負債免除、サウジ一家の没落、及び何よりもまず、中東オイル代金決済への中国元の使用を目指している。これと共 に、銀行崩壊が起き、カザリアンの新世界秩序計画は終わる。きっかけは、2016年1、2月に起きるオイルヘッジの満了で、オイル価格の崩壊の効果に打ち ひしがれた大物の突然の退去である可能性がある、とソースは言う。


米国内では、産軍複合体は”イスラエルの五大コラムニスト”の排斥を行っている、とこのソースは言っている。これについての一つの目に見えるしるしは、前ニューヨーク州議会議長のシェルドン・シルバーが7項目の合衆国崩壊条件についての確信を述べたことである。

http://www.nydailynews.com/news/politics/sheldon-silver-expects-win-appeal-sources-article-1.2457276


これは、犯罪的なウオールストリートのヘッジファンドと米国経済を略奪している企業の政治的保護を禁止する動きの一部である、と白竜会の米国内ソースが言っている。


も う一つのしるしは、アフリカ系アメリカ人の若者の違法な殺害の隠蔽をしたシカゴ市長のラーム・エマニュエルの排斥キャンペーンである。これは、しかし、こ のシカゴギャングの権力の座からの追放の法的な口実に過ぎない、と白竜会のソースは言っている。この白竜会のソースが言うには、これが進展するともっと多 くの者が排斥されるだろうとのことである。カザリアンマフィアはより多くの大量射殺を演出して対応するだろう。


一 方、日本でも進展があった。日本の政界の黒幕である朝堂院大角が言うには、前財務大臣の竹中平蔵は10億ドル以上の賄賂を有名な反逆政治家である橋本徹に 提示したとのことである。竹中は日本の金融システムの制御権をカザリアンの悪漢共に手渡した裏切者で、橋本買収の試みは橋本をカザリアンマフィアに屈服さ せるためのものである。橋本が賄賂を受け取れば、彼には将来の首相職が約束されるが、カザリアンマフィアによる日本の貯蓄の詐取を継続させるという条件を のめば、ということである。


最 新の日本銀行の報告では、日本のGDP統計ではこの国の経済が不景気に突入しているので、日本で流通しているお金の総額は、減少しつつあるとのことであ る。これらの二つのイベントが示すことは、いわゆるアベノミックス、あるいは日本銀行による大量の紙幣印刷がカザリアンマフィアと彼らの銀行の救済のため の単なる日本の資金の窃盗に過ぎないということである。日本政府自身の統計が示すように、この日本銀行資金は日本では利用されていない。


最 後に、30兆ドルの満州金の継承者であるツァン・セウン・シクが先週言ったことは、BIS(国際決済銀行)が彼に、このお金は中国を16カ国に、ロシアを 4カ国に分割して満州国を復活させるのに用いられると約束したとのことである。私たちがツァン氏に言えることは、夢は見られるが、彼には誰からも30兆ド ルの管理を任されることはない、ということだけである。