デイブ・シュミット特別報告 2014年10月16日                                    ホームへ戻る

http://nesaranews.blogspot.jp/

Thursday, October 16, 2014

the IMF has changed hands, the Federal Reserve and the World Bank are being taken over by the Dragon Family

DAVE SCHMIDT UPDATE: Special Report, 16 OCT

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6nuR2TGTF0w#t=0


デイブ・シュミット特別レポート要約

IMF(国際通貨基金)、世界銀行、BIS(国 際決済銀行)の運営主体が交代し、ドラゴンファミリーが主導権を握ることになった。米国支配下の一群は国際司法裁判所の裁定によって破産請求を否定され た。この意味するところは、彼らが創り出した負債に自分たちで責任を持たねばならないと言うことである。それは又、彼らは世界的な問題の制御と支配に関す る課題と行動のためのほとんどの資金を剥奪されると言うことをも意味する。ドラゴンファミリーは、現在支配的立場にある金融諸機関を手中に収めるが、この ことはカバールの力と支配を排除する事でもある。


一年以上の間、私はカバールが無力化されるまでRVGCRは起きないと言い続けてきた。このプロセスは先週始まり今進行中である。世界の銀行システムの変更行程について120か国以上を対象にした複数の会合が設定されている。


この変化は通貨交換がただちに始まると言うことを意味するのではない。日時を尋ねないで欲しい。このプロセスには時間がかかるのだ。


これは私たちが待ち望んでいた変化の第一段階である。変化は起こりつつある。新しい進展があったら又報告する。