どのようなことがあっても絶対にワクチン注射を受けるな  2014年8月29日                                         ホームへ戻る

http://nesaranews.blogspot.jp/

NO MATTER WHAT the story, DO NOT get vaccinated, a new bioweapon is being distributed via vaccines


このレポートは1971年に投稿された、ファージの写真付きのグーグル書籍”New Scientist”を 更新するものです。グーグル書籍が偽情報ではないとしてもこのファージレポートは正確です。このファージはイスラエルが生物兵器として用いるように選択し たものであり、グーグル書籍は印刷版ではなく、要求に応えられるものではありません。(容易には変更できないように)紙に印刷してほしいものです。


人々を傷つける開発中のナノボットに就いては多くのレポートがあります。このレポートは実際にナノロボットとそれが何に基づいているかに就いて述べています。このナノボットである生物兵器によって汚染されたワクチン注射を受けると、この生物兵器は自分のDNAを 細胞中に挿入し、自分自身でこれをもっと製造するように細胞に指令するので自己増殖します。この増殖は細胞が過剰労働で死に至るまで止まることがありませ ん。これは2007年に研究室で確認されました。抗ワクチン代替ニュースのウエブサイトは直ちに、グーグルのキャッシュも1時間以内に消去されます。これ はなぜでしょうか?実際にはほとんど疑問の余地はありません。この答えは明らかです。闇のカバールは今この生物兵器T4バクテリアファージナノボットや他の物質で汚染されたワクチン添加物入りのワクチンを強制注射で一度に全世界に広げようとしています。偽のエボラ騒ぎで人々を怖がらせて、全ての人に短い時間の間にT4ナノボットを仕込んだ注射を受けさせようとしているのです。


フライト370やウクライナなどの問題以上に、エボラ騒ぎの最中に抗ワクチンのウエブサイトを消去するのは、私たちが注意すべき偶然の一致です。これがニュースであり、これを逃したら私たちは死に至ってしまいます。


同様なウエブサイトの消去を見付けたらNWO(新 世界秩序)と言われる闇のカバールの人口90%削減計画と、容易に管理可能な小さい奴隷化都市のことを知るべきです。偽のエボラ出血熱流行よりも大規模な 人口削減を防止する方が良いはずです。本当の病気は人を守るふりをした強制ワクチン注射によってワクチンとしてばらまかれるものなのです。


本当の流行の形 で広まった病気に闇のカバールがかかって、自分たちが死にたいとは思わないと、賭けをすることも出来ます。彼らはそうではなくて、悪辣な手段で入手した税 金として支払われたドルを使って、犠牲者に、多分10%は何事も無く安全で残りの90%は生命に危険を及ぼすワクチン注射をすることに思い至ったのです。 もしもこの病気が全く非伝染性で、注射を通じてのみ広まるのだったら、世界中の人が死んでいっても彼らは安心していられるのです。


これが彼らが熱心にワクチン注射を推進している理由であ り、今活発に政治的な反対を抑え込もうとしています。波を起こさない内にこのウエブサイトが有名にない過ぎて迅速に消去されてしまうことは確かだと思って います。ですから消去されないうちに人々に警告し、被害を受けないようにしてほしいと思います。


エボラの流行は人を騙すもので、実際は、人を殺すためのナノボットを仕込んだワクチンを強制的に注射する目的があるものと思われます。