ドレークのニュース   2012年10月14日                       ホームへ戻る 

http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/drake-update-sunday-oct-14th


ペンタゴンは米軍と緊密に連携して、UNITED STETES CORPORATION(19871年の米国の財政危機のときに議会の議決によって制定された、アメリカ連邦共和国、united staes of Americaとは異なり大文字表記の、ヨーロッパの銀行団が保有する私企業。ここではUSCと略称表記をする。)を解体し、アメリカ連邦共和国の再生に向けて努力をしている。ペンタゴンとそのソースからの情報では、鍵となるカバールのメンバーは既に公の場から一人一人消え始めている。


イタリアのP2フリーメーソンによると、カバールが支配する米国の茶番選挙で、法王とイギリス女王はオバマを再選させるために数十億ドルの資金をつぎ込んでいる。


彼らはロムにーを前面に推し立てているブッシュの犯罪一家と対抗している。いずれにしても、この中傷合戦は、閉じられた扉の向こう側で決着がつけられ、米国での投票数を数えるモサドが結果を操るのである。


ペンタゴンとそのエージェントは、民主主義を取り戻すまで選挙は先延ばしにするといっている。彼らはジョセ・ベンチューラとロン・ポールに関係している民兵グループと、別のドレークと一緒に働いているグループと共同作業をしている。


テンポは速まっていて、ウエブサイトによっては情報が非常に違うので真実を探るには洞察が必要である。


話は急速に展開していて、どの話にも二つの側面が見られる。


ドレークの週末ニュースから、重要で、読者によって興味があると思われる二、三のトピックスを取り上げてお話をする。


ドレークが言うには、三つのことがある。

1  軍事的な努力。

2  ETの努力。

3  命令の実行とそのタイミングは状況に応じて常に流動的で変化するので、日時を言うのは困難に過ぎる。


こう言ってから、ドレークは、舞台裏では多くのことが進んでいる、と言う。今週はあまり進まなかったが、来週には、脱げかかっている靴が必ず外れる、と言う。


ドレークはおきていることについてニュースを伝えている次のウエブサイトを推薦している。

hotair.com

unexplainable.net

veteranstoday.com

NESARA 

InSearchRadio 

DARPA 

rt.com

CoasttoCoastAM with George Noory

Jesse Ventura


Google の、budget control act 2011″


彼は最大の衝撃的なイベントが選挙前に起きると期待しているが、選挙は11月6日には行われないだろうと言う。


ドレークは、次元上昇が遅れているといったこと を謝っているが、これは、本質的な次元上昇が各種の事象の遅れによって困難になり、解放勢力が、カバールが数年前に約束したことを守らなかったことによる 遅れに関係するのかも知れない。カバールは降伏しようとはしていないので、カバールの排除は、この政府の転覆を行う愛国者たち、米国の第二の革命に依存し ている。


革命が成功した後には、FOXニュースの”午後五時”のような、以前はカバールから承認されなかったニュースを発信するチャネルが開かれる。


あるリスナーがドレークは、オバマがダブルエー ジェントであり、逮捕はされないことを知る必要があるとの指摘があった。ドレークは、カバールに疑われないように意図的に反オバマに見せかけている節があ る。もしドレークがオバマは二重スパイだといったらどういうことになるだろうか?これはオバマには有利にならないだろう。


私たちの政府の変化が手の内にあるようになったら、全ての学校で宣言が告知され、両親が子供たちを家に連れて帰りたければ、それは可能になる。


レノネバダを通過してゆく車の数が非常に増加しているが、それについては間もなく理由が明らかになるだろう。


カバールが隠れようと計画していた核戦争の生き残りのための地下壕は破壊された。彼らは隠れる場所を失った。


トム・ヘネガンやプーフネスのような者はこれらのプランの一部に加わっている。


しかし、コブラは決定的にカバールの側に立っていて、偽情報を流している。


ドレークが言うには、ベンジャミン・フルフォードはカバールの側の者ではなく、あまり正しくない情報を流しているだけである。


ドレークに偽情報源とのラベルを貼ったStew Webbは法的な欠陥を持っていて、検察からの呼び出しがあればドレークはそれを歓迎するといっている。


ETは大衆に迷惑がかからないように、革命が成功してもしばらくは着陸しない。彼らは非常に多くのことを一時に成し遂げられる。ほとんどの人たちは革命が進行していて、政府が崩壊寸前である

ことを知らない。


新技術は、革命の後でも一度には与えられない。なぜなら、私たちがガイアに対して責任を持ち、蓄積したゴミを洗浄するように成長しなければならないからである。私たちが核として備えている合理的、利他的な心を表に出せるようになれば新技術は除除に、自然に流されてくる。


ドレークは、次元上昇について多くの研究を行い、スターファミリーや次元上昇について知るためにトーレックのウエブサイトの参照を推薦している。


カナダ、ロシア、中国のアメリカ国土への進駐 は、アメリカ人への奉仕のためであり、ポジティブな軍隊と民兵を支援するためである。中国とロシアは、非同盟国家であり、カバールに支配されていない。以 前指摘したように、他の国々は、カバールを出来るだけ早く排除したいと思っている。


カナダは、常に米国と共に歩んできたが、カバールを追い出そうとしていて、米国で起きていることの支援に喜んで参加している。


内国歳入庁(IRS)の再評価、解体は今、少しずつ舞台裏で進行していて、来週のメニューに上がっている。


ウエブでは、IRSの解体が既に行われたとの噂があるが、それは本当ではないか、不確実な情報に基づいているかである。


また、エリザベス女王が米国の人民にこれまでの長年に亘る租税の全額返還に署名した。これは目を見開くような出来事だが、起こっていても驚くようなことではない。


これらのリストのうちのいくつかが実際に起きれば、ドレークは、通知を受けた後で、しばらくの間連絡を絶つであろう。


ドレークが確認したところによると、地球上の鯨 類は高度に進化したソウルであり、非常に強力である。彼らは保護されなければならない。テレパシーを学ぶと、私たちは鯨類との通信が可能になり、多くのこ とが学べる。カバールが鯨類を砂浜に打ち上げさせ、死亡させたたくらみについて何か分かるかもしれないと思われる。


ドレークのフェースブックで最新のニュースを得てほしいと思う。又緊急ニュースにも注意のこと。

http://2012thebigpicture.wordpress.com/2012/10/14/drake-update-for-sunday-oct-14th/                                         ホームへ戻る