ドレークの週央ニュース  2012年10月11日                   ホームへ戻る  

http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/drake%E2%80%99s-mid-week-update-confirmation-%E2%80%9Cit%E2%80%99s-real%E2%80%9D%E2%80%A6

Drake’s Mid-Week Update & Confirmation that “It’s Real”…

By FatherMotherGod... - Posted on 11 October 2012

Written BY [MAC]2012thebigpicture


今は会議を開いている時では無く、ドレークが進行中の、あるいはこれから行われることについて見聞きする期待ができる事についてのヒントを、フェースブック上で与えてくれている。

ドレークが言うには、25~30件の作戦が今週の月曜日、10月8日に始まり、完了まで継続される。

彼は明言はしないが、地面に耳をつけて聞くこと が出来、カバールを排除し、USAコーポレーションを解体する進行中の活動の一部を示す変化を感じることが出来たら、彼にその一端を送れば、彼はそれが作 戦の一部なのかどうかを確認してくれるそうだ。これが彼の挑戦であるようだ。

物事は今週、来週のための準備の形で進んでいる。彼が言うには、”本当の”ということだ。

彼は、軍隊がこの作戦を真に支持していて、発進の用意があるということを広めてほしいと頼んでいる。

現在は、秘密の問題が多いので、軍隊は、質問や情報の交換を避けている。

ドレークは、以下の団体と連絡を取っている。

1  軍隊

2  訓練が出来ている民兵

3  地下民兵

民兵の数はあなどりがたいものがある。米国には数百万の民兵がいる。

我々の出番になってこの状況を支配している者の支援をする必要が出てくれば、連絡がある、との事。

その時点では、民兵を組織する人たちとの連絡役が誰かが指示される

ドレークは、我々にどのように役に立つかを考えてほしいと言っていて、包帯を確保するにはどこに行けばよいのか、あるいは支援行動として民間人として助けが出来ることに備えてほしいと言っている。

ドレークが言うには、どんな場合でも軍隊は暴力や暴動は許さないとの事。どのような言い訳も許されず、そのような行為に走ったものは厳しく取り扱われる、と。これらの作戦は、穏やかに安全に行われなければならない。

金曜日の晩にはドレークとアルフレッド・レイベルモントが9/11の戦争犯罪法廷について特別な発表を行うが、アルフレッド・レイベルモントが判事役を務める。この発表は、世界的に放送され、フェースブックに予定が公表されると同時にAmerican National Militiaのウエブサイトからメールが送られる。


http://2012thebigpicture.wordpress.com/2012/10/10/drakes-mid-week-update-confirmation-that-its-real/          ホームへ戻る