2016年6月2日現在のGCRに 関する事実 2016年6月4日                                             ホームへ戻る

http://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2016/06/new-republic-via-gcr-updated-235.html

From the Federal Reserve to a New US Republic via a Global Currency Reset


1  新しい米合衆国の下で、連邦銀行準備(FRB)システムは閉鎖された。FRBは英国の国外企業に所有されていた。そのお金は米国の人々による米国の人々のためのものではなかった。FRBは連邦の機関であるべきだったので、その詳細な運営と日々の運用には連邦政府の十分な管理は行き届いていなかった。FRBの違法な立場を証明しあtNESARAにつながった裁判事件が見られる。


2  米国最高裁判所のNESARAにつながる判決では、米国の銀行は独立、私的所有、地域運営企業であるべきである、とのことである。FRBは資産と金に裏付けされた新米国紙幣を発行している財務省銀行システムに置き換えられるだろう。


3  新しい米合衆国の下で、IRS(内国歳入庁)と腐敗した判事たちは処置されるだろう。


4  新しい米合衆国の弁護士協会とすべての合衆国の弁護士は、ロンドンのテンプル弁護士協会への誓約を破棄し、米国の弁護士にならなければならないだろうが、英国の弁護士ではなくなる。


5  50の州政府は新合衆国の下で現状の地位を保つだろう。


6   The North American Unionは終了し、ワシントンD.C.は解散する。


7  法王フランシスはBRICSの参入前に世界の通貨を支配していた5人のヴァチカン銀行の司教を解雇した。


8  新合衆国軍はすべての軍事設備、装備を入手中である。


9  新合衆国の目的は南北戦争前に確立された憲法に基づく政府としての機能を果たすことである。


10 2016年5月31日までに、中国と日本は過去のすべての紛争と債務を解決する金協定を締結した。


11 2016年5月31日に世界で最も多くの国の債券を含むデリバティブを保有しているドイツ銀行が破たんした。同じ日にこの銀行は世界通貨改革を可能にしたドラゴン王族の金によって復活した。


12 ドイツ銀行が破たんし、復活したその日である、2016年5月31日に、負債を免除された19の国がGCRによって復活した。


13 2016年5月31日にGCRを可能にし、米国財務省発行の紙幣を裏付けた時、ドラゴン王族の金によって米国の債務は免除された。


14 2016年6月2日までに、世界のBRICSと協調する米国を含む全209の独立国家の債務は解消された。これによってこれらの国々は国際貿易においてたいとうな立場に立つに至った。


15 2016年6月2日のアラブ標準時間午後8時にイラクのアバディー首相はイラクのカードが有効で支払い可能になったと宣言した。


16 2016年6月2日の米国東部標準時間午後2時に、新米国紙幣が国際的な通貨として認知された。


17 2016年6月2日までに、世界中で、金の裏付けがある歴史的債権の償還金の金額無制限での支払いが開始された。これは、外国通貨交換償還プロセスを進める資金が十分に行き渡っていることを意味する。安全な金融取引が一分以内にBRICSCIPSシステムによって確保される。


18 2016年6月6日には、GCRのうちの、歴史的資産に対する支払いと外貨交換の開始が始まる。当初は、イラクディナール、ベトナムドン、ジンバブエZIM、インドルピー、イランリアルについて評価変更が行われる。ほかの世界の通貨の評価変更も迅速に行われるだろう。


19 最初の6日間の交換では、より高い交換レートが適用されるはずである。特に繁栄資金と呼ばれる人間性回復用の資金に対してはかなりの割合の資金が投入されるだろう。


20 これらの人間性回復プロジェクトは中国王族の金によって裏付けられ、ブッシュ政権時代に違法に盗取され1992年にFRBの監査時に没収された、800兆ドルの米国の納税者のお金によって支払われる。


21 人間性回復プロジェクト/繁栄資金用のほかの資金源は、ソ連崩壊時のミハイル・ゴルバチョフとの合意によって得られた3.8兆ドルである。この資金もFRBが違法に保管していた。


22 繁栄資金用の追加的な9.1兆ドルは米国最高裁判事のジョン・ロバーツとジョージ・ブッシュ・シニアによlって盗まれた米国市民のお金に由来する。これは二人が米国の納税者資金を財務省から違法に盗取し、FRBが運用し、金利を私的な生活に流用していたことが分かったからである。


23 これについてはまもなく公表されるFRBの腐敗に関するビデオ、"Eagle One to Wanta": http://eagleonetowanta.com/.を参照されたい


24 ケネディー暗殺の直前にFEBを閉鎖すべきことになったかもしれないビデオ: https://www.youtube.com/watch?v=U1Qt6a-vaNM