Sitara Dickに よる、世界改革 2016年1月26日                                                ホームへ戻る

http://sananda.website/global-reset-by-sitara-and-dick-january-26th/

Global Reset by Sitara and Dick, January 26th


古代の中国ファミリー(長老)は、古代のヨーロッパの君主たちとともに、長い間大規模な物理的資産を惑星地球上に幾世紀にも亘って備蓄し、いまだに手の内にしています。


この雄大な富は種々の場所に、種々の信託資金として、保持され、世界に戦略的に分散されていますが、保安上の理由からほとんど知られていません。総称としてそれらは世界担保資産として理解されています。


これらの世界担保資産はこれらを自分たちのものではなく、人間のための資産として監視し、保護する心からの守護者たちによって守られています。これらの守護者たちは世界中にいて、保安上の理由で一般大衆には知られていません。


これらの世界担保資産は近代の銀行システム中で、あらゆる形の債権、通貨、債務証券に書き換えられていて、例外なく普通の人が作り出せるいかなる債権をも凌駕する大きさです。


これらの世界担保資産は1700年後半以来常に攻撃を受けてきた、進歩した制御システムによって守られてきました。


現 在の西側の銀行エリート(東ヨーロッパ、米国、日本、サウジアラビア、ウクライナ、トルコ、イスラエルなど、すなわちカバール政府)は戦争、背信行為、殺 人、および汚職を通じてこの世界担保資産を盗もうとしてきました。実際400年以上に亘って、世界担保資産の制御メカニズムを横領しようとする企みが行わ れてきました。


今私たちが目撃しようとしていることは失敗に終わっている攻撃の公共的な拒絶であり、大多数の独立国家は今彼らの不換通貨ベースの負債銀行システムの終焉とその永久的な金の裏付けに基づく価値の維持が可能なシステムへの代替を求めようと一体化しています。


これらの真の国際的な連合は単一の通貨発行機関(中国に位置する)を中国の長老とヨーロッパの尊厳あるファミリーの両方の制御下に置くことを署名をして受け入れました。


西側の不換銀行システムはそれ自体が付いていた嘘の重みで崩壊しつつあり、苦痛に満ちた追加証拠金支払いによって静かに解体されようとしています。これにはBIS(国際決済銀行)、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、中央銀行システム、連邦準備銀行、英国銀行、金属取引市場、米国株式会社、カバール政府などが含まれています。


アジア投資、インフラストラクチャー銀行(AIIB)は中国の長老が作ったものであり、中国、ロシアを含むあらゆる政府から分離独立していることに注意してください。


しかし、BRICS連合も中国の長老とヨーロッパの君主たちの金融原則に従う約束をする独立国家の集合としての認識のための集まりとして形成され、これに従うと誓約をした者は、世界担保資産に基づく実物資産ベースのローン/基金の社会的恩恵を受けられます。


中国長老/ヨーロッパの独立金融原則を守らないすべての独立国家は、AIIBには参加することを許されず、したがって世界担保資産の利用から除外されます。


独立国家はAIIBの正式メンバーではない国家と銀行活動において取引を許されません。国家は中国の長老とともに歩むかそうでないかです。ここ70年間プレーされていたゲームが終わったので、もはや中間的なゲームは存在しないのです。

世 界の金融構造ははじめは中国の長老たちによって導入され、第二次世界大戦中の1944年にニューハンプシャーのブレトンウッヅで合意に至ったものです。し かし、このシステムは現在の西側銀行システムに見られるように劣化し、世界は今暴利の溝から抜け出そうとしている最中です。


全ての独立国家は中国長老/ヨーロッパの独立金融原理を守ることに合意すれば、いつでも参加できます。誰も除外されません。


上記の事実に基づいて、AIIBBRICS連合と協調するすべての独立国家は、2016年1がつ1日現在、(バラク・フセイン・オバマを企業スポークスマンである操り人形とする)米国株式会社を承認していません。


また、全てのAIIBBRICSと協調する独立国家は、2016年1月1日以降、米国株式会社の不換通貨である米ドルを有効であると認めていません。


AIIBBRICSと協調する独立国家は、全てが、2016年1月1日現在で、ペンタゴンの闇帽子が制御する軍事作戦をアメリカ合衆国の市民の自由意志を代表するものとは認めていません。


日本は、秘密裏にAIIBに加わり、この事実は北京で1月16日~18日に開かれる次のAIIB会議でその参加が告知されることになっています。


2008, 2015 及び2016年の市場崩壊は既存の西側銀行システムファミリーによる、かつて実現されたことがない、金融支配幻想維持のためのたくらみでした。この努力は失敗に終わりました。


2001, 2003, 2005, 2009, 2012, 2014, 2015年のすべての軍事紛争も、中国の長老・ヨーロッパの君主ファミリー/世界担保資産の支援なしにはどの政府も収めることができない、非世界担保資産ファミリーによる軍事支配という幻想維持のためのたくらみでした。この種のたくらみも結局うまくは行きませんでした。


こうして、金融紛争であれ、戦争であれ、全ての紛争は、人間のリセットとすべての文化に関して、今中国の長老/ヨーロッパの君主ファミリーによって公に解決され、モラル上の基礎的な具体的な資産の裏付けがある基礎的な基盤に基づくものに戻りつつあります。


非世界担保資産/西側銀行ファミリーが一般大衆をメディアサービスを通じて彼らの好きなように、印刷機の発明以来ずっと、一般大衆に影響を及ぼしているのですから、マスメディアを通じて読み、聞き、見る言葉、文字をその通りには信じないようにしてください。