内部地球ネットワークラジオ放送要約 2014年9月6日                             ホームへ戻る


ゾラ

内部地球の太陽はクリスタルで全ての人々の想念で維持さ れている。内部地球には季節も夜は無い。植物にとっては年中成長の機会があるので、果物などのサイズは皆大きい。あらゆる所に愛、マジック、調和が見られ る。世界中に混沌、混乱、恐れはない。周囲のあらゆるものが人間に対して歌いかける。皆がテレパシーで交信する。


RVは完了していて、いつでも宣言が行われる状態にある。イラクとUSAが鍵である。いつもYESNOの繰り返しである。火曜日までには宣言が行われる。


オバマに対しては皆がフラストレーションを感じている が、オバマは王族の一員である。プレアデスのムシャバから来ている。 米国のトップは秘密社会のトップであり、オバマではない。オバマは秘密政府のいうこ とを聞かなければならない立場にある。秘密政府は解体の最中。秘密政府が解体されればオバマが米国のトップになる。私たちの仲間の多くが秘密政府に侵入し ている。オバマに不満を言ってもしかたがない。彼はデスクロージャーを宣告するが、これはあたかもホワイトハウスのプレスルームからのように見せかけられ るが実は宇宙船からの放送である。


宣言の直後に世界中の首府を含め、各所に宇宙船が出現す る。世界中の首脳が宇宙船に引き上げられ地球上の首脳と銀河からの者の間のミーティングが行われ、平和達成のプランが立てられる。戒厳令を発令する暇もな く実施される。恐れが巻き起こる暇はない。混沌やパニックを心配する必要はない。これはRVの直後に行われる。何人かの導師は今でも地球上にいる。