Hollow Earth Netwrok によるラジオ放送の内容要約 2014年3月13日                         ホームへ戻る


銀河連合艦隊司令官アシュター 


マレーシア航空370の乗客は全員無事。銀河連合の宇宙船が救い出して、内部地球に連れて行った。乗客たちは、ふるさとに帰ってくると色々な話しをするだろう。乗客は、銀河の計画を知らされている。彼等は人質になることを喜んで承諾した。NESARA法の実施が返還の条件。後二、三日待つこと。捜索しても何も見つからないだろう。多くは携帯電話を持っている。やがてはメッセージを送るようになる。害がないように航空機を捕捉した。UFOではなくFederation shipFS)でどうか。クリミアの上空に出現させた葉巻型の宇宙船は、今後も平和の実現のために紛争地域に派遣される。シリア、ソマリアなどに葉巻型FSを 送るが写真を撮る人がいない。必要ならタンクや武器を溶解する。私たちは既に多くの地下の武器貯蔵施設を破壊した。600へーベの武器貯蔵庫が破壊されて もカバールに支配されているメディアが報道しないのは愉快。これからは地球全体が変化するだろう。私たちは少しゆっくりと事を進めたいので、マレーシア航 空から始めた。支援の緑色ランプが点灯した。今はもう少しあからさまに行動し始める時。戦争では平和を永続できない。だから私たちは戦争をしない。私たち は平和を実現させるプログラムを持っている。葉巻型のFSがいろいろな所に出没するだろう。次の段階では、私たちは全ての国リーダーたちと連絡を取る。私たちは交渉に対して心を開く。NESARA法 への署名をして貰う。署名が行われたら乗客は帰還する。私たちは圧力をかける。乗客の望みも私たちの望みも世界の平和である。全ては地球とその住民のより 高い次元への円滑な移行のためである。平和で恐れのない心を持っていなければ、死という過程を経て更なる転生を強いられることになる。


ゾラ(父なる神)


この航空機には、離陸前のメンテナンスに問題があった。 マレーシア海岸から離れた時に油圧系統に問題が生じ、フラップが動かず、高度を得られなくなった。その後フラップが一定の位置に固定され、急激に上昇し た。従ってアシュターは宇宙船を派遣し、マレーシア航空機を空中で保持した。乗客は搭乗した航空機から別次元に移るか、そのままの航空機に乗っているかど うかの決断が必要になった。従って多くはアシュターの宇宙船に移った。航空機保持を切り離された後にノーズダイブを起こし海中に落下した。宇宙船が救出し たので乗客は喜んでいる。乗客の内の75%はそれ以前にアシュターの宇宙船に乗った事がある。兵器システムについて。ロシアの航空指令から宇宙船に通信が あり、事前に宇宙船の目的を知ったので、戦闘機は派遣しなかった。私たちは宇宙船の力を示したかった。全てのミサイル発射メカニズムを閉鎖した。彼等は全 ての武器の発射能力を失い、戦闘員の士気を失わせた。従って、ロシア軍は、迅速に撤退した。シリアでも同じ。同じような宇宙船でヒーリング宇宙船もある。 ウクライナだけではなく、都市、田舎に現れている。これから先には出現の数はどんどん増加する。多くの目撃が行われるだろう。RVについては、中国がVNDと ジンバブエドルを裏付けする。ジンバブエにはダイアモンド鉱山があるからだ。ドンのレートは交渉中。6~15の間のレート。米国を中国の間の交渉次第。天 文学的な数字ではないが、創造主、神は森林を与えようとしている。全祝福。不幸な人達を助けるためのもの。負債はカバールの支配の手段なので、全て解消さ れる。住宅ローンはなくなる。もちろん将来は物々交換になり、お金の必要はなくなる。金も価値を失うが、周波数が高いのでヒーリングの意味が大きい。