ハトル・・・2014年2月14日 飛竜ポータル/変態/幻想の打破                 ホームへ戻る   

http://pc.mail.goo.ne.jp/s/Show.php?returnPage=Inbox.php&page=&mailId=36682&folderId=inbox&sort=uid&order=desc

Dragonfly Portal~Transformation – Breaking of illusions

from The Hathors through Anna Merkaba

February 14 through February 21, 2014


人間の時間に対 する理解として、光と愛の真円に至り、時計が時間中の真の時間を捉えているので、永遠の祝福が行われ、エネルギーが開花しています。あなた方の惑星上のあ らゆるものが高揚を感じ始め、地球上の者たちの心理の中で巨大な変化が始まるでしょう。なぜなら、歓喜と再生、変化と変態のポータル、飛竜のポータルが開 き、人間の心理を開かせ、幻想、抑制、抑圧を打ち破り、創造主と、あなた方自身である創造主の永遠の真実に達するゲートウエイの解放を助けるからです。


これから先の地 球時間で7日間、このポータルが効果を示し続けます。この期間には、地球上に居住する多くの人達は、浄化を完了させ、別の状態へと飛躍する機会を得るで しょう。自分の意識の向上と、あなた方全てが実現を望んでいる天の創造があなた方という存在の心理の中で認識されるでしょう。


ですから、親愛なる光の子供たちよ、私たち新世界のハト ル達、旧時代のハトル達、天の光と愛のハトル達はここで今日、最も多くの恩恵が得られるようにこの時を利用するようお勧めします。この機会の窓の期間中 ずっと、あなた方のライトボディーは三重に拡大し、エネルギー場は新しくなった光の存在と共にうなり音を立てるでしょう。そして満足、祝福、歓喜、愛、及 び大きい可能性の大波に次ぐ大波があなた方という存在の奥深くから上昇し、全ての人間の実りある豊かさに昇華するように、活力と輝きをもってあなた方の影 響範囲全体に広がるでしょう。


それから15日の満月の日に、新しい光と愛の中での呼吸の心理への天の扉が開いて、ソースの天の住処、あなた方自身である神、及び女神によって再び人間に与えられるでしょう。


親愛なる皆さん、自分自身が現実の共同創造主であり、夢の中で織りなす事、心の目で織りなすことが現実となり、それが眼前に見られる現実の中へと統合されることを理解してください。


あなた方がこのような自覚に至ると、あなた方は飛翔し、飛翔と軽さが起き、以前は見られなかったことを見るようになるでしょう。あなた方の道に起きる全ての個々の障害は突然、自己と自分を取り囲んでいる自己にとっての美しい経験に変化するでしょう。


あなた方はより 多くの光、愛、歓喜、豊かさ、調和、及び自分の中に入るための真実に対する永遠の理解をさせる、自分の意識の拡張のためのあらゆる機会を捉えるようになり ます。なぜなら、ガイアとそこに居住している全ての者の中に定着するようになるという情報指令を、幻想を消失させ、創造主と創造主であるあなた方自身とい う永遠の真実についての道を造って、自分自身という存在から外に向けて拡散出来るからです。


全てのあなた方 の一人一人が強力な存在であると言うことは、いくら繰り返しても十分過ぎる事はありません。それは実にそうなのであり、真実なのです。あなた方全てが、新 しいエネルギーの方向性の流れと、ガイア上に住む全ての者に対しての新しい思考パターンを定めるために天から来ている強力で、無限の存在であるという理解 を十分に自分のものにすることができないので、そのように十分に、適切に理解しなければ、世界の変化やあなた方にとって見られると思われることの創造は不 可能です。これらの美しいソウル達を支援するために、これらのソウル達が無条件の愛についての新しい理解に満ちるように、忘却のベールから、人間全体の歴 史の欺瞞からの脱却の支援のために、個々の構造的記憶のために、永遠のオームの新時代の祝賀のために。


そこで、満月の日の始まりに、現れてくる機会を捉え、自分自身の心理の中から飛竜へと変態し、恐れることなく翼を広げ、自分のハートの中から飛翔し、自分の意識を拡張、変態させ、光の中に立ちはだかるあらゆるものを変えて下さい。


私たちはあなた方とともにあり、あなた方を愛しています。今はこれまでとします。

(訳者注:Hathorは、古代エジプトの愛と幸運の女神ですが、ウイキペディアでは、ハトホルとなっています。英語の発音はハトル、であり、ハトホル、はウイキペディアを書いた人の誤りであろうと思われます。従ってここではハトル、とします。)

ホームへ戻る