ヒラリオンの週間メッセージ 2014年9月28日 ~10月5日                                   ホームへ戻る

http://www.therainbowscribe.com/hilarion2014.htm

Hilarion's Weekly Message

September 28-October 5, 2014


親愛なる皆さん

世界がより高い次元へと移行していますが、それは世界の ほとんどの人には認識されず、エネルギーの流れに同調している人達にのみ認識されています。それは地球に光を定着させているあなた方のような光に満ちた人 達です。多くの人達は展開中のイベントの中で果たしている重要な役割に気が付いていないので、私たちはあなた方にこの時点ではあなた方全てが必要とされて いることを知って欲しいと思います。あなた方が光を保持し、平和、静けさ、喜び、及び幸福の空間に留まっていることが大切です。こうすることによってあな た方は人々を恐れと心配の中に閉じこめておこうとし、バランスをとる効果が今必要とされる企みに対抗出来るのです。


多くの人達は創 造性を生み出しているので、運動量を増し、多くの素晴らしいアイディアと創造的なプロジェクトを広げています。いくらかの人達は意識の中に浮かび上がって くる豊かなアイディアに圧倒されるように感じ、どれを追い求めて良いのか分からない位です。浮かび上がってくる情報を書き留めれば、実現の用意が出来てい ることを直感的に知ることが出来、あとから詳細を見ることができます。多くの場合に、地球の大気内に降ろされる情報のダウンロードは多くの種々の人達に受 け取られるので他の多くの人達と共有されるテーマがあるでしょう。各個人はユニークなので、それぞれを通じて到来する事は全く同じではありません。


今は又自分の内側深くで熟考し、ハートの導きに耳を傾 け、生涯において実行しなければならない、真に感謝すべき、あなた方を養育し、励ますことを決定する時でもあります。日常の暮らしを単純化し、新しいエネ ルギーの流入に対する余地を作るために、あなた方にとってもはや意味が無くなったこと全てを放棄して下さい。少ない物で生活するようにし、もはや用いない 物を、必要とする他の人達に与えて下さい。これをやり遂げると自由と新鮮な呼吸の美しい世界が展開するでしょう。


生活領域を快適 にし、ストレスを減らし、より組織的で生産的な存在になれば報酬が受け取れるでしょう。自分の暮らしの全ての分野をよく見て、自分が果たすことを書き出し て下さい。それからそれぞれを見て、それが本当に喜びをもたらし、投入する時間の量に値するだけの価値があるかどうかを判定してください。どのようにして ノーと言うか、提供されたものをどのようにして断るかを学んで下さい。あなた方に喜び、ないしは価値をもたらさないことを排除すれば、自分が好きなことに 対してより多くの時間を作れるでしょう。


自分の生活の中で最も重要なこと、今集中すべき最も重要 なことを見付けて下さい。自分の暮らしの中で多くを考えていなかった違う分野を探索して下さい。この探索はあなた方が排除し、又は追求出来る何かがあるこ とに気が付いていなかったことをあなた方に見付けさせるでしょう。一時に一つの事だけに集中して下さい。この一つのことを終えるまで、他のあらゆることを 忘れて下さい。

それから次のことに集中して下さい。自分自身のペースで 暮らし、その要求を満たして下さい。仕事を少なくすればマインドを煩わすことも少なくなります。自分の仕事とアイディアを記録にとり、為すべきことと覚え ておくことで頭の中を充満させすぎないようにして下さい。あなた方が自分自身の環境を整えなければならないのです。あなた方が自分自身を制御しなければな らないのです。あなた方の制御範囲に入ってくること、出て行くことを把握して下さい。何かが自分の制御範囲外だと言うことが分かったら、この事実を受け入 れて自分が制御出来ること、あなた方が変えられることに集中して下さい。


あなた方のマインドの中で同時に処理出来る事は一つだけ です。意識してそれを判定し、意図を明確にして下さい。あなた方が取り上げるように選択したこと、後に残すように選択した事は何でしょうか?ある時には一 つの思考しかできず、二つとか十項目だとかではありません。毎日あなた方は自由と平和明確なマインドだけが具体化出来る自由と平和が益々近づいてきていま す。ポジティブなこと、喜び、落ち着き、楽観、及び幸福だけに対して余地を作って下さい。それはプロセス、調整、時間がかかることですが、旨く作用しま す。報酬は極めて平和なマインドと平和、喜び、及び愛で満たされたポジティブな思考とハートを持った、よりあわせな、より静かなあり方です。

来週又、ヒラリオンより。