情報/噂―中国の長老たちはGCR以 前に世界平和を達成する 2016年2月12日                                              ホームへ戻る

http://www.ascensionwithearth.com/2016/02/intelrumors-chinese-elders-achieving.html#more

Friday, February 12, 2016

Intel/Rumors - Chinese Elders Achieving World Peace Before GCR Is Released

世界平和は(少なくとも紙の上では)達成されている。イスラエルとパレスティナ、トルコとシリア、サウジアラビア、イエーメンを含む。

平和はAIIBとの良い関係に加わり、留まるための無条件の必要事項である(中国の長老)。


ISへの資金供与はすべての銀行と公共資源から排除されている。


不法なISからのオイルは今では国際的に不法となっている。


全てのオイル取引はユーロ、ルビー、あるいは元で決済されなければならない。


NATOは解体後、ヨーロッパ平和維持軍として再構成される。


トルコのエルドガン大統領は北シリア、北イラク、及びトルコでのすべての個人的で不法なIS活動を放棄する。


彼は、ロシアとヨーロッパをつなぐ新しいガスパイプラインのガス流の幾割かと交換にIS活動を停止する。


トルコのエルドガンとシリアのアサドは現在の地位に留まることが許される。


ローマ法王フランシスとロシア正教会のパトリアーク・キリルがキューバのハヴァナで明日会合を開く。彼らはキリスト教を新しいみずがめ座時代のものに移行させる合意書に署名する。


この合意は1000年間の両キリスト教の分立とヴァチカンの法王構造を解決する。


ミュンヘンでの、ドイツ、シリア、米国、ロシア、EU、トルコ、イラク、アルメニア、及びクルディスタンによる平和会議は停戦合意を成立させ、避難民の人間性回復支援を決定した。


土地の分割と油田地帯を、IS/トルコ/オスマントルコ帝国から切り離す新国境が画定された。


クルディスタンの独立が認証され、トルコ政府とイラク政府の両方から解放される。


イラクは来週、モスルのIS勢力からの解放を宣言する。


IMFのクリスティン・ラガルデは、今ではIMFと世界銀行を所有している中国の長老から二期目を託された。


中国の新年休暇は2月14日、日曜日の夜に終わる。世界市場は長老たちがあらかじめ設定したようにまさに穏やかにRV開始の位置につく。




長老たちはより大きいマクロ戦略での最終調整をしているのだから、市場の乱高下を心配しないように。