マシュー君のメッセージ 2014年4月2日                       ホームへ戻る   

http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/message-matthew-april-2-2014

Message from Matthew -- April 2, 2014

luisavasconcellos2012@gmail.com's picture

Submitted by luisavasconcell... on Wed, 04/02/2014 - 08:40


このステーションに搭乗している全てのソウルからの愛のご挨拶を申し上げます。こ ちらはマシューです。この前のメッセージのように、私はまず自分についてこのメッセージのことをお話します。飛行機が行方不明になってかなり時間が経過し てからこのメッセージを伝えた理由の説明によって、私は私だけがアシュターにそれについて話しをするように頼んだ印象を与えたかもしれませんが、そうでは なく、この要請はここにいる全てのソウルから出されたもので、真実という高い振動のみが発せられ、テレパシーで伝えられました。


心配をしている 家族たちが愛する者たちが生存していて他の人達よりもはるかに優れたある形であなた方のものと類似の世界で健康に過ごしていることを私たちは如何に知らせ たいと思っていることか。これらの悲嘆にくれている人々の誰かを知っているとしたら、暮らしを楽しく、快適なものにしているあらゆる事についてアシュター が言ったことを知らせてほしいと思います。それでもこれらの人達がいなくなったことに就いての悲しみを終わらせはしないでしょうが、氷のような水の中で死 んでいったのではないか、乗員や乗客のうちの誰かがハイジャックしたのではないか、のような推測を終わらせられるでしょう。


事実に関しては、惑星外のソースからの何人かの読者が母 宛に送ってきた彼のものであるとするメッセージを含むある情報は、アシュターからのものとは顕著に異なります。これらの読者の疑問は、”どのアシュターを 信じればよいのか?”というもので、母はアシュターに答えを求めました。以下は、アシュターが母に語った事です。

スージー、誰 かが非難しているように、二つのバージョンを比較するのはあなたの責任ではありません。私がお知らせし、あなたが起きたことについて受け取った情報は、こ の飛行機に乗っていた人達を迎え、その世界で必要なあらゆる事を用意するために行われた救助の最初の時の事実です。私は他のメッセージを受け取った人を軽 蔑するつもりはありませんが、それは私からのものではありません。スージーはこう信じていると思っていますが、偽の主張をしている別のソースはそれが私か らのものだと言い張っています。今は真実を明らかにし、私が言ったことが本当であることを示す時です。”


アシュターは彼 の情報に対する他の反応について私たちと話をしましたが、私たちには、救助と移動に関する様子を描いたのは一人ではなく複数であることが分かります。私た ちは彼のものと同じ知識を持ち、疑問の対象になっている問題全てを知っています。しかし、彼は母に頼んだ事に対する二つの反応に応答するよう望んでいるの で、私たちは喜んでこの要請に応じます。


飛行機に乗っていた人々のソウル契約にアシュターが言うような別の世界への移転が含まれていないとしたら、何故アシュターは介入する決断をしたのでしょうか?

アシュターが言 うには、”乗員も乗客の誰もがこのような冒険をするというソウル契約をしていませんでしたが、この時に死に至る契約もしていませんでした。”このようなこ とが可能なのでしょうか?ソウル契約に含まれていない経験が出来るのでしょうか?これはソウル契約からの小さい乖離ではなく非常に大きな差です。一人だけ ではなく239名全員です。又、(親戚のような)彼等の合意に含まれる他の人達の契約をも混乱させます。又、これらの人達のソウルガイドたちはこのような 事件が契約に反しているのに、このようなことが起きないように、どうして介入しなかったのでしょうか?この時点で宇宙の法が破られていることを意味してい るので、これは非常に問題だと思います。


こちらはアシュ ターです。私の初めのメッセージで、私はあなた方にとって最も関心が高く、重要であろうと考えた事として、救助の詳細と人々に与えられた暖かい受け入れ、 及び各種の便宜についてお話をしました。その他の情報もお知らせした方が良かったと今では思っていますが、この機会を利用して以前の話に追加をしたいと思 います。


まず第一に、”このような場合には、私たちには介入が許されている、”ということについてです。私には介入を決定する権限はありません。緊急事態において私たちETに は地球又は他の惑星の住民の生命を救える介入について決定をする権限はありません。このような状況においては常に、そのソウルだけがさらなる進化のために どのような経験が良いのかを知っているので、何がなされるべきかを支配するのは、元のソウル契約、又は改訂したソウル契約なのです。


そのソウル契約が目前の破滅的な状況での死を含んでいる 時には、その人の生命を救う許しが与えられるかどうかは、決まっています。このような状況での死が契約に含まれていなければ、このソウルが肉体の生命の継 続を願い出ることが出来、それは契約の変更の誓願です。この誓願はソウルレベルで転生前の生涯契約に含まれる原則に基づいて考慮されます。関係する者の誰 かがそのソウルからの誓願に従う契約変更に反対すれば、そのレベルで愛に基づくことが行われ、私たちがこれに関与することはありません。全員の合意があれ ば、この決定は特別の周波数で中央宇宙局に伝達され、災害現場の近傍にいる支援能力を持った宇宙船の乗員に指示され、ただちに行動に移されます。これらす べての手順はあなた方の時間という概念での数秒以内に行われます。

この宇宙のどこであろうとも、このように大勢の人が同じ時刻に同じ状況に置かれて救助、移動、又は死に直面すると言うことが契約の範囲にあることは極めて希な事ですが、マレーシア航空の場合にはこれが当てはまります。私の経験では、これは希なことであり、独特です。


この飛行機に問 題が生じた時にはドミノのようにいろいろなことが起こり、飛行機を制御するあらゆるシステム機能が消失し、乗員と乗客は生き残りの機会がほとんどないか、 全くないことを知りました。ソウルレベルでは、彼等には選択肢があることを知っていました。すなわち、もしも飛行機が破壊されたら死に至り、介入の余地は なく、又は異なる航空機の上で生存を続けるか、です。そのレベルでは、全員一致の選択は生命の継続であり、彼等の契約変更の段階に入り、全ての原則が承認 されました。この情報は管理局に送られ、救助実行の許可が操縦担当乗員に与えられました。もしもその航空機上の誰かがソウルレベルで別の飛行機に移るので はなくて死を選択したとしたら、自然現象としてその場所で死と言う事態が起こり、人はニルバーナに送られた事でしょう。


ソウルのガイド たちがこのイベントの発生を防止、つまりこの飛行機に問題が起きないようにするか、救助と移動を防止するかは分かりません。物理的な存在にとって可能なこ とが前者の事象を防止出来る事は無く、搭乗していた者全員は後者を選択した事でしょう。彼等の選択は宇宙の法に反する事は何も無かったでしょう。逆に、ソ ウルレベルの決定が他の如何なる考慮よりも優先されます。


マシュー、これで私たちが介入した理由についての誤解ははれると思いますし、他の全ての質問に対するあなたの答えに感謝します。


ありがとう、ア シュター。ここにいる全てのソウルたちに話しをする前に、無時間の連続空間にある私のステーションから、この飛行機の行方不明時点から私の母のそれについ ての質問までの線形の時間をどのようにして判定したのかについての読者の質問に触れたいと思います。彼の質問には”三日前”という言葉が含まれていました が、仮にそうではなかったとしても、この時間は彼女の脳裏にあり、それが私の意識の源だったのです。


その答えがこの自己にもっともふさわしく、ある場合には、他の状況にも当てはまるので、以下の質問を選びました。


アシュターが言 うには、死も別の惑星への移動も乗客のソウル契約の範囲内だということでした。私の印象では何事もソウル契約の範囲外である事は無いということです。もし 契約があるとしたら、あなた方の世界における生涯はカルマのメリーゴーラウンドではなくて理想的なものになったことでしょう。ここの契約は転生以前に結ば れたものであり、転生後にはすぐに忘れ去られ、ソウル契約の中身から180度転換し得る出来事へと繋がる生涯のコース全体を通じて行われる意識的な決定を するのは自由意志に基づきます。


この飛行機の上 の人達は何故宇宙船に移され、地球に戻されなかったのでしょうか?呼吸が出来る高度での空中での移送では、飛行機の乗客の誰も生き残りを保証されなかった でしょう。この飛行機の加圧システムでは、乗員用のものを除いて、低密度の肉体用の特別な呼吸装置を必要とし、飛行機に乗っていた軽い装備の乗客全員に対 しては十分な装置ではありませんでした。上空においては、乗員は多くの点で技術を利用します。時には、彼等は異常な状況では人々の救助を許されています が、それが彼等の存在理由ではありません。ですからアシュターが言ったように、ある緊急事態において非常に多くの人達、この場合には239人のニーズに合 わせる事は希なことです。


もちろん、マ レーシア航空の人達が安全に過ごしている事は喜ばしい事ですが、彼等には特別な支援が与えられ、他の多くの人の場合には飛行機の破壊に任せ、何故救助が行 われなかったのかは分かりません。そのような死に方をしたのはソウル契約の範囲内だったからでしょうか?契約には原因、ソース、死を含む選択経験などにあ る程度の自由度があります。人が航空機事故で亡くなる場合には、生涯の経過における選択が完了したからであり、”事故”による突然の死がやってきます。し かし、それは同じ時に種々のあり方で、例えば自動車事故、落下による致死、雪崩による埋死、など、突然、事故で亡くなるという生涯の間の契約の様相を満た すものになります。同じ事故の中である人たちが生き残るのは契約に従った選択だからです。


マシューに、うちひしがれた家族が結論をさせるように発見出来る場所に航空機の部品を配置するように、どうかアシュターに頼んで下さい。アシュターは私たちが同情するように、この要請には理解を示すでしょうが、光の者たちは何かの真実の範囲内で支援をするだけなのです。


飛行機を別の惑 星に持って行く代わりに、空中にある間に飛行機の修理をするだけの高い技術レベルを何故利用しなかったのでしょうか?彼等の宇宙船上に搭載している技術は 実に優れていて、科学小説の表現の域を超えていますが、あなた方の飛行機のシステム損傷を修理するようには設計されていません。それはパンクを直す能力を 持った携帯電話のようなものだからです。


飛行機の上の人 達が別の惑星に移転したときに、地球上での暮らしの記憶を持っているのでしょうか?持っています。彼等がその土地で生存している間、地球上の時の間の経験 が忘れ去られることはありません。新しい世界での暮らしはもちろん異なるものですが、大きい変化が起きた時には地球上でのどのような暮らしでも差が好まれ ないことはありません。


アシュターはこの人達が移転した先の銀河と惑星の名称を教えてくれますか?それは、あなた方のミルキー銀河の中のアンダルサと言う惑星で太陽系に最も近い惑星であり、最初のメッセージでアシュターが述べたように、いろいろな点で地球に似ています。


飛行機の上の人 達は何故内部地球に行かなかったのでしょうか?内部地球に行けば、表面に戻ることができるでしょうし、家族とも再会出来るでしょうに?内部地球の住民は都 市を形成し、全ての生活条件はより高い周波数レベルにあり、表面の住民が入るには不適で、体が適合しません。もしも内部地球の住民が、表面に行きたいと 思ったら、彼等は周波数調整をしなければなりません。表面の住民の体は数少ない例外を除いては、その意識レベルやスピリチュアルな気づきのレベルに達して いません。


そのフライト上 の人達は一旦非物質化され、地球上のどこかで再び物質化されるということは可能でしょうか?いいえ、不可能です。振動する光のソウルであり、時には追加の 天使支援を要求する必要がある、守護天使たちによって個人を救助するこのプロセスが、あなた方が考える以上にしばしば、行われている間は、人々が物理的な 存在によって救助されることが非常に困難な時なのです。


アシュターが言 うには、彼等はより高い次元への航空機に乗ったということですが、これは人々がフライト370に搭乗したままより高い次元に、例えば五次元に移行したとい うことでしょうか?”アシュターのメッセージの中の”次元”とは位置の事を言っていて、地球上の飛行ルートを超越し、個人の意識の状態や物理的な進化状態 を指すものではありません。しかし、搭乗していたソウルたちは恐れることなく見知らぬ新しい世界での暮らしの体験を選択したのですから、その点では前向き だった事になります。


人々がここに 戻ってくるまで月に連れて行くようなやりかたを取れなかったのは何故でしょうか?彼等を月に連れて行くことは選択肢の中に入っていませんでした。この飛行 機がその状態で破壊されないままだとしても、重大な妥協的な状況の中では、ある長さの時間の間の構造的な形の維持の保証は困難であり、月の環境では乗客は 生き残れなかったでしょう。飛行機が破壊されずにそのままの形を保っていたとしても地球に戻ってくるまでの間、酸素の供給が続かなかったでしょう。


アシュターが言 うには、他の者も救助されこの惑星に連れて行かれたとのことです。これらの人達は誰で何故彼等は救助の必要があったのでしょうか?強烈なエネルギー渦が乗 り物の制御装置での操縦を不可能にした時に、あなた方がバーミューダトライアングルと呼んでいる地域にいた小さい飛行機又はボートの中の人達の救助が許可 されました。同じ理由で地球上のいくつかの強力なエネルギー渦の中で救助が行われたことがあります。チャレンジャーの宇宙飛行士たちは、宇宙服に身を固め ていて空中での移送が可能だったので、爆発前にスペースシャトルから救助されました。あなた方の世界における感覚ではこの爆発では誰も救助されないので、 意識レベルでもソウルレベルでもシャトルの乗員たちはその惑星への移動を選択し、生涯というスパンで種々の契約条件を満たすことにしました。


これはどのような種類の惑星でしょうか?それは四次元、 あるいは五次元の惑星でしょうか、全ての私たちライトワーカーが辛抱し、待っている時に、これらの人達が三次元の暮らしからこれほど急速に離れてより高い 次元のプレーンで暮らすことが可能なのでしょうか?この惑星は位置的には四次元の高次元側の端に位置し、スピリチュアルにも意識的にも進化しており、ほと んどの住民は、三次元のより高い側から、四次元のより高い側の範囲に、ごく少数の者は五次元、あるいは六次元にいます。全てのマレーシア航空機に搭乗して いた者はこの次元範囲にいます。ライトワーカーたちは地球の光に貢献する場所だけを選択するのではなく、自分の進化状態を進めるような選択をしました。耐 えるとか待つというような考えは止めて下さい。そうではなくて、むしろポジティブに、他者の暮らしの善、あなた方に対しての貢献を考えて下さい。

私たちはいつもソースがあらゆる場所のあらゆるものの中にいるので、ソースが存在していない場所はなく、あらゆることを総合的に制御していると聞いています。ソースは毎日奇跡を起こしています。この場合にはどうでしょうか、 もしも飛行機に乗っていた人達についてそれが死の時ではなかったとしたら、ソース瞬間的にこの飛行機についてうま くいっていなかったことを正し、ごく普通に着陸させていたでしょうか?私たちが神である、この宇宙に存在するあらゆるものであるソースに彼が私たちに言い たかったことが何かを尋ねたとしたら、彼は自分のためにしたのだと言ったことでしょう。


神が言うことは、私はこれを行ってハッピーだと言うこと です。親愛なる子供たち、私の全ての子供たちよ、遠い、遠い昔に、私はこの宇宙を動かし始め、なめらかに動くように法を定めました。それ以来、私は人の自 由意志は人がどのような選択をしようとも尊重されなければならないので、お分かりのように、私が全てを支配している訳ではないのです。

もしもあることが奇跡と思われるのだったら、私がその奇 跡の仕事を代表して行います。天使、スピリットガイド、善意のETとか、何と呼ばれようが、無数の私の使徒たち、がそれについて素晴らしい仕事をしている ので、私は脇によけ、天体を軌道上に維持し、宇宙のバランスを保つような事を取り扱いましょう。又私の全ての子供たちが泣きたければ共に泣き、子供たちが 喜べば喜び、常に大ファミリーの中の全てのソウルに無条件の愛を注ぎます。私たちは永遠に一緒なのですから、相互に愛し合いましょう。

以上、マシューより。ありがとう神よ。            ホームへ戻る