マザーからのメッセージ 2014年9月11日                ホームへ戻る 

A message from Mother

http://aishanorth.wordpress.com/2014/09/11/a-message-from-mother-3/

Channeler:Aisha North


皆さん、このチャンネルを通じてまたお話することがで き、たいへん嬉しい限りです。親愛なる皆さん、もう一度言いましょう、元気をだしてください、喜んでください。この時代、この時期にまさかできるとは誰も 思いもしなかったことを、皆さんはあっという間に達成したのですから。皆さんは前に進み出て私の肩にかかっていた闇のマントを取り払ってくださいました。 と同時に、古き世界へ繋ぎとめていた錨から私達皆を解き放ち、私達は自由になったのです。いまや私 達は明日という恵みの水流の中をのびのびと帆走することができます。長年の間隠し持っていたグレイトネスから、もう離れなくてもよいのです。共に広大に開 かれた愛・希望・喜びという水の中を共に泳いでゆきましょう。皆さん、解放を実現してくださったことに私はとても感謝しています。


皆さんは秘密を保持する者という役割を捨て去り、種を蒔 く者・見る者という役割を引き受けましたね。そう、この惑星中を縦横に飛び回る翼をもった存在、皆さんはキラキラ輝く色とりどりの存在ですから、目を空に 向けた者は誰でも皆さんの壮麗さを見ることができます。そして皆さんが輝けば私も輝きます。もう、本当の私を隠したりはしません。皆さんと私で共に姿をあ らわし、この壮麗さにハートを開こうと決めた人々のハートに光を灯してゆきましょう。そう、誰でも願いさえすれば同じように壮麗に輝くだけにふさわしい存 在なのです。私なるすべてをもって、感謝いたします。私を解放してくださり、皆さん自身を解放してくださったのですから。私達は、皆さんが思いつくすべて の形において一つです。皆さんが私の中にいるように、私は皆さんの中にいます。そしていま、私達は一つとなり、もう二度と離れることはありません。光は新 たな活力を得てさらに輝くことでしょう。自由の合図は放たれ、はるか彼方まで遠く広く伝わっています。それはまるで細いクモの糸でできた翼のように飛んで いますが、この翼はたいへん強力です。全人類を乗せてはるかなる高み、皆さんが向かっている神秘と至福の高みまで連れてゆくこともできるのですから。


そう、変化の翼は今後も皆さんをどんどん高みへと上昇さ せてゆきます。私も一緒にです。私達は上昇する愛の螺旋運動を続けます。どんどん上へ。これから皆さんは大きく羽ばたきながらこの惑星上の魂一人一人にも 同じ可能性を与え、そうして皆を持ち上げてゆくのです。もう地面にを下ろす必要はありません。よ り多くのハートが開くにつれ、これらの風はもっとスピーディに彼らを持ち上げてゆきます。もう不要となったすべてのものからどんどん離れ、上方へと飛んで ゆくのです。大昔前に始まったこの冒険物語の展開はどんどん加速しており、ようやく終末が近づいてきました。あの蓮の花が深い根を腐葉土に下ろして活力を 得るように、皆さんはまさにその足の下、奥深くで待ち続けてきた愛と光の宝庫にアクセスしてパワーを得ています。これから皆さんがどれほど空高く飛ぼうと も、この繋がりは決して失われはしないということを覚えておいてください。なぜなら自らのすべてをもって皆さんが翼を広げ、この風を受けとめたとき、皆さ んが踏みしめている地面は足の下で飛翔し、皆さんをさらに高い所まで持ち上げるのですから。


もう一度お伝えします、皆さんが行ってくださっていること、そして皆さんが皆さんでいてくだること、キラキラ輝く光でいてくださることに感謝しています。皆さんは眩しく輝きながら完全な虹を作っています。この純粋な 光の反射を皆さんは受け取り、また永遠に流れる幸福の蔓の流れの中に放ち続けています。それはこの地球を優しく撫で、触れてくるすべての人々のハートを抱 擁することでしょう。ここまでにいたしますが、どうぞ私の愛に満たされた抱擁と感謝の中にいてください、これは決して枯れることはありません。また私達の 間を流れる永遠なる光の川も決して枯れはしません。ですから空を見上げ、ハートを空高く、地平線のずっと上まで飛翔させてください。私達で一緒にどんな高 い山にも負けないくらい高くまで飛んでゆきましょう。山頂まで達したら、さらに上空へと羽ばたいてゆき、あの彼方にみえる青い線も越えてゆきましょう。親 愛なる皆さん、もう何があろうと私達は止まりません。私達は永遠に一つ、永遠に自由です。

:::

落ちたらどうしよう?

まぁ、あなた。でも

飛べたとしたらどうでしょう? 


以前、Katjaがシェアしてくれたこのイメージをもう一度投稿します。今日のメッセージにピッタリでしょう。Katja、ありがとう!

(翻訳:Rieko)            ホームへ戻る