共和国軍の世界通貨改革(GCR)へ の動き 2016年2月20日                                                ホームへ戻る

http://www.ascensionwithearth.com/2016/02/the-republic-military-moving-into.html#more

Saturday, February 20, 2016

The Republic Military Moving Into Position for the Global Currency Reset - February 20, 2016


種々のソースから多くの情報/噂が出てきつつある。先週ARTが言うには暫定共和国大統領のジョセフ・ダンフォードに対しての失敗に終わった複数の暗殺事件が起きた。今週、Yosefは共和国軍の動きについての最新情報を提示している。暫定大統領のジョセフ・ダンフォードに率いられ、中国、ロシア、ペンタゴンのホワイトハットと協力している新共和国軍は、世界通貨改革と新/復活共和国宣言に向けて配置を固めているように見られる。


Yosefは又、米国企業のCEOであるバラク・オバマが2013年8月にはすでに中国に降伏しており、共和国への平和的な移行を行うと思われる、との追加情報を提示している。


以下はYosefの特別情報をユーチューブに編集したものである。

https://youtu.be/mP3DzeA8DAA


又、さらに2月19日に行われた最近のWSOMN会議についての速報が、WSOMNのウエブサイトに見られる。

http://wsomn.activeboard.com/


この会議の詳細は、数時間の長さで、オーディオは下記のリンクで聞ける。

http://events.attendthisevent.com/Flyer/?eventid=81103836


以下は、抄録である。


Yosefは諜報部門の内部の者とコンタクトした。

先週には大きい軍隊の動きがあった(2016年2月8日)。

新共和国軍はアパッチヘリを配置するために数日間を費やした。

これは誰をも怖がらせることはなかった。

平和がほしければ新共和国軍と米国企業軍との間の戦争に備えなければならない。

新共和国、ペンタゴン、中国、ロシアはすべてがこの”イベント”に協力している。

16年間の準備の後のこのGCRへの流れを止める可能性があることは、カバールによる”新世界秩序作戦”によるもう一つの偽旗作戦である。

前回、大改革が計画されたが、2001年9月11日に偽旗攻撃が行われた。

電話をかけてきた者はYosefの情報を確認した。この者は昨晩3機のヘリがフロリダで飛行しているのを見た。軍隊が言うには、アメリカ人の保護のためにここにいるとのことである。

Blondieは、テキサス州のダラスでは、チャイヌークヘリを伴う軍隊の動きが見られたとの文面の文書を受け取った。

Yosefの説明では、ウェルズ・ファーゴ銀行は新共和国の財務担当として機能するとのことである。

新 共和国の財務部門は、ネヴァダ州レノに基地を置き、前海軍潜水艦隊司令官の提督が新共和国の財務長官になる。この提督は新共和国の支払い責任者になる。中 国の長老は、以前核兵器を発射しなかったということからこの提督を信頼し、今では彼による新しい金の裏付けがある米国財務省発行紙幣(USN)とディジタル紙幣(TRN)の支払いを信頼している。米国は2015年4月以降不換通貨に依拠していない。Gerryが言うには、イラクディナールの独立換算レートは1ディナール当たり80ドルである、と。Yosefが言うには、自分には800京ドル(quintillion dollars )を保有するクライアントがいる、と。


イラクディナールは印刷過剰で、ディナールに関係する問題は過剰印刷にかかわる問題である。ジンバブエドルはより制御が容易である。世界にはアフリカの前進と、地下資源を利用した成長による助けが必要である。


USドルは2012年に崩壊した。国際法廷に提訴され、2014年まで解決に時間がかかった。2013年の8月にはカリフォルニア州のランチョ・ミラージュでUSA企業は最大の債権者である中国に降伏した。中国の習近平総統と米国企業の大統領であるバラク・オバマが米合衆国への平和的移行を行っている写真がある。


銀 行家は金の裏付けがある通貨の発行量が少ないという情報を流して期待を裏切ろうとし続けている。中国の長老の指令によって、全ての銀行は米国に対する全て の債権を解消しなければならない。ジンバブエ通貨は債券とみなされる。ジンバブエ通貨は20セント急上昇し、今ではその価値が65セントになっている。中 国元は6.5ドルになり、ジンバブエドルと連動している。中国は、ジンバブエドルの裏付けを行っている。


新銀行システムと軍隊の動きは人々を保護すると思われ、共和国とその人民に平和的なマインドを持たせる。償還プロセスは安全だと思われる。