オバマが修正第22条を廃止し、将軍を自宅拘禁している  2014年10月25日                                   ホームへ戻る

http://natonalreport.net/obama-abolishes-22nd-amendment-generals-arrested/

Obama Abolishes 22nd Amendment-Generals Arrested


ワシントンDC- バラク・オバマ大統領が大統領としての権限を発揮して米国憲法修正第22条を廃止し、これに関連する動きとして、米軍の500名以上の将軍を自宅拘禁とし た。この動きは明らかに行政府の絶対権力を強化し、連邦政府の軍事、及び官僚機能に対する力を強化するための試みと見られる。オバマ内閣からでさえ、逮捕 者が出ている。副大統領のバイデンは彼のオフィスから強制排除された。ビル・アイレスは大統領側についている。


シークレットサービスはホワイトハウス周辺で戦略的配置を取り、暴動の可能性に備えている。オバマはティーパーテーの指導者リストをIRSから取り寄せ、政治的な報復に備えている。


大統領は全米 50州の知事を招集し、目に見えない部分での彼の意図を徹底するビデオ会議を開いた。二人の知事、スコット・ウオーカー(共和、ウイスコンシン)とネッ ド・ペリー(共和、テキサス)のみが参加を拒絶した。この二名の反逆者にどのような運命が待っているかは分からない。戦車列と移動砲がウイスコンシン州の マディソンとテキサス州のオースティンに向かったとの報道がある。


1951年に採 択された憲法修正第22条は、”大統領オフィスには誰も二回以上選ばれる事はない。”というものである。議会の共和党のメンバーはオバマがこのような厚か ましい動きをすることを恐れたのだ。しかし、このタイミングは驚くべきものであり、少数党には反応する時間が無かった。軍隊と重砲が現在米国のキャピトル ヒルと最高裁を取り囲んでいる。ルース・B・ギンスベルグはワシントンでの軍事行動に卒倒し重篤な病気になったようである。最高裁の中から銃撃音が聞こえたとの報道がある。今の所、状況とアントニン・シャリア判事の消息は不明である。


ホワイトハウス の報道官ジョン・ベーマーは明らかにガードに連れ去られた。”私たちは大統領がこの線に沿って考えを巡らしているとは知っていたが、私たち(仲間の共和党 員)は、彼にこの種の行動をとるだけの肝っ玉があるとは考えなかった。”彼の言葉は軍隊が彼のマイクロフォンを遮断し、公共の目から彼を遠ざけた時に突然 聞こえなくなった。


2014年の中間選挙が行われるかどうかは、分からず、行われると信じる理由はどこにもない。オバマはCIAに国内の各州に人を派遣するよう命じた。ある者はこの行動が政敵の逮捕の間は投票用紙と投票機械を押収しておくために行われたと信じている。FEMA(連邦緊急事態管理省)の部隊も移動中で、この時点では目的地は不明である。戦略的収容キャンプが急いで建設され、反体制派の収容の準備をしているのではないかと恐れられている。


首都ワシントンで軍事行動が起きているので、米軍の航空機が多数の飛行機雲を形成している。


更なる緊急ニュースについてはTNRレポートを参照されたい。国家からの報道は他の主流メディア、ニュース報道機関によっては報道されない公式の緊急ニュースの源であることを忘れないようにして欲しい。