UFOの熱心な研究家がオバマの最新のアドバイザーに起用された 2013年12月15日                 ホームへ戻る

http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/ufo-enthusiast-obama%E2%80%99s-newest-advisor

UFO enthusiast is Obama’s newest advisor

Submitted by Rain on Sun, 12/15/2013 - 05:11


オバマ大統領のアドバイザーとして起用されたジョーン・ポデスタはビル・クリントンのスタッフの長だった。彼は2008年にオバマのホワイトハウスへの移転を支援した。彼は又、空想科学に熱心であることで知られていて、政府に、UFO現象についてのあらゆる知識を公開するようにせかす努力をした。


ポデスタは、1993年から、クリントンがオフィスを去るまで、彼のスタッフとして働いた。彼の最終のポジションはクリントンのスタッフの長であった。彼は自分で米国の進歩のためのセンターと称するリベラルなシンクタンクに在籍して政治に影響力を及ぼし続けている。


ポデスタは、空想科学が好きなタイプとして知られている。彼はXファイルをテーマにした誕生パーティーを開催した時にホワイトハウスの中での肌色を鮮明にした。彼は特にテレビシリーズに熱心だった。彼のレベルの者としては、空想科学に興味を持つことは異常ではない。しかし、彼のUFOに対する興味の深さは彼がナショナルプレスクラブの記者会見で、科学者がUFO現象の性状を決定出来るように秘密のUFO ファイルを公開するように政府に求めたことから明らかである。


2002年に ジャーナリストのレスリー・キーンを指導者とする情報自由化連合が空想科学チャネルと共に、ワシントンのナショナルプレスクラブで、UFO問題に関する秘 密についての記者会見を行った。このミーティングでポデスタは、”今は政府が25年以上に亘る秘密記録を開示し、科学者にこの現象の真の性状の決定を助け るデータを供給すべきである。”との演説を行った。彼はこのコメントを幾人もの主要メディアの代表者たちの目の前で発言したのだ。        ホームへ戻る