サルーサ 2012年10月19日                          ホームへ戻る


あなた方は、二元性を通じての旅において、現在の次元を離れて上昇する大きいエピソードが起きる瀬戸際にいます。 これはあらゆることが一時に変化することを意味するのではなく、同じような振動のほかのソウルたちと共にいる、よ り高い次元へと上昇する結果になるのです。この上昇によって、あなた方の経験が調和を保ち、他のすべてのソウルたちとの喜びあふれる関係が得られることに なるでしょう。問題を起こしていたソウルたちは次元上昇の準備が出来ませんから、現在の経験のような荒々しさや争いは良い方向に消失するでしょう。次元上 昇は、真の自己に目覚め、向上したいと切望する者にとってのものです。他の者全てと共に自分が一つのものであることを受け入れられるようになり、無条件の 愛を送り出せるような生涯を生きられるようになった時に、あなた方は準備が出来た者としての完全なサンプルになるのです。


もしもあなた方がまだ準備が出来ていない、と考えるにも関わ らず、次元上昇したいのなら、自分が成功に向けてできる最善のことをして向上に努めてください。今の時点では、あなた方の世界には膨大な量のエネルギーが 投入されていてあなた方自身の方にそれを引き寄せているのですから、あなた方はほとんど準備が出来るまでに至っています。そのエネルギーは少しめまいがす るような、体が軽くなるような感じでしょう。そのほかの条件としては、自分がまさに病気になりそうに思わせられるものがありますが、それも影響無しに過ぎ 去ることでしょう。あなた方は、破滅的な力に直面しても制御を失なわずに済む能力があることが分かるでしょうが、それはこのようなレベルに至らせる感情の 順応性によるものです。同時に、あなた方は他の人たちが自分の存在から恩恵を得るモデル的な例になるでしょう。


光が指数関数的に成長してゆき、あなた方を今ま でよりも早く前進させます。光は2012年12月21日に最適化され、母なる地球の次元上昇を起こし、全ての準備ができたソウルを地球と共に次元上昇させ ます。その時までには、異なる道を取る者たちの安全と未来が再び保証されていることでしょうし、全ての事は宇宙の法に従って順当に進行するでしょう。全て のソウルが同じような振動になるまで上昇はできません。全てのソウルは支援を受け、次元上昇の時までには一人一人が何が起きるかを知るに至るでしょう。サ イクルが終わると、あなた方をより高い次元に連れてゆくための努力の場としての旅の次の段階が開始される自然の変化が起きます。この機会は、常に全てのソ ウルに与えられます。


ある程度は、暮らしは以前と同じように続きますが、既に避け がたい変化の兆しが見られます。どの程度の苦悩が生じるか、如何に迅速に政府が新しい行き方に適応するかは、あなた方の政府次第です。もし私たちがデスク ロージャーを試み、地球上に姿を表したら、イルミナティは私たちに敵対して、軍隊を利用するとの案を提起しましたが、軍隊の力でも、変化を遅らせることは できません。私たちはこのような脅迫には容易に対処できますが、あなた方に影響を及ぼすような条件を作り出したいとは思いません。私たちはすぐにでもデス クロージャーに踏み切りたいのですが、平和的な背景がなければなりません。しかし、デスクロージャー宣言を支援する国が複数ありますので、デスクロー ジャーは思いもかけない時に行われる可能性があります。


あなた方がこれ程長い間辛抱をしたので、これは大いに評価さ れますが、今は非常に、非常に間近にイベントが進行中になっている時です。私たちは準備を済ませていて、私たちが前進できる素地を地球連合が作っていると 信じています。その時までは、通常通り行動し、その時が来たら物事を素直に受け止めるようにしてください。やがては、ある人たちの不都合はいや増すにもか かわらず、あなた方のあらゆるニーズは満たされるようになるでしょう。私たちは何が起きそうかを熟知していて、事態を完全に把握しています。非常に長い 間、私たちはあなた方を気にかけ、進む道を導いてきましたので、今ではかつて無かったほど存在感を示そうとしています。私たちに対する脅威が排除させるま では依然として宇宙船の姿を表すことはできません。一旦可能になれば、あなた方全てに挨拶をするために晴れ晴れと姿を表すことになるでしょう。


UFO目撃の初期の頃には、私たちは普通の人た ちとしばしば面会していましたが、この人たちの経験は意図的に隠蔽されました。私たちはこの人たちを太陽系の周辺にまで案内し、他の惑星にも知的生命体が 住んでいることを証明しようとしましたが、それでも、詳細は隠されて明らかにされませんでした。デスクロージャーと共に、証拠は、完全に否定不能になり、 あなた方には私たちのシステムからだけではなく、他の星間系からのヒューマノイドが紹介されるでしょう。私たちはあなた方とは非常に長い間離れていたの で、あなた方と会えると思うとわくわくします。


光の銀河連合は、軍事的な構成ではありません が、宇宙の中には、私たち自身を彼らから守る必要がある勢力もいます。彼らのほとんどはレプティリアングループの闇の者たちですが、平和的な意図を持つほ かの勢力に、急遽光の銀河連合に参加してもらいました。銀河の歴史では、文明間の大きい戦争の話はたくさんあります。しかし、そのような時代は終わり、戦 争を好む分派の間でも平和が宣言されたので、私たちの義務の一部は、平和を維持することにあります。地球上には、私たちが訪問したことがあるという証拠が みられますが、それらの本来の姿が認識されているわけではなく、認識されている歴史に適合しない部分は無視されていて、実際、あなた方の歴史の多くの部分 はフィクションであり、真実とは似ても似つかないものです。事実を知ることが大切ですので、このような部分が、私たちが手がける分野になります。


イベントが今にも起きるようですので、前をしっ かりと見据えていれば失望することは無いでしょう。闇の者たちがあなた方へに対して意図していたことの実行に関しては、終わりになります。彼らは牙を抜か れた虎のようなものですが、依然として完全な排除までは、接触を避け、鎮めておかねばなりません。多くの人は、誰がリーダーかを私たちと同様に知っていま すが、私たちは彼らを二度と立ち上がらせません。彼らはいまだにお金で時を買っていますが、あなた方に対する犯罪の裁判から逃れる自由をお金で買うことは できません。彼らが以前と同様にことを続けたいという欲求があるとしても、態度を変えて自分たちの記録を多くのよいことで埋めるのには遅すぎるということ は無く、自分たちの記録をよいものに出来るでしょう。


私ははシリウスのサルーサで、真夜中の時間にチャイムがなり始めるのが見られ、カウントダウンは始まっています。ですからもうしばらく冷静さを保ては、全ては待っていた通りになるでしょう。神よ、あなた方全てに祝福を垂れ給え。


ありがとうサルーサ、マイク・クインシー。                       ホームへ戻る