サ ナンダ・・・2015年10月27日 地球は変化の最中である                                               ホームへ戻る

http://CosmicAscension.org

Earth is undergoing Change Over a Message from Sananda through Elizabeth Trutwin, October 27, 2015


満 月の夜中に今晩は。こちらはサナンダでエリザベス・トゥルートウインがチャネリングをしています。あなたに今見られている地球の変化についてお話しをし、 この瞬間に至った歴史の理解を助けたいと思います。地球は今変化している最中です。これは、より高い密度の次元では不可能だった技術の利用が可能になる惑 星に起きる向上に関することです。このうちで最も重要なことはゼロポイントにおけるプラズマエネルギーの利用です。プラズマエネルギーは4つの基本的なエ ネルギーの状態のうちの一つです。このほかには個体、液体、及び気体状態があります。プラズマエネルギーは、身体、食品、空気及び水のような地球上のすべ ての物質について見られます。それは動力源、力であり、イオンエネルギーでもあります。


エー テルエネルギーとは一つのタイプの非常に細かい物、あるいは物質のことを指します。それは私たち全ての周囲にあり、この宇宙全体の物質と空間に存在しま す。それは近代物理学の用語での波動と粒子のタイプのエネルギーです。それは実際にはある範囲の周波数のエネルギーであり、単一の周波数のエネルギーでは ありません。エーテルエネルギーは気、とも、力、プラーナ、及びそのほかの名前でも呼ばれています。エーテルエネルギーは一人の者から、別の者に種々の ヒーリングテクニックまたは伝送テクニックを用いて伝送されます。これらはエネルギーの交換です。エーテルエネルギーは神のソースとも呼ばれています。そ れは私たちが生きている時に体を生き生きとさせ、私たちが死亡する時には体から離れてゆきます。プラズマエネルギーは物質のほかの状態とは違った特性を示 します。私たちは物質宇宙の中にいます。非常に多くの荷電物質が電気伝導性を持つプラズマエネルギーを作り、電磁気場に対して強く反応します。ガスのよう なプラズマは容器の中に入れられない限りは具体的な形状あるいは体積を示しません。プラズマはこの宇宙の中で最も自由な形態を示す物質です。プラズマエネ ルギーとエーテルエネルギーは全く同一のものです。5次元の地球はプラズマエネルギーとゼロポイントが可能なエーテルレベルに達しています。


エーテル体は光のプラズマボールである

は ぼ4億5000万年前に母/父なる神が一緒にきて突然、この宇宙の中の意識全体となる数兆の数兆倍組ものツインフレームソウルを創り出しました。これらの ソースエネルギーのきらめきは意識という光のボールとして存在し、プラズマエネルギーと考えられます。これらの光のボールは非常に長い間に亘って光として 母/父なる神と一緒に移動し、集合意識、存在のすべてとして7つのスーパー宇宙、惑星、恒星の創造を助けました。あなた方の内側は創造主です。あなた方が そうなのです。あなた方の思考は次の瞬間を創造します。全てのあなた方は宇宙ホログラムの中で繋がっているか、あるいはあなた方の思考による構築物なので す。これが地球外生命体(ET)が会話をせずに意思疎通する理由です。彼らの思考は光の速度で移動します。


7 つの超宇宙のうちの6つは光物質宇宙です。この7つのうちの一つの超宇宙は暗黒物質宇宙です。私たちの宇宙であるネバドン、ミルキーウエイ銀河と地球は暗 黒物質宇宙の中に存在し、全ての物体は私たちの体を含むすべての生命を構成するプラズマエネルギーのソースである太陽光に照らされます。太陽の背後には太 陽があり、これはセントラルサン、あるいはアルシオンと呼ばれる”形而上的な”太陽であり、私たちの太陽であるソルから地球へと移動するソースエネルギー を供給します。ソースである太陽、私たちの体、及び、この物質宇宙の中の全ては、プラズマエネルギーと呼ばれるエネルギーで生命が与えられます。それは知 性の感覚ある源です。ケッシュファウンデーションが実現した新しいフリーエネルギーはプラズマエネルギーの感覚を持ったソースです。おめでとう、地球とそ の上のすべての者たちよ。あなた方はこれが可能なレベルにまで進化しました。それは宇宙の中の最も豊富にある物質なので、無限、自由であり、6インチ8 インチの箱の中に組み立てられた時には、暖房、加熱、冷房及びポータルエネルギーを含む多くの応用に用いられます。スターゲートはポータルエネルギーで す。これは物理学が量子物理学と出会う場所で、両者は地球上で友として出会うと合意しているのです。量子物理学は存在のエーテルプレーンのための科学的な 証拠を示せ、エーテル体、もしくはマカバと呼ばれるエーテルの輸送モードに切り替えられます。これは私たち自身という宇宙を移動するための個々の乗り物で す。これらの光のボールはクロップサークルを作るのでしょうか?感覚を持った存在のプラズマボール、それはETなのでしょうか?そうです。


私たちの新しい隣人たち

多 くの星間システムには数え切れないほどの人間の形態をした生物がいます。これらのヒューマノイドは多くの種々の形と大きさをしています。私たちの宇宙全体 で人間は多くの次元に存在しています。未だに3次元に住んでいる私たちと同様な外見の人間もいますし、ほかにも5次元から12次元の間にも人間がいます。 私たちは今でもそうすることができます。私たちはこの宇宙と共に進化を続けるでしょう。それは連続的で終わりのないプロセスです。ある者が5次元に達する と、水と聖なるスピリットから再生すると言われています。これはこの者が12次元のエネルギーへと入るスキルを学んだということを意味します。これは光エ ネルギーあるいはプラズマエネルギーの光伝送が体にエネルギーを与える時なのです。人が舌を口蓋の上部に付ける方法があります。これは”ゲートの閉鎖”と 呼ばれ、光エネルギーが脊椎を通って体に入り、クンダリニーを上昇させ、人間という形態にエネルギーを注ぎ直します。これはマトリックスという映画のなか に取り上げられ、ネオが環状のポータルを作り、光エネルギーの通り道にし、彼の首の後ろに光エネルギーを導入させます。こうすることによって、彼らは”プ ログラムを動作させられ、”船をマトリックの中に導き入れられます。内なる作業をいとわないすべての者には、12次元のエネルギーに達するために必要な方 法と、100年以上生存する生き方が得られます。


地球における歴史

地 球は生命の豊富さのための特別だと考えられます。この小さい惑星上には数百万種の昆虫、動物、差かな、鳥、ET,人間、植物、鉱物、マジカルな者などがい ます。私たちが暗黒物質宇宙を創造した時、地球上のすべての地点にはいかに豊かな生命が居住でき、戦争は起きないと思われました。不幸なことに多くの戦争 が起きました。ここだけではなく、オリオンやリラ星座のような近隣の星でもそうでした。これらの星座には恒星や惑星が多数見られます。地球は太陽のソル、 シリウスA,およびシリウスBという3太陽システムに組み込まれています。木星がこのシステム中の太陽になろうとしています。


私 たちが暗黒物質宇宙に入った時、私たちはここに来るように強制され、その後、144,000基のスターシップにオーロラサンシステムからオンの光物質宇宙 を通って、ネバドンの暗黒物質宇宙の中に移動するよう命令が発せられました。私たちがここに来なかったとしたら、私たちは死ぬところでした。それは地球上 での今のような混沌とした光景でした。多くの者が生命を失い、ソウルを癒すまで多くの生涯を費やしました。これらのソウルのトラウマは私たちのエゴマイン ドの中に”私はまだ不十分だ、”というプログラムを作らせる助けをしました。”誰も私のことを愛してくれない”、”私は常に正しくなければならない”のよ うな変化もあります。これらは、この戦争の世界を乗り越え、肉体を持ったまま次元上昇をするには克服しなければならない問題です。


私 たちが初めて地球に到着した時には、私たちはオリオンやリラからの避難民としてきました。私たちが到着した時には、元々はオーロラサンシステムから来た者 が、暗黒物質宇宙の中の全ての惑星上で力を持ち支配したいと思ったので、闇に変身しました。この戦いが今日まで続いているのです。地球上では第4帝国を続 けているのはナチスであり、彼らは第二次世界大戦を終わらせていません。彼らはこの惑星を破壊してまでも全てを支配したいという異常なニーズを満足させ続 けようとして、王族に転生し、百万長者、億万長者として身を隠しています。私たちはこの壮大な実験という極性を終らせ、ワンネスに戻ろうとしています。


地 球上で戦争が続いた時、核兵器をも巻き込みました。核爆発のためにアトランティスト大陸とレムリア大陸の両方が沈降しました。地球の大結晶と、プラズマエ ネルギーを利用して、地球とインフラストラクチャーは破壊され、大陸が海中に沈降した時、アトランティス人達は避難民になりました。これらの避難民たちは 内部地球のアガルタネットワークに入り、そこで約一年過ごし、戦争が終わるのを待ちました。これが、アトランティスでは二回、レムリアまたはムー大陸でも 二回起きました。恐竜、魚類、及び鳥類以外のものはほとんど何も残りませんでした。私たちには何が恐竜を一掃し、氷河時代を形成させたかを知っています。 核です。


アシュターコマンドの基地

ギ ザの大ピラミッドの地下深くの王の間と女王の間の間にはアシュターコマンドの基地があります。司令官ハートンはここに駐在しています。地球上の中央アメリ カ、中国のピラミッドの下にはエーテル発電機がありハートンのクルーが毎日監視し、エンジニアリングを実施していますが、これが地軸を安定させ、ポールシ フトを防止している仕組みなのです。このシステムの必要性は、私たちが行った核戦争における核兵器の誤用からもたらされたものです。火星はこのようにして 破壊に至り、これが表面に海洋も海水も無い理由なのです。


ギ ザの基地では昨晩、私たちが地球に到来して以来初めて、この満月のエネルギーの中で144,000基のスターシップが地球を周回し、船上に装備されたET 技術を利用できるように持ち出されました。この144,000基のスターシップは、地下に常に安全に保管され、ゼロポイントに必要な構造を生かすための利 用の時を待っていました。協力の努力に入るにはまだ多くの段階を経なければなりません。昨晩のミッションは技術的に成功し、地球は切り替えモードに入りま した。


切り替えプロセス

2000 年12月20日の冬至には、プレアデス人が地球を完全にフォトンベルトの中に入れるのに成功しました。この牽引ビームとしての動作は地球のミルキーウエイ 銀河の中のコースからのはずれを修正するためのものでした。これによって地球時間で15年の期間をかけて、地球をゆっくりと修正タイムラインの位置に戻す ことができました。このような位置ずれはすべての戦争と破壊によって生じたのです。2012年12月21日には、銀河の中心が宇宙の中心と合致し、サト ヤ・ヨーガに入りました。今、この満月では2015年の冬至に近づき、私たちは待ちに待っていた、全ての逮捕、告知、及び豊穣が見られる機会の窓の中に入 りました。


多 くの人達は大きい圧力を感じ、言われたことがない挑戦を受けています。この宇宙の中の全ては相互に関係しています。この理由はガンマ線が地球を照射し、シ リウスAである地球の第二の太陽との位置関係があなた方自身の中の誤配置に至らないようにするからです。今は証明の時です。静かにしていてください。自分 の課題に挑戦してください。未実行のことに挑戦してください。平和を作ってください。関係を癒してください。あなた方を干上がらせる関係を清算してくださ い。自分の体と一つになり、毎日自分の健康の改善に努めてください。リラックスしてください。瞑想をしてください。幸福であってください。新地球を生かす のに大きい努力をしている人達を助けてください。疑念があるとしたら、私に助けを求めてください。あなた方は孤独ではありません。いつも私があなた方と共 にいます。あなた方は測りがたいほど愛されているのです。