ワ クチンのごまかしが明らかになった 2016年2月5日                                                    ホームへ戻る

http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=39291

The Vaccine Hoax is Over. Documents from UK reveal 30 Years of Coverup

Posted By: Lymerick

Date: Friday, 5-Feb-2016


アンドリュー・ベーカー(FEN)によると、ある医師が英国の情報公開法に基づいて情報を取り寄せたところ、政府の専門家が以下のことを認めた秘密の公文書が明らかになった。


政府の専門家は、

1  ワクチンが有効に作用しないことを知っていた。

2  ワクチンが回避できると思われる病気の原因になることを知っていた。

3  ワクチンが子供に対して有害であることを知っていた。

4  共謀して大衆にウソをついていた。

5  安全研究をさせないように働きかけた。


これらのワクチンは米国において子供に強制されていたものと同一のワクチンである。


教育のある両親でも、子供に対する害を避けることができるか、あるいは、重金属、重要な病原菌、マイコプラズマ、糞便、他種からのDNA断片、ホルムアルデヒド、ポリソルベイト80(殺菌剤)、が多量に含有されているワクチンが、近代医学の奇跡であるという、歴史上最大、最悪のウソの中で暮らすか、いずれかである。


自閉症の息子を持つある医者がCDCに対して米国における情報公開法に基づく情報開示を請求し、CDCにワクチンの危険性を知らせるように求め、CDCは20日以内に情報を開示するよう迫られた。7年後に、この医者は裁判所に訴えたが、CDCはこの文書の公開をする必要はないと強弁した。2011年9月30日に裁判所は、CDCにこの文書の公開を命じた。


2011年10月26日に、デンバーポストの編集員は、オバマ政権が、特に透明性を約束した後で、情報公開法の変更を意図し、ある種の文書の非公開を宣言し、この文書を”非存在”との範疇に分類したことを見出して衝撃を受けた、と述べた。