ブログ                      ホームへ戻る
6月4日(月)    麻賀多神社参拝。アシュターシェランにお願いして周波数署名を登録しました。同行してくれた麻美さんから、アシュターシェランが周波数署名を受け付け、私の住居のそばにある神社にポータルを設定する許可が下りた、と言わわれました。初谷さんもこの神社では、大きなエネルギーを感じたようです。これまで計画していたヒーリング装置は、あまりにも大きく、必要な資金量が大きすぎるので、簡易型を製作中です。これを完成させ、効果のほどを見るのが楽しみです。 

6月 5日(火)  麻 賀多神社での麻美さんへのアシュタールシェランからのメッセージに従って、自宅の近所にある、鹿島神社という小さい神社の社殿、といっても小さい小屋のそ ばの、比較的太い杉の木のそばで、アシュタールシェランを呼び出して、ポータルを開くようにお願いしました。あるチャネラーに聞いたところは、確かにここ にポータルが開かれた、との亊です。ポータルとは、門、玄関という意味で、高次元の世界とのつながりが得られる場所のようです。
イワシ100トンが漁港に打ち上げられる・・・いよいよ地震が近づいてきたのでしょうか?
千 葉県いすみ市の大原漁港で4日、大量のカタクチイワシが打ち上げられているのが見つかった。夷隅東部漁協(関田教永組合長)によると、打ち上げられただけ で100トンに上る規模。県水産総合研究センター(南房総市)によると、県内では 1998年に大沢漁港(勝浦市)で約60トンのイワシが打ち上げられた例があるが、今回はそれを上回るものとみられる。同漁協によると、天敵に追われたイ ワシの群れが大量に漁港に逃げ込み、港内で酸欠状態が引き起こされた可能性があるという。4日は片づけに終日追われた地元の漁師たちは「こんなことは初め て」と驚いていた。同漁協によると、イワシの群れが確認されたのは3日夕。「バシャ、バシャ」と大きな音を立てて大群が漁港内を泳ぎ回っているのを、漁協 関係者が確認した。.4日朝、潮が引いた漁港に漁協関係者らが行ってみると、大量のイワシの死骸が打ち上げられ、足の踏み場もない状態になっていた。漁業 関係者や市職 員らはイワシの死骸をスコップですくい上げて集めたり、重機で運び出したりする作業に追われた。集めた死骸は漁港の敷地内に埋める予定。地元の漁業の女性 (60)は「長年漁業をやって来てこんなことは初めて。海で何が起きたのかしら」と不安げな様子で海を見つめた。県水産総合研究センターによると、イワシ が漁港に迷い込む例は毎年数件報告があるが、これほど大規模なものは珍しい。今年はいすみ市から勝浦市に かけての漁港にイワシの群れが迷い込んだ例が10件ほど確認されて、うち7件で死骸が打ち上げられるなどした。今年はカタクチイワシやイワシを餌とするマ サバの水揚げが多いことから、同センターは「天敵に追われたイワシの群れが漁港に押し寄せたのではないか」との見方を示す。同漁協は「はっきりしたことは わからない」としながらも、イワシを捕食するイナダ(ブリの幼魚)が取れ始めていることなどから、天敵に追われて漁 港に来た可能性があるとしている。また、今回打ち上げられた中にハゼやカニ、ウナギなども交じっていたことから、大量のイワシが一気に漁港内に入り込み、 一時的に酸素が大量に消費されて酸欠状態が引き起こされ、ほかの魚類も影響を受けた可能性があるという。同漁協は、海水の酸素が不足したままだと活魚の運 搬用海水をくみ上げられず、また漁船のエンジンの冷却水を取り込む際に、海中に残るイワシの死骸 を吸い込むトラブルも今後予想されるとしている。市農林水産課は「港の状況をみながら、漁協や県などに相談して対応を決めたい」としている。
(2012年6月5日13時21分  読売新聞)
6 月 6日(水)   午前10時30分から約30分間、光の柱と、女神の帰還の可視化瞑想を実行しました。エネルギーの状態が非常に高いとは感じました。瞑想の最中には、自分がまるでエネルギー体になってしまったような感じでした。
アシュターシェランにポータルを開いてもらったので、ジョギングの途中で、数百年の歴史はあるものの、ほんのちっぽけな地元の守り神 を祭ってある、この鹿島神社の、例の杉の木に立ち寄りました。まずは、杉の木に抱きつきながら、ガイアに、表面に住まわせてもらい、グラウンディングをさ せてもらっていることにお礼を言い、共に次元上昇できることに感謝を捧げました。それから、アシュタールシェランの愛と光と導きを呼び寄せ、完全意識を取 り戻すのは何時ごろでしょうか、と聞いたら、適当な時期にそうなる、との単純な返事でした。要するにETの皆さんは、原則として地球に転生してきているソ ウルは、自主的に活動しなさい、というのが常なのです。
6月 7日(木)   東北大震災は、人工地震だった。http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DkBXwc3faBY#t=44sをごらんください。 
6 月 8日(金)   6日付けのアシュターコマンドのメッセージは、いささか衝撃的だった。 多次元の世界のこと、自分だけの現実がある、とは薄々思って はいたものの、自分の将来は自分で創造するものだと、ああまではっきり言われるとは。今まで、多次元の世界だからこそ、高次元の存在たちは、次元の幕を見 透して、将来とは既に起こったことであるとして、正確な予言ができるものだと信じていたのに、それが覆されたのだから。ということは、高次元の存在による 予言は、自分の将来を正確には言い当てられない、ということなのだろうか。
ヒーリング装置の設計中。ピラミッド型のクリスタルを今日3個購入しました。明日から製作に入ります。完成したら、試運転を行いますが、クライアントの紹介など、皆様のご支援をお願いします。車はもちろん、電車でも搬送できる簡単な装置です。
6 月 9日(土)   大量逮捕が遅れているというニュースにがっかりしています。しかし、カバールが核兵器の使用から切り離され、平和的な降伏による解決 が探られているたというニュースなので、大量逮捕による暴力的な混乱の発生よりもいいか、という感じです。 今日のグレグ・ガイルスさんによる光の銀河連合からのメッセージでは、グレグさんのフェースブック、timeline @ http://facebook.com/greggiles2012に、これから先に行われる、ETとの共同プロジェクトに参加したいという意思表明をしてほしい、とのGFLからの要望が示されています。このエースブックは日本語ですから、皆さん、どしどし希望を書き込んでください。 
6 月12日(火)   9日(土)に、銀河連合からのメッセージで、若さを取り戻す装置を供与する、というものがありました。 私が今製作しているヒーリン グ装置は、それそのものなのだそうです。以前、石に銅管をまきつけたタイプのものが銀河連合から示されましたが、これではあまりにも高価に過ぎるので、簡 易版を教えてほしいと、この装置の形状をチャネリングして教えてくれた人が銀河連合にお願いをした結果、非常に安価なものが出来上がりつつあります。試運 転の結果がよければ、皆さんにご紹介しますから、世間に広めてください。ところで、私は瞑想前のコンファーメーションとして、瞑想の結果ができるだけ早く 現われるように、とある大天使にお願いをしていました。それよりもむしろ、自分の意思をしっかりと表明するという言い方のほうが良いのだそうです。つま り、”神様、全てはうまくいっています。”がいいのだそうです。又、上とのつながりを得たいと思ったら、ハイアーセルフへの質問、という形で、上からの答 えがはっきり分かるような質問からはじめ、だんだんと複雑な質問に進む、という方法がよいのだとか。ところで、だんだんと大きい地震が起きる確率が高く なってきているようです。”栃木の研究者”のサイトが最も良く地震を言い当てているのだとか。試してみてください。
6月13日((水)  先週、米国ミシガン州とインディアナ州の州境にある、二基の原子力プラント、クック、エンリコ・フェルミ原子力プラントで爆発があった模様です。三つの州にまたがって、大音響が継続し、多くの軍事用の航空機
が飛んでいったとのこと。これはおそらくは、カバールによる偽旗作戦であろう、とはある筋の見解です。
6 月14日(木)   今日最終的にヒーリング装置が稼動しました。この装置は簡易型ですが、一旦エネルギーを注入すると、その後、何もしなくてもエネル ギーを発揮できる優れものです。まだ試運転の段階ですが、そのうちに皆さんにご紹介できると思います。とりあえずは、すごいパワーだ、という感触です。
6月16日(土)   コブラ、という信頼できる米軍関係の内部告発者をゲストとするラジオ番組、http://www.blogtalkradio.com/inlight_radio/2012/06/14/the-light-agendaで、 6月21日までとう、カバールの降伏受け入れ期限が設定されている、とのことです。 月曜日18日には、ヒーリング装置を今後どのように製作し、皆様にお 届けしてゆくのか、私たち内部の話し合いを行います。入手したいという希望があれば私のメールアドレス、t1234c@mail.goo.ne.jp宛 て、お知らせください。
6 月18日(月)   残念ながら、都合によりヒーリング装置に関する打ち合わせはできませんでした。コブラの報告や、プレアデスからの情報では、カバール の降伏期限が6月21日に設定され、降伏しなければ天の介入があるとのこと。天に介入というのは、この場合には、カバールのメンバーをセントラルサンに連 行し、そこで非物質化をおこなって、完全に消滅させることであるようだ。
6 月28日(木)   うれしい知らせです。ようやく大量逮捕が始める、という青信号が出ました。待ちに待っていたこの知らせに、喜びひとしお、と言ったと ころです。7月4日には、米国は全国的な祝賀を行うようです。いずれテレビでこのニュースが報道されるでしょうが、その時に周囲のひとに、逮捕がどのよう な意味を持つのか知らせる用意をしましょう。
7 月 2日(月)   大量逮捕は進行しているようだ。デービッド・ウイルコックという米国の明晰夢による予言家は、ドレークと電話で話し、三人の軍部、又 はペンタゴン内部の者から、大量逮捕の青信号が発せられたという情報を聞いたのに、まだ確信が持てない、との慎重な情報を発したために、ここ数日間は、オ ンラインソーシャルネットワーク社会は、混乱を極めていた。今日は、デービッド自身から、彼の発言は、あまりにも慎重にすぎ、大量逮捕が99%の確率で行 われる、との見解が発表された。光の銀河連合のメッセージからも明らかなように、大量逮捕は、既定の事実として、作戦が進められるようである。今まで、大 部分は真実で、一部だけ嘘の情報を流し、後刻、その一部が実現されない、として情報全体が誤っているとの印象を与えるようにするのが、カバールの陽動作戦 の一般的な形態だったので、デービッドは、これを心配したようである。今のところ、7月4日までには、大量逮捕が行われる、ということが正しいようであ る

7月 4日(水)   カナダでは、カバールの排除後、収入税の免除、サンジャルマンの豊穣化資金の配布、全ての教育の無料化、全ての医療費の無料化、などなどの政府命令が発布されるとのことです。
http: //government.insights2.org/Orders.html  これはまだ速報で、これが実際に発令されたわけではない可能性が高い ものですが、ドレークによるニュースにあらわれたとのことです。このサイトには、実際にアクセスできますが、まだ、発布びが記載されておらず、これからの ことのようです。
7月 14日(土)  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4B7FBfStNQ4  をご覧ください。驚くべきUFOの映像です。

7月31日      約1週間、パソコンのマザーボードの 破損によって、ホームページのアップロードができず、皆様にご迷惑をおかけしました。この間、海岸線強化プロジェクトとして、8月から9月にかけて予想さ れるテクとニックプレートの変動によって起きる津波の被害を最小限に留めるために、世界各地の海岸線に防波堤を築くプロジェクトを開始する、という光の銀 河連合のメッセージがありました。これについては、7月26日のメッセージをお読みください。また、昨日、7月30日のサルーサのメッセージでは、8月4 日以降は、人間の自由意志よりも天の指令のほうが優先する、としてETの介入が示唆されています。8月4日には、オリンピック会場で、デスクロージャーが 行われるのではないか、とのもっぱらのうわさです。

8 月26日(日)   旅行から帰ってきて、急いで、各種の翻訳をこなしています。この旅行の間の地球へのエネルギーの流入は非常に大きく感じられました。 私のクンダリニーは、いまや非常に激しく、体の表面には、部分的に水溜りのような小さいふくらみができて、猛烈なかゆみを感じます。幸いにしてある方から フラワーエッセンスを紹介してもらい、長い間の悩みであったかゆみを抑えることができるようになりました。少しでも目をつぶっていれば、肉体と言う感覚は 消失し、ただのエネルギーの塊になったような感じです。まだ意識の拡大と言うところまでは行っていませんが、何かが私の体の中で急速に進展しているものと 思われます。大天使ミカエルによると、ここ数日の間にはハイアーセルフやソースとのコンタクトができるようになるということなので、楽しみにしています。 ハイアーセルフもソースもこちらから質問を投げかけて初めてコンタクトができる、と言うことのようですので、いろいろと質問を投げかけています。ハイアー セルフと言うよりも自分自身から回答を得ていますが、あるチャネラーに言わせるとそれがハイアーセルフそのものなのだそうです。皆様もコンタクトを試され てはいかがでしょうか。

9 月 6日       http://www.freedomreigns.us/ は、ドレークの昔のホームページで現在は、http: //americannationalmilitia.com/attention/が彼のホームページであることが確認されたので、オバマ逮捕予定の情 報は本物のようです。いずれにしても風雲急を告げている、といったところで、光の銀河連合は、アシュターコマンドからのメッセージも、この栓に沿って書か れている様子です。

9月12日      振動数上昇法。 http: //www.hollowearthnetwork.com/files/2177519/uploaded/ZORRA%20RAISE%20VIBES %202.wmv なるアドレスを開くと、動画のダウンロードサイトが見られます。このダウンロードは5分くらいかかります。
この動画は、内部地 球のマスターである、ゾラ氏による振動数の上昇法に関するものです。動画ではないとしぐさがわかりません。英語なので分かりにくいでしょうが、手の組み合 わせ方、息の吐き方に特徴があります。初めに言っていることは、胡坐をかいて、心を落ち着ける。アジナチャクラ(第三の目)で、右ひざを見た後に左ひざを 見る。その後、両手を組んで、前向けに開いた貝殻のようなポーズを作る。それから、歯の間から勢い良く、複式呼吸で息を4、5回、吹き出す。これを間に休 みを取りながら、4回くらい繰り返す。これを一日に数回行う。というものです。

9月13日(木)   ロンドンの空になんと太陽が二つ見られたそうです。 http://www.youtube.com/watch?v=CoegqtbeR-M&feature=player_embedded をご覧ください。

9 月25日(火)   最近のグレグ・ガイルスによる光の銀河連合からのメッセージの調子が、これまでとは大きく変化し、他者を非難する傾向が強くなってい ます。そのために一部のライトワーカーたちは、光の銀河連合からのメッセージから離反する傾向が見られます。最近の光の銀河連合のメッセージは一回の伝送 量が多く、とても訳し切れませんので、抄訳にしています。それでも十分にニユアンスをお伝えできていると思っています。私としては、善悪は別にして、今の まま、翻訳を続けるつもりです。従って、最終的な判断を皆様にお願いする形になっていることをどうかご了承ください。

9 月25日(火)午後6時半現在、光の銀河連合からのメッセージはありませんでした。今の状況では、偽情報が出回っていて、グレグ・ガイルスまでが疑われて います。エリザベス・トゥルートウインというこの世界の有名なチャネラーでさえも、どうも怪しいようです。しばらくの間はあまり動かずにじっとしているほ うがよさそうです。

9 月27日(木)   今日も光の銀河連合からのメッセージはありませんでした。現在のチャネリングの世界は光と闇の戦いの最中です。お互いに相手を非難し 合っている感じです。もちろん、悪いのは、闇の側で、高次元の存在のメッセージをチャネリングする振りをして、一般の人を自分たちの都合の言いようにマイ ンドコントロールをしています。一見偽情報とはわからないところが曲者です。光の銀河連合からのメッセージもあるいは闇からの偽情報ではないか、と疑う向 きもあるようです。これは突き詰めてゆくと、オバマを支持するかしないか、という争いになっているようです。地球連合、抵抗運動のスポークスマンであるド レークは、オバマは逮捕されるであろう、と言い、あるいはカバールの手先であるかもしれないエリザベス・トゥルートウインは、オバマは光の戦士だと言って います。米国のスピリチュアル界は、圧倒的にオバマびいきですので、ドレークさえカバールの手下ではないか、と疑われている始末です。しばらくは混沌が続 くでしょうし、光の銀河連合からのメッセージも途切れ途切れになる可能性があります。  遺伝子を組み替えたとうもろこしを食べ続けたマウスは、食べていないマウスに比較するとはるかに大きい癌に犯されるという実験結果が出まし た。これを踏まえて、イルミナティとは無関係のロシアのプーチン大統領は、イルミナティ傘下の代表的な企業である、モンサントの製品の輸入禁止を決定しま した。シリアの内戦は、イルミナティが仕掛けた、第三次世界大戦を起こそうとの企ての一環である偽旗作戦ですが、これを中国と、プーチン旗下のロシアが阻 止しています。

9 月30日(土)   今日のグレグ・ガイルスによるメッセージは、衝撃的な失望でした。このメッセージを翻訳するつもりはありません。これは、カバールの 偽情報伝達期間からの偽情報終了(ご親切にも)通知のようなものです。いわく、今までの情報は全て嘘であった、次元上昇などは起こらない、防波堤構築など のプロジェクト情報はでたらめ、等々です。私の直感などは全く当てになりませんでした。ごく最近、マリファナは禁止されなければならない、というメッセー ジを目にして、初めて、これは少しおかしい、と思ったくらいです。光の銀河連合からのメッセージが途絶えたのは25日からで、これはちょうど District of Cloumbia でのTHE UNITED STATESがおかしくなり始めた時期と一致しているので、こうなることは予想されていたことではありました。今まで偽情報を 懸命に翻訳していたわけで、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。この場をお借りして陳謝もうしあげます。

10 -1   10月3日(水)   今日のサルーサは、オバマは必ず再選されると言っています。ドレークは、オバマは逮捕されると言っています。今までの偽 情報であった光の銀河連合からのメッセージはドレークと同じく、オバマは再選されないと言っています。光の銀河連合からのメッセージが偽情報だということ がはっきりしていますので、ドレークも偽だということになります。従って、これまでのドレークの情報は破棄します。

10-2   10月4日(木)   朝礼暮改で申し訳ありませんが、オバマのクローンが逮捕されている、という話があります。そうすると、ドレークの情報は正しい、ということになります。ドレークについてはもう少し様子を見たいと思います。

10-3   10月6日(土)   善意の宇宙人の紹介ビデオが日本語字幕で見られます。  http://www.youtube.com/watch?v=ulWK-Ni-xiw&feature=player_embedded
このユーチューブの画面の右下の”字幕”をクリックすると日本語の字幕が現れます。

10-4   10月7日(日)   大麻は、癌を治す。 http://www.youtube.com/watch?v=OIE2mNlPY9U&feature=player_detailpage
には、癌をわずらい、大麻を使ってこれを治療した人の経験談が見られます。

10-5   10月24日(水)  マイク・クインシーによるサルーサからのメッセージは、次の11月5日まで休みになります。私は、11月7日から、11月23日まで留守をしますので、その間、私の翻訳は一時停止になります。

12-1   

1  数分間、呼吸を整えて心と体をリラックスさせる。エジプトのギザにいる作業グループ、他の世界中のグループとのつながりを感じるようにし、全体が一つのものになるようにする。

2      ポジティブなETの数多くの宇宙船が地球を取り囲んでいて、あらゆる位置、緯度を文字通り覆っている。これらの宇宙船は、カバールに発見されないよう に、裸眼では見えないように隠れている。あなたがいる場所の直上にいる宇宙船に搭乗している乗員とどのような方法でもよいから、とエネルギー的なつながり を持つようにする。

3  輝く 白色光が宇宙船から降りてきて、直接あなたの体を貫通し、地球の中心に達するとのイメージングをする。この宇宙船に降りてくるように招き、あなたの直上で 空中に留まり、どのような方法でも良いから、適切だと思う方法で、乗員と連絡を取る。この乗員に人間の開放プロセスを実施するように依頼する。デスクロー ジャーとファーストコンタクトの無条件の決定を行い、これを乗員に通信で伝達する。144000人がこれを行えば、大きいことが起きる可能性がある。

4  強いエネルギー応答があるかもしれないが、何かの形の物理的なコンタクトがあるかもしれないので、備えをしておくこと。しばらくの間、この乗員とワンネスの状態に留まっていること。 

2013年 
1 月22日  昨日の米国時間21日は、オバマ大統領の宣誓式が行われました。彼の演説では、少数の者の支配を脱却して自由になろう、気候の変動に対処しよ う、戦争はやめよう、などの、私たちスピリチュアルな者の期待に応えるような内容もありましたが、USA CORPORATIONの解体、UFOのデスク ロージャーのような、私たちが期待していることには何も触れませんでした。まだまだ、先は長いようです。

私個人については、クンダリニー がますます強力になってきていて、少しずつサイキックになってきているようです。特に、12月21日、1月13日のようなポータルが開くといわれていた日 以降には、強度が一段階飛び上がったような感じでした。頭の中に光を感じたりすることもあります。私のチャクラは全て開いている、と言う人もいますが、ま だほんのわずかしかサイキックではないので、チャクラが”開いた”とはいえないようです。

私のチャネリングメッセージの翻訳対象の中には、時々、偽情報が混じっていますので、読まれる方各自の峻別をお願いします。

10月17日(木) 米国時間の10月16日午後9時から放送された、Hollow Earth Networkのラジオ放送での、セント・ジャーメインのメッセージでは、世界の通貨の評価変更が開始され、同時に、いわゆる繁栄資金の配布が開始された、との事です。
          この放送は、いつものように、キャサリン・E・メイ博士がチャネラーになって、行われたものです。これを機会にドミノ倒しのようにい ろいろなイベントが起きるから、ニュースに良く注意をすること、と彼、セント・ジャーメインは言ってい          ます。今日はすばらしい日でい くら祝っても祝いきれず、皆が飛び上がって喜びを表現している、とのことです。