「私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私た
ちは待ち望んでいます。」 (ピリピ人への手紙3章20節
          


東大宮福音自由教会
Evengelical Free Church of Higashi Omiya, Saitama, Japan.
牧師: 清岡 卓生
きよおか たかお
Reverend.Takao Kiyooka
副牧師:横田真理恵
Ms.Marie Yokota
<<当教会は伝統的福音的キリスト教プロテスタントに属するもので、統一原理、エホバの証人、
モルモン教などとは一切関係ありません。>>
<所在地・連絡先>
  〒337−0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮6丁目54−12
TEL 048-684-3550 FAX 048-687-8139
6-54-12, Higashi Omiya, Minuma ward, Saitama city, Saitama JAPAN.

今月の暗唱聖句
「キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義
の ために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。」 (ペテロの手紙第一2章
24節)

定例集
集会情報
聖日礼拝
(赤ちゃんからお年寄り
まで)
日曜日 午前10時半
〜12時

月の初めの礼拝の中
で聖餐式が執
り行われます。当教会
の会員籍の有
無に関わらず、イエス
キリストを主と
告白されている方は、
受けることがで
きます。

夕拝
(朝の礼拝にどうしても
出られなかっ
た人の為に)
日曜日 午後8時〜9


教会学校
(幼稚科、小学科)
日曜日 午前9時〜1



教会学校
(中学・高校科、一般)
日曜日 午前9時15分
〜10時

賛美と聖書と祈りの
夕べ
水曜日 午後7時30

〜9時

婦人会
(既婚のご婦人)
木曜日 午前10時30
分〜12時

親子で楽しむ
  絵本の読み聞かせ
と聖書のお話し会
(お母さんと、幼い子ど
もたちのための、
聖書と絵本のおはな
し」し会)
会費:大人100円 子ど
も無料
毎月第3火曜日 午前
10時30分〜12時00分
今週の祈祷会(11/20)
聖 書:出エジプト記2章11〜22節
説教題:「挫折するモーセ」
説教者:清岡卓生師
今週の婦人会(11/21)
聖 書:使徒の働き8章9-13節
説教題:「サマリアでの宣教」
説教者:横田真理恵師
来主日の礼拝(11/24)
聖 書:ヨハネの福音書19章1〜42節
説教題:「十字架につけられ」
説教者:清岡卓生師
讃 美:讃美歌 121番、136番
親子で楽しむ絵本と聖書のお話し会

月に一度、お母さまとご一緒に、幼い子どもたちのため
の、絵本の読み聞かせと聖書のおはなしし会をしておりま
す。0歳から4歳くらいのお子さまの絵本を読んでいます。
おはなし会のあとは手作りのおやつを食べながらほっと
一息。子育てのことなど、ざっくばらんなおしゃべりタイム
です。この時間、お子さまが遊べるおもちゃも用意してい
ます。

毎月第3火曜日 午前10時30分〜12時00分
会費:大人100円 こども無料

(その他一切費用はかかりません)
参加自由:予約は必要ありません。いらっしゃれる時にお
こしください。(詳しくはここをクリック)





チラシの画像をクリックすると大きく表示されます。



お知らせ

当ホームページは順次、新しいアドレスに移動していきま
す。新しいアドレスは
こちらをクリックしてくだされば移動しま
す。こちらもしばらくは更新いたしますがアドレスの変更をお
願いいたします。

今週の礼拝メッセージ


「聖霊によりて」

マタイの福音書1章18〜25節 メッセージを再生

説教要旨:イエス・キリストの誕生について告白されます。

(1)神のみ業
 @旧約聖書に預言されていた
 A神に不可能はない
(2)聖霊によりて宿り
 @聖霊の働き
 A神が人となる
 B罪なき者
(3)処女マリアより生まれ
先週のメッセージを再生

管理者より
○礼拝メッセージを聞けるようになりました。説教要旨にリンクがあります。

○礼拝や、祈祷会、教会学校などの様子がわかるようなホームページを準備中です。
●このホームページに関するお問い合わせは、教会内外にかかわらずメールを通じて直接担当者へ
ご連絡ください。
●このホームページ上にある、文章、画像、その他のデータの著作権は宗教法人である当教会が所
有するものであり、許可のない一切の転用、引用を禁止します。
●リンクに関しては、キリスト教の伝統的福音主義に基づいた、主イエスキリストの福音伝道を目的と
した教会、団体、個人の方のホームページの場合はフリーです。ご自由にどうぞ。それ以外の場合
は、必ずご一報ください。