1. TOP PAGE>
  2. FRUIT

FRUIT -フルーツ-


甜瓜(メロン)

ヨーロッパから洋種メロンがもたらされたのは明治初期のこと。その後、温室を使ったメロン栽培が始まりました。
現在はハウスやトンネル栽培が主流で、温室で作られているのは高級品です。
皮の網目は、果肉が肥大する際に果皮がはじけてできたひびがかさぶた状になったもの。これがあるものをネットメロンと呼びます。代表的な品種はアールス、クインシーなど。プリンスメロンやハネデューは、ノーネットメロンです。
その果肉の色から「青肉」「赤肉」「白肉」の3つに分類されます。

全体に張りがあり、尻部に弾力のある柔らかさが出ているもの。ネットがある品種では、果面全体に満遍なくきれいにネットが入っているもの。
選び方 品種特有の形で、左右対称で変形していないもの。
大きさ 品種特有の大きさで、手で持つと見かけより重いもの。
果面 中玉で、持つと見かけより重く感じるもの。
香り 品種特有の香りが出ているもの。
保存方法 熟すまでは常温で、食べる直前に冷やす。カットしたものはラップをかけて冷蔵庫で。
期待される効能 利尿作用、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病予防、がん予防(赤肉メロン)、風邪予防(赤肉メロン)
メロンに含まれるカリウムの量は果物の中でも特に多く、高血圧や動脈硬化などの予防効果が期待できます。カリウムには水分バランスの調節をする働きもあり、利尿作用やむくみ解消にも効果的です。
また赤肉メロンはβカロテンの含有量がとても多く、老化を予防する抗酸化作用やがん予防にも効果があるといわれています。赤肉メロンはかつては日持ちが悪く独特のカロテン臭がありましたが、現在は改善されて味も日持ちも大きく向上しています。
豊富に含まれるβカロテンには風邪予防にも効果があります。
【お取扱い品種】マスクメロンタカミメロンキスミー

葡萄(ぶどう)

栽培の歴史は古く、およそ5000年も前から。その品種は1万もあるとされ、世界中の広い地域でもっとも多く生産されている果物です。
世界のぶどう生産量の約8割がワインの原料として消費されているのに対し、日本では栽培されたものの約9割が生食用。巨峰、デラウェア、ピオーネが人気の品種です。
ぶどうには巨峰のような黒皮、甲斐路のような赤皮、マスカットのような緑皮の3種があります。黒皮と赤皮のぶどうには、抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれています。

選び方 形が整い、脱粒していないもの。
果粒 張りがあり、果粉がきれいについているもの。潰れや割れがないもの。黒系や赤系品種では果皮色が濃いもの、緑色系品種ではやや黄色のもの。
太く、皺がなく、褐変していないもの。
保存方法 ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で2~3日。
期待される効能 疲労回復、眼精疲労改善(赤ブドウ)、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、がん予防
ブドウの皮には、眼精疲労や活性酸素の除去に効果があるとされる「アントシアン」が多く含まれます。アントシアンはポリフェノールの一種で、悪玉コレステロールの発生を防ぎ血液をキレイにする働きがあるといわれています。そのため、動脈硬化やがん予防にも期待ができます。デラウェアなどの赤ブドウには、発がん抑制作用を持つといわれる「レスベラトロール」というポリフェノールも含まれています。
また、果実に多く含まれるブドウ糖や果糖は疲労回復に効果があるので暑い夏のエネルギー補給に最適です。
【お取扱い品種】巨峰デラウェアオリンピアピオーネシャインマスカット

桃(もも)

全国の遺跡から種が発見されていることから、弥生時代には食べられていたと考えられています。
本格的に栽培されるようになったのは、明治になってから。中国やヨーロッパから品種が導入され、日本各地で様々な品種が生まれました。
魅力はなんといってもその食感。果汁たっぷりで、とろけるような日本の桃は、世界でも高く評価されています。
また、桃の葉は、肌の荒れを抑える効果があるとして、昔から利用されています。

選び方 表皮 表面全体に毛があり、傷や褐変がないもの。果底部まで着色し、青味が残っていないもの。
果形 豊円形で変形していないもの。
大きさ 中玉で、持つと見かけより重いもの。
香り 品種特有の甘い芳香を放つもの
保存方法 熟していないものは常温で追熟。冷やしすぎると味が落ちるので、食べる寸前に冷やしましょう。
期待される効能 便秘改善、美容効果、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、冷え症改善、二日酔い予防、がん予防、老化予防
桃の食物繊維には整腸作用のあるペクチンが豊富なので便秘改善に効果が期待できます。便秘は肌荒れやストレスにもつながるので、美容効果としてもよいでしょう。
カリウムは血圧を下げる作用があるので高血圧予防としても有効。特に大腸がんの予防には食物繊維の摂取も効果があるのでおすすめです。また、冷え性や二日酔いによいとされるナイアシンも比較的多く含まれています。
ポリフェノールの一種であるカテキン類も含まれ、がん予防や老化予防にも期待できます。桃の場合、表面のうぶ毛を洗い落とし、皮ごと食べることでよりたくさんの栄養を摂れるのでぜひ試してください。
【お取扱い品種】山梨白鳳日の出

梨(なし)

日本では弥生時代に栽培が始まったといわれ、『日本書紀』にも記述があります。
日本で食されているなしには「日本なし」「西洋なし」「中国なし」の3種があり、国内生産量は日本なしが圧倒的。様々な品種が作られていて、皮が褐色のものを赤なし、黄緑色のものを青なしとよんでいます。
ちなみに、なしが「無し」に通じるので「有りの実」と呼ぶことも。

選び方 赤なしは軸の反対側の尻の部分まで褐色に着色しているもの。青なしは黄色地にほんのりと緑色が残っているもの。
左右対称で変形していないものが、部位による味のバラツキが少ない。幸水等は腰高の果実よりはやや偏平のものが糖度が高い。
大きさ 中玉で、持つと見かけより重く感じるもの。
皺がなく、弾力性があるもの。
保存方法 ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で1週間。
期待される効能 便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、利尿作用、咳止め
梨は水分と食物繊維が比較的多く、便をやわらかくする糖アルコールの一種「ソルビトール」を含んでいるので便秘予防効果があります。また、カリウムは高血圧予防に効果があり、梨に含まれるアミノ酸の一種の「アスパラギン酸」は利尿作用に有効です。
東洋医学では梨の絞り汁が咳止めに効果があるといわれています。
【お取扱い品種】幸水

林檎(りんご)

人類が食した最古のっ果物がりんご。その起源はおよそ8000年前といわれています。日本での栽培は明治時代に始まり、戦後、接ぎ木技術の進歩にともなって、品種改良がさかんにおこなわれるようになりました。
栄養価が高いことから、欧米では昔から「一日一個のりんごは医者を遠ざける」といわれてきました。

選び方 果実全面に着色し、尻の部分に緑色が残っていないもの。無袋またはサンと表示してあるものは、着色が鮮明でなくても食味は優れているものが多い。また、つがる等の早生種は全面に着色していなくても、緑色が抜けていれば完熟しており、おいしい。
左右対称で変形していないものが、部位による味のバラツキが少ない。
大きさ 中玉で、持つと見かけより重く感じるもの。
表皮 張りがあり、指で軽く弾くと澄んだ音がするもの。
皺がなく、弾力性があるもの。
香り 品種特有のさわやかな芳香を放つもの。
保存方法 ビニール袋に入れて冷暗所に。長期保存する場合は冷蔵庫で。
期待される効能 整腸作用、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防、アレルギー予防
りんごに多く含まれている水溶性食物繊維のペクチンが消化を促進させ、胃酸のバランスを整えてくれます。便秘や下痢によいといわれるのはこのためです。またペクチンはアレルギー性疾患の予防に有効だという報告もされています。
さらにりんごに含まれるポリフェノールの一種「カテキン」には抗酸化作用があり、高血圧やがん予防、老化予防に期待できます。同じくポリフェノールの一種である「ケルセチン」も動脈硬化やがん予防に有効とされます。りんごはさまざまな病気の予防に効果が期待できるため、まさに「医者いらずの果物」といえるでしょう。
【お取扱い品種】ふじ

[参考資料]からだにおいしい野菜の便利帳(高橋書店)、果物ナビ果物ではじめる健康生活 毎日くだもの200グラム!

ふじ

現在国内で最も多く生産されている品種です。「国光」×「デリシャス」を親に持ち、1962年(昭和37年)に登録されました。
果実は300g以上と大きめで、酸味が少なく甘味が強いのが特徴。しっかりとした肉質で果汁も多く、蜜入りのものは特に人気があります。
なお、栽培時に袋をかけない「サンふじ」のほうが甘味は強めといわれます。出荷は10月下旬頃いから。

幸水

「菊水」と「早生幸蔵」を交配し、1959年(昭和34年)に登場した赤梨。現在では日本梨の約40%を占める代表的な品種です。
果実が約250~300gの扁円形で、お尻の部分が大きくへこんでいるのが特徴。やわらかい果肉には果汁がたっぷり含まれ、ひと口食べると強い甘味が広がります。果皮は基本的に褐色ですが、やや黄緑がかったものもあります。
出荷は8月上旬頃から。

巨峰

「石原早生」と「センテニアル」を交配し、1942年(昭和17年)に誕生しました。「巨峰」という名は商標名(商品名)で、正式な品種名は「石原センテニアル」といいます。
果皮は濃い紫黒色をしていて、果肉は淡い緑色。しまりがある果肉は甘味が強く、果汁も豊富です。昭和50年以降には「種なし巨峰」の生産も開始され、今では黒ブドウの定番品種となっています。
成熟期は8月~9月頃。

オリンピア

オリンピック聖火の炎のような美しい鮮紅色と若人の夢と情熱を思わせる大粒の新品種のぶどうとして、東京オリンピック開催の年(1964年)に命名されました。別名「はちみつぶどう」とも言われています。
栽培が難しく、当時は幻のぶどうに終わるかもしれないと危ぶまれていましたが、栽培に改良を重ね、今はその名にふさわしい、世界のぶどうの中でも最も美味しい「高級ぶどう」と言わるようになっています。

デラウェア

粒は小さくて香りは控えめですが、果汁が豊富で糖度が高く、種もなく食べやすいことから多くの人に親しまれています。
1850年頃アメリカで発見され、1855年頃にオハイオ州デラウェアで命名。日本には1872年(明治5年)頃に導入されました。
旬は7~8月頃ですが、ハウス栽培のものは5月頃から出回ります。

ピオーネ

「巨峰」と「カノンホール・マスカット」を交配して作られたブドウで1973年(昭和48年)に登録されました。
大粒の紫黒色で、1粒15~20gほどの重さになります。甘味と酸味のバランスがよく、キュッとしまった歯触りのよい食感と上品な風味が楽しめます。
時期は8~10月頃。主産地は岡山県、山梨県、長野県などです。
ピオーネは種ありと種なしがありますが、種なしのものは「ニューピオーネ」とも呼ばれます。

シャインマスカット

「安芸津21号」×「白南」の交配から育成され2006年(平成18年)に品種登録された緑系のブドウです。
大粒でマスカットの香りを持ち、糖度が20度前後と高くて酸味は少なめ。ほとんどが種なしで、皮が薄いため、皮ごと食べられるのが特徴です。
食味が優れているだけでなく、果肉がしまっていて日持ちがよいことから栽培面積が増えています。

マスクメロン

高級メロンの代名詞でもあるマスクメロンですが、実はマスクは品種名ではなく、麝香(じゃこう)の香りがする「musk」からきており、実際はアールス系メロンのことを指します。
代表品種は「アールス・フェボリット」で、静岡県ではアールス・フェボリットの優秀なものを「クラウンメロン」として流通させています。

タカミメロン

網目が細かくネットの盛り上がりが浅いのが特徴。果肉は緑色で糖度が16~17度と高くさわやかな甘味があります。果肉がややかためなので日持ちがよいのも魅力。
1990年(平成2年)に発表されました。

キスミー

1995年(平成7年)に誕生した緑肉系のメロン。「アールス系メロン」と「露地ネットメロン」を掛け合わせた品種で、緑色の果皮に細かい網模様が入ります。
上品な甘さで香りがよくなめらかな口当たりが特徴です。
シーズンは6~9月頃。

山梨白鳳

「白桃」×「橘早生」として神奈川県で育成され1933年(昭和8年)に登場した人気種です。
果肉は白くやわらかな口当たりで果重は250~300g程度。酸味は少なく多汁で、上品な甘さを持っています。
収穫時期は7月中旬~8月上旬頃。

日の出

もっともポピュラーな白鳳系の新潟オリジナル品種。
「新潟県内で桃といえば日の出!」というくらい人気の品種です。
果肉がやわらかめで甘味が強いのが特徴。
旬は7月下旬~8月中旬頃。