埼玉県狭山市にある助産院 マタニティルーム 伊深です。
マタニティルーム イブカ > 当院(マタニティルーム伊深)のポリシー
マタニティルーム伊深(イブカ)のポリシー
マタニティルーム伊深(イブカ)のポリシーは
女性にとって妊娠、そして分娩は一大事
だからこそ自分のポリシーで選びたいですね
そんな1人1人の願いをかなえる為に
私たちマタニティルーム伊深のスタッフは
あなた方、ご夫婦の伴走者でいたいと願っています。
また、育児は大変な事もありますが
喜びも苦しみも共に味わい、共に共感できる。。。
そんな助産院を目指しております。
伊深 佳洋子
Kayoko Ibuka
70歳になり、想うこと

助産師になり、47年

沢山のお母さんの分娩に立ち会い、人生の大半を過ごせたことに、援助してくれた職員、家族、友人に感謝で一杯です。

感動と緊張と責任感と様々な気持ちが交差した月日でもありました。

携わったお母さんや赤ちゃんが元気で幸せに過ごし、社会に役立つ人に成長されることを祈る日々でもありました。

又、天才赤ちゃんや、お父さん、お母さんに色々教えていただいたことも、沢山ありました。

今からも、哺乳類である赤ちゃんが、母乳で育ち、産むお母さんが、自然で体にやさしい分娩が出来るように援助していきます。

お母さん、一緒に成長していきましょう。

助産師 伊深佳洋子

趣味 社交ダンス、
日舞、 絵画鑑賞
カラオケ、 読書
好きな言葉 「生命こそ宝」
「1人の人を 大切に」
「我以外皆我師」
経歴
大阪赤十字看護専門学校 卒業
日本赤十字社助産師学校 卒業
日本赤十字医療センター 産科にて10年間勤務
狭山市 産婦人科医院にて15年間勤務
平成8年5月に当院「マタニティルーム伊深」を開業
平成9年10月に当院の新設を行なう
皆さまに愛され現在に至る。

助産師 3名
正看護師 1名
調理師 1名
当直看護師 1名
清掃係 1名
 
Copyright (C) 2006 Ibuka. All Rights Reserved.