荘 内 平 和 観 音 百 八 霊 場 一 覧




真言宗智山派真言宗豊山派浄土宗天台宗曹洞宗単立他

鶴岡市酒田市庄内町遊佐町庄内町三川町

寺院所在地御詠歌
羽黒山 荒沢寺鶴岡市羽黒町手向いとわずな しげる夏草 わけゆかば 誰かは濡れる 袖やあらさわ
1羽黒山 正善院鶴岡市羽黒町手向もったいなや 世々の聖の み足跡 慕いまつりて のぼるきざはし
2金峰山 青龍寺鶴岡市青龍寺たれもみな 濡れてかぞえれ 往昔より 黄金あめふる 山と聞かずや 
3薬王山 東光寺酒田市飛鳥ともどもに 敵も味方も 釘なしの 御堂のなかや やすくにの寺
4羽黒山金剛樹院鶴岡市羽黒町手向うるわしき 花をささげよ 手向やま わきても薫る 心この花
5  新山 龍覚寺鶴岡市泉町1かりてほす みのりゆたかの 世にあえり 今こそはげめ ほとけのみち
6光国山 勝伝寺鶴岡市播磨うごくなき 根をばはりまの 深かれや いつか禅定の 扉ひらかむ
7鳥海山 松葉寺遊佐町女鹿あすの日も また安かれと まつば寺 ながめはるかに 夕陽おろがむ
8梅枝山 乗慶寺庄内町余目字舘梅が枝の 山ときくだに おのずから 袖に衣に かおる花の香
9長滝山 善光寺庄内町三ヶ沢信濃なる 昔の因縁 問わなくも よしみつでらと 聴くぞ尊し
10福地山 長現寺鶴岡市羽黒町狩屋野目はかなしや 世はなにごとも かりやのめ ただただ頼む みほとけの慈悲
11春王山 光国寺酒田市今町(真言醍醐)酔い痴れて 波間さまよう 亀ヶ崎 招くかなたの 灯火うれしや
12修行山 南岳寺鶴岡市砂田町おもいきれや 濁れる水に まじり咲く 花をあわれと 抱きたまわむ
13大日山 長福寺鶴岡市湯田川湯田川や 心も身をも 清かれと そそぎ祈らば 癒さぬはなし
14桃林山 永鷲寺鶴岡市添川字池苗代垂乳母の 添い寝なつかし そいがわの さめてもねても 守りましませ
15万歳山 冷岩寺庄内町狩川千世かけて 利生変わらぬ あらたかさ 庭も狭しと 繁る松が枝
16大日山 井岡寺鶴岡市井岡庭の苔 岩間のつつじ 湧く水の 井のおか寺や みほとけの里
17湯殿山 大日坊鶴岡市大網聞く人は その身そのまま 五智の徳 だいにち坊の あかつきの鐘
18本居山 滝沢寺酒田市茗ヶ沢みほとけの 深きめぐみも みょうがざわ 汲めど尽きせぬ 法の真清水
19明石山 竜宮寺鶴岡市加茂(天台単立)隠しなく 罪をあかしの 寺なれば われとささげよ 法の灯火
20洞滝山 総光寺酒田市松嶺いくとせも 待たんまつやま 父母の 国をはるばる 帰還り来るをば
21大仏山 持地院酒田市上台町ためしなき 誓いをたのめ 枯木にも 時ぞともなく 花や咲くらむ
22東林山 宝蔵寺酒田市山寺陸奥の 石山寺や 湖に まがえて今日も 雲のたなびく
23湯殿山 注連寺鶴岡市大網ひろき世を 隔ててせまく 張る注連を 解きて納めよ おおあみの里
24松河山 海禅寺遊佐町吹浦還来よ 海岳越えて ふくうらの 麗晴ら浦風 鐘をたよりに
25太白山 吉祥寺鶴岡市板井川法の船 さいてぞ遡れ いたいかわ 洗いすすげよ 人の世の塵
26生石山 延命寺酒田市生石夢かよと 重きを軽く 負いし山 これや仏の 身代わりと知れ
27高寺山 照光寺鶴岡市羽黒町高寺千歳経て またよみがえる 鑿の香や 名もたかでらの 冥加たのもし
28寺尾山 法光院鶴岡市黒川染めかえす 薄墨衣 くろかわの 猶くろかれと いのる身なれや
29椙尾山 地蔵院鶴岡市馬町六つの道 手引きたまえと うままちの 駒の足掻きの 止まず願わむ
30見竜山 円通寺酒田市観音寺ふもとやま 峰より谷へ 明け初めて わが行く方に 朝日かがやく
31白狐山 光星寺庄内町三ヶ沢さやかにも 潤う草木の みかざわや 稲荷の山を てらす月影
32清流山 洞泉寺三川町猪子半杓の 水の滴り 末ながく 流れていまに 湧くや泉は
33鳥海山 龍頭寺遊佐町蕨岡さわらびの 萌え出るさまに 掌を合わせ ひたすら祈れ 蕨岡でら
34門田山 真秀寺庄内町久田ゆたかなる みのりの寺や きゅうでんの 名もひさしかれ 栄えゆくらむ
35福聚山 延命寺鶴岡市渡前御手を垂れ ここよとばかり 渡前の 渡り難きを 救いたわむ
36大寿山 永寂寺鶴岡市浜温海うたがわで まかす船出の たのもしさ 心して吹け あつみ浜風
37慶光山 観音寺酒田市鵜渡河原いく世々の 罪障はながれて うどがわら いまこそあおぐ 慈悲の月かげ
38竜田山 明照寺酒田市漆曽根もとめなば 堅き塗扉の うるしぞね かならずとも 開きたまわむ 
39栃嶺山 常禅寺鶴岡市栃屋七葉の 所縁につれて 栃屋寺 願うままの 芽をやふくらむ
40椿花山 宝泉寺遊佐町豊岡詣る日は こころおのず 晴れわたり いつも花咲く とよおかの寺
41明朝山 高伝寺酒田市関憂いさの関 つらさの関も 通り来て もはや悟りの 関ぞいそげよ
42洞月山 正徳寺鶴岡市堅苔沢わがこころ 堅苔沢の 巌より なお堅かれと 祈りつつゆく
43海岩山 竜泉寺遊佐町吹浦たのもしや 寄せ来る波も 引く浪も ともにもらさぬ 滝の浦かぜ
44松尾山 宗泉寺遊佐町下小松子育ての 御名ぞ高かれ 小松でら 繁りて伸びて 雲を呼ぶらむ
45金華山 歓喜寺庄内町清川おもむろに 明けゆく空や きよかわの 川霧さえも はるるこころは
46大竜山 正寿寺遊佐町庄泉誰が身とて 迷いは尽きぬ しょういずみ 生々世々と 汲めや願えや
47流水山 竜岩寺遊佐町岩川掬べよや ゆたけき法の 岩清水 いくよ世も長く かかる期なし 
48安養山 本願寺遊佐町八日町誰もみな 聞けよたのめよ 本願の 御声ぞひびく 魂よびの鐘
49一峰山 永源寺庄内町吉岡やるせなき 利鎌ごころの 葦刈や よし岡寺に 辿り来にけり
50円珠山 悦岩寺酒田市本楯逆縁も なにかわこころ あらための 准胝でらに 詣る身なれば
51四曲山 法秀寺鶴岡市三和七色の 真玉はあれど この三和の 法の真玉に 秀ずるはなし
52白藤山 昌洞院庄内町中村罪障は いつしか消えて なかむらの 白藤山に まいる今日かな
53北洞山 林秀寺酒田市桜林さくら咲く 林の寺と きくからに いつも心は 花の浄土へ
54観法山 正伝寺酒田市本楯唱えなば 梅花に由縁の みおしえを 正しく世々に 伝え行くらむ
55砂押山 泉流院鶴岡大山父母の おもかげもやと まいり来て 阿伽井の泉 汲みて流せよ
56南陽山 大田寺鶴岡市大半田善根の 根こそふかけれ だいはんだ 菩提の樹々も 繁り栄えむ
57法弘山 福乗寺三川町助川真帆たかく 風おだやかに ふくしょうじ 乗れよ大悲の 舵にまかせて
58曹渓山 清原寺酒田市亀ケ崎竜王の むかしゆかしや 清原寺 救わせたまへ いまのわれらを
59大沢山 竜雲寺鶴岡市谷定願わなむ 竜の宮居の そらならで 雲井はるかに 空をゆく身を
60南陽山 光岩寺酒田市宮内鎔かさでや わが信心の 光り増さば 堅き岩根も なにかあるらむ 
61金竜山 宝泉寺鶴岡市高田あふるるを 濯ぐたからの 泉とて 山の高田も みのりゆたかや
62西袋山 流泉寺庄内町西袋なにごとも 皆な身に出ずる にしぶくろ 心ひとつの 結び堅かれ
63竜門山 宝台院鶴岡市我老林若やぎて 唱えまつれば あらとおと 我老林に こだまする声
64松明山 万福寺鶴岡市豊田われとわが 心垂れ穂の つつましく 祈れ万の福ぞみのらむ
65宮海山 光眼寺酒田市宮海みや海の 浜の松風 波の音 おのずからなる 法を説く声
66碧林山 浄勝寺遊佐町豊岡遅るるを 呼びつ招きつ ふなはしの 長きをともに 助けわたらむ
67高徳山 宝恩寺遊佐町北目忘れなじ いつも心はほうおんじ 大悲の胸に あれと願えよ
68栽松山 門葉寺遊佐町藤崎栄ゆく 法の林のもんようじ 変わらぬ千代の松のみどりや
69慈眼山 福昌寺鶴岡市東堀越ひとすじに 願い求めよ 皿塚の さらにいやます 誓いとぞきく
70古峰山 円福寺鶴岡市古郡誰がためと いわで因幡の 樋柱 これぞまことの 御仏としれ
71剣竜山 剣積寺遊佐町剣積口真剣を 十振二十振 積むよりも 法の力の いや勝るらむ
72天理山 耕福寺三川町押切耕さば やがてはみのる 福いの 菩提の種を 蒔くぞうれしき
73円玉山 浄善寺酒田市局願いなば 黄金白銀 瑠璃の壺 あふるる慈悲を 授けたまわむ
74悠雲山 林泉寺鶴岡市与力町そこはかと おもいやるだに 懐けれ しげる林の 泉湧く寺
75砂丘山 海向寺酒田市下台町袖の浦 鐘に夜明る かいこうじ 祈る心も 晴れわたるらむ
76竜谷山 慶雲寺鶴岡市大山今日の日に 誰かは廻り 逢うやまの この慶びや 雲とたなびけ
77白華山 西光寺鶴岡市小岩川ゆく船を 呼びてそぞろ 小岩川 などや叶わぬ ことのあら磯
78三尊山 永蓮寺酒田市勝保なによりも 願う心の勝保でら 難き縁も 結び給はむ
79興流山 清原寺遊佐町丸子たちのぼる 高瀬の瀬々の 川霧も やがては遠く 雲となるらむ
80清水山 竜雲寺酒田市田沢

滝のおと 松の嵐の 田沢でら 名も清水の ながれとぞ聞く

81高流山 不二軒鶴岡市石山にごりなき 心清水の ひとすじに 不二の誓いを たのめもろびと
82竜鬼山 滝泉寺鶴岡市坂の下ひとたびは 何のねがいも 鬼坂の 峠にまいれ 遂げぬ人なし
83金水山 常福寺鶴岡市外内島心願は みな叶うとの 外内島や すがれ慈悲の 御手をはなすな
84玉藤山 種耕院鶴岡市藤島村東善根の 種をゆたかに 耕さば 幾世をかけて 富栄えなむ
85巨島山 大洞寺鶴岡市藤島村東大慈悲の 御手にたよらば ふじしまの 小野の野ふじも 雲と咲くらむ
86松明山 光伝寺酒田市北俣めおと松 睦び繁りて みどり濃く ひかりもあやに 伝う寺かな
87玉池山 雲竜寺酒田市楢橋詣りきて 一度はたのめ 何ごとも 成就ぞならはし 玉のおん池
88竜田山 善応寺酒田市竹田ひと節に 願いをかけよ 竹田でら 千代誓いも 慈悲の外なし
89白林山 松音院鶴岡市三瀬ここちよや 二世安楽を 祈る身も 今日は三瀬の 松風の音
90白竜山 海蔵寺鶴岡市由良由良の海 風やわらぎて 今は早や 心なぎさの 月をみるかな
91早田山 大竜寺鶴岡市早田いまもなお 母に逢わまく 粟生島の 沖へもひびく 慶玉の鐘
92鼠関山 瑞芳院鶴岡市鼠ヶ関名にしおう 念珠が関や みほとけの 導きなければ 関守もなし
93桃隠山 多福院鶴岡市横山多かれと 願え尽きせぬ 福徳は 慈悲善の 顕れぞかし
94玖水山 玉林寺庄内町古関ともしくば 宝も雨と ふるせきの 玉の林の 寺をたのめよ
95天竜山 徳昌寺鶴岡市西荒屋未敷蓮を かざし給うも いつの日か 開く花ぞと 宣すなるらむ
96池水山 蓮台院鶴岡市十三軒町むら雲の 遠のくままに 蓮台の うてなも高く 有明の月
97法林山 泉蔵寺三川町横山たえまなく 汲め黄金の 湧く泉 ここぞ正法 眼蔵なれ
98経蔵山 冷泉寺酒田市中野俣祈りなば 明日と宣らさぬ 経ケ座 などや伊奈利の すくいなからむ
99手蔵山 長淵寺酒田市手蔵田吹く風も 流るる水も てぐらだの 法の御蔵に 入るぞ尊き
100芹田山 光浄寺酒田市芦田はるばると 尋ねてここに 光浄寺 めぐりあいたる 今日のうれしさ
101長福寺酒田市観音寺もろびとの あゆみをはこぶ 観音寺 ひろきめぐみぞ とうとかるらん
102観音堂酒田市宮野浦よせるなみ すくいもとめて 宮野浦 じひのみてにぞ たのむねがいを
103大洞寺鶴岡市大網み山路 山高き湯峰の 大洞寺 佛のすくい 深きおおあみ
104宝泉寺庄内町廻館廻り来て 館に仰ぐ 観世音 宝の泉 汲ままほしけれ
105宝重寺酒田市中野目うるわしき お慈悲のすがた 仰ぎつつ 深き誓いを 願う尊さ 
106慈眼寺鶴岡市羽黒町外野東一片の 蓮の台の み佛の 心は深き 慈悲の玉水
107満願寺酒田市安田頼むとも おもわずながら 満願寺 法の声聞く 安らぎの里
108東昌寺鶴岡市藤島正法をば 伝え伝えて 東昌寺 慈悲の光明は くもらざりけり


庄内三十三観音霊場  井岡寺Top   出羽路十三佛霊場