油絵抽象画の芸術作家 島田 勇ホームページ






始めに 知ってほしいこと

「思考絵画」とは 作者の思考と想像ということではなく、観者を対象にした思考と想像力を喚起する絵画のことなのです。

観る人が自由に思考することです。

 哲学者による現象学と四次元の捉え方である【人間の存在でしかできないこと】を組成としての基底材とし、 

二ユートリノの性質は【人間の初産時の本質を自然科学的に証明している】のであるからして、表現方法としたものです。

専門的に言えば、、ニュートリノは 一兆分の1%の狂いもなく、変身するという

それを哲学者は 実存的存在論とか超越論とか言う。一言で言うと「あるところのものから思考して、あらぬところのものを想像する事なのです」サルトルの言葉です。

それが、観る人の聖なるものとなり、最も、価値あるものと言われております。ですから、生きることに役立ち、飽きること無く鑑賞できるのです。

ハイデッカーやメルロポンティやニーチェは 「思考は上位、知覚は下位」のレベルと言っております。

思考する人と知覚する人は 決して交わることが無いという。思考性と想像性は 賢者の必須条件であります。


 「現代絵画の考え方は シュタイナーに代表されるように、感性的知覚絵画であると思います。

私は それらの作品を 「現代絵画派」と考へます


絵画様式の重要性は 見る人の生涯にわたって役に立つことが、重要ではないでしょうか?

それが、
世界で初めて、思考と想像力を育むための絵画です。

少数でしょうが、そうした人のみご覧ください。


私に指導してくださった偉大なる学者の皆様に、改めて、感謝いたしております

「思考絵画」が、最も新しい芸術様式の考え方であり、最も普遍性を持つことを誇りに思います.









お知らせ



今年の目標として 規則の無視と破壊と支離滅裂、ランダムネスを特に意識して制作する

知りうる知識の手抜きの無いように発信しております




制作過程発信中



石黒ご夫妻の肖像画制作


*新作品、抽象富士100号検索〜多忙の為、現在ストップ状態です。
9月新国立美術館、自由美術展出品予定



*抽象、奏でる F30号〜26工程にて完成とする。
完成にて終了です。制作過程を御検索ください。
武蔵野美術大学校友会「M展
〜YCC横浜創造都市センターF3階にて、期日、6/22日〜26日pm3:00まで




*はがき大〜紙に油絵にて描く 
完成いたしました制作過程をご参照ください 題材が限定されます。
武蔵野美術大学校友会「M展」小品展 〜 万国橋ギャラリー6/19日〜25日
格安販売するそうです
1点のみです。

 1.芸術作家島田 勇の考え方


 @島田勇が芸術作家を目指す 写実、具象絵画からの脱皮

A島田勇の人生を育むために
 自我の無と論理的追求


 
B芸術作家島田勇としての考え方 鑑賞者の生涯にわたって役立つ絵画を作り出すこと  


C人間の創造活動 論理的把握と表現、 そして孤独との戦い

 D社会的行為のシステム理論 訓練の厳しさが重要









2.藝術の新様式を求めて

 島田勇の藝術表現への考え方を「目的の統御」とするならば それを貫徹する為の様式の発見をしなければならない。

   @第四次元空間の 概念と芸術〜概念が要求する哲学的帰結を考え抜く事 

A  歴史的様式の確立 世界中で存在していなかった芸術の新様式とは

       B  美術史の簡単な捉え方  〜一個の芸術作品として捉える美術史   







3.哲学者の理論と芸術表現 
現象学、ハイデッカー、メルロポンテー等の考え方


@ 現象学の見方 〜存在しているもののすべてなのです 。

a.存在者そのものの全体  無である。

b。芸術の時間的な経過とは 〜
 全体の奪還である
 
c,地平を同じくする 〜 
存在者としての存在の全体

d芸術は ,死せるものをしっかり捉えることは〜最大の力を 必要とする


A芸術作品における弁証法の法則と実存的存在論〜事物的に存在していないものとしての実存という意味で存在している。

a.実存的存在論と芸術作品
存在しうる存在ではなく、事物的にしていないものの実存という意味で、存在している。

bエンテレケイヤの芸術表現 とは  美は 制と結ばれるときに、価値の階段を駆け登って他の価値に勝る高い地位を占める。

c. 永遠の芸術表現とは〜 時空の成層圏を超えるとき<永遠>が、開示される。


B 時間と空間の超越〜過去と現代を比較する関係


C現象学を認識論に転換〜哲学的認識論


D芸術作品の驚異の表現とは
〜分割された諸規定




4.宇宙量子学と芸術表現
人間の発祥時の本質的根源とは

@量子力学は 全ての安定の基礎である人間の初産として 発祥時の本質的根源を求める時、量子力学は 総ての安定の基礎となる。

A場と粒子は 同一である〜法則と性質を知り、表現をする 。宇宙の隅々を 同一の法則が貫いている

 Bニュートリノの芸術表現 〜 
〜弱い力と波として伝わる。「揺らぎ」が 宇宙の根源的な事

C不確定宇宙と抽象の世界 〜不確定宇宙が立証現実となったされ、抽象の世界が現実となった。  

D量子色力学と芸術表現.  〜近づけばつかづくほど、弱まって見える。








5. 島田勇の絵画表現の実践
科学遠近法。透視画法の崩壊

@ 絵画表現における解釈学と構造分析と形態
解釈学的レベルこそ、芸術の生命  
A現象学データの価値を重視する   存在論は 現象学としてのみ可能である。

B絵画表現におけるランダムネスと支離滅裂
   言説は バラバラに自らを不動化する

C自己自身からの離脱と自己の歴史化  自分から離れる。 
 
D絵画表現における新しい価値と力
  遠い空間と過ぎた時間を勝ち取る

E生物と植物戦略  
 核と輪郭線






 

6.作品について   
普遍的ないしは 最高の価値を求める。

@多様な解釈作用が必要 
芸術作品は 形式内容の複合体である。

 A価値による統御   存在を持たぬ者の存在である。

B作品の統一性 
 下書きの状態、なぞり書き等及び修正や削除

C芸術表現における世界とは   地蔵の全体を一目で見通すことができる。
 
D規則の無視と謎と狂気
  意味そのものを謎と化してしまう






7.抽象芸術の基礎基礎

* 作品は 彼岸に存在し、刺激が無くなると跡形もなく、意識の表面からその姿を消す。(P13)

  美術史の充実と美術史上たぶん一定の発展線、これは 波乗船に成るだろうが そうした発展線を辿る

 おそらくは飛躍的な発展の跡、その速度や必然性を明らかにする事にあると思う。
(P16)

  直接目で見、耳で聴く時には 如何に僅かなショックといえども、大きな体験となる。(P24)

  公式は 人間を温かい腕でしっかりと抱き抱える安楽椅子でもある。だが、反面に於いて その締め金抜け出そうとする努力は 一層の飛躍と新しい価値を目指す。

結局は 新しい公式獲得のための準備なのである。

公式も いつかはその生命を失うもの、そして、新しく生まれる公式によって、とって、変わられるのだ。
(P29)


@絵画技法と耐久性。支持体の処理 a、カンバスの作り方  b、重ね塗りの効用  c、マチエールの特徴  d、題材の捉え方


A画面構成 よい評価と構成


B黄金分割と構図の単純化〜へのリンク










8.色彩とマチエール



彩度、明度の適性値は? 刺激の強い色彩は?弱いものどうしの差を区別できなくしてしまう。弱い素粒子は エネルギィーを磨増す。

*飽和度と彩度を考える   

*浅い川を流れる水のように、清らかで軽く。



 
   @色彩論  明るさの対比が極小の場合に極大となる


 A クオークの色 〜赤色を帯びたグルーオン


 B色は自分でつけてみる~自然そのものには色もない。 


C完全な純色よりやや彩度を落とす表現力をたかめる。人間の心理の最も深層を象徴する色  


D人間が灰色の人生の曖昧さを受けいれる黒は 有彩色を輝かせる


E色彩技術 白や色の混色を出来るだけ、避ける。


 F色の好み  軽さ、弱さ、複雑さが好まれる。


G色の考え方
今世紀の絵画は 色より形を重視する傾向が強い










9.[思考絵画」作品集





10.芸術作品とは 主な専門家の意見





11.美術雑誌掲載





12.参考文献




13.画歴〜
受賞歴など





14.油絵肖像画および注文画について





15.お問い合わせください〜
メールお待ちしております。











以上、御検索の上、ご覧ください。

 1.芸術作家島田 勇の考え方


 @島田勇が芸術作家を目指す 写実、具象絵画からの脱皮

A島田勇の人生を育むために
 自我の無と論理的追求


 
B芸術作家島田勇としての考え方 鑑賞者の生涯にわたって役立つ絵画を作り出すこと  


C人間の創造活動 論理的把握と表現、 そして孤独との戦い

 D社会的行為のシステム理論 訓練の厳しさが重要









2.藝術の新様式を求めて

 島田勇の藝術表現への考え方を「目的の統御」とするならば それを貫徹する為の様式の発見をしなければならない。

   @第四次元空間の 概念と芸術〜概念が要求する哲学的帰結を考え抜く事 

A  歴史的様式の確立 世界中で存在していなかった芸術の新様式とは

       B  美術史の簡単な捉え方  〜一個の芸術作品として捉える美術史   







3.哲学者の理論と芸術表現 
現象学、ハイデッカー、メルロポンテー等の考え方


@ 現象学の見方 〜存在しているもののすべてなのです 。

a.存在者そのものの全体  無である。

b。芸術の時間的な経過とは 〜
 全体の奪還である
 
c,地平を同じくする 〜 
存在者としての存在の全体

d芸術は ,死せるものをしっかり捉えることは〜最大の力を 必要とする


A芸術作品における弁証法の法則と実存的存在論〜事物的に存在していないものとしての実存という意味で存在している。

a.実存的存在論と芸術作品
存在しうる存在ではなく、事物的にしていないものの実存という意味で、存在している。

bエンテレケイヤの芸術表現 とは  美は 制と結ばれるときに、価値の階段を駆け登って他の価値に勝る高い地位を占める。

c. 永遠の芸術表現とは〜 時空の成層圏を超えるとき<永遠>が、開示される。


B 時間と空間の超越〜過去と現代を比較する関係


C現象学を認識論に転換〜哲学的認識論


D芸術作品の驚異の表現とは
〜分割された諸規定




4.宇宙量子学と芸術表現
人間の発祥時の本質的根源とは

@量子力学は 全ての安定の基礎である人間の初産として 発祥時の本質的根源を求める時、量子力学は 総ての安定の基礎となる。

A場と粒子は 同一である〜法則と性質を知り、表現をする 。宇宙の隅々を 同一の法則が貫いている

 Bニュートリノの芸術表現 〜 
〜弱い力と波として伝わる。「揺らぎ」が 宇宙の根源的な事

C不確定宇宙と抽象の世界 〜不確定宇宙が立証現実となったされ、抽象の世界が現実となった。  

D量子色力学と芸術表現.  〜近づけばつかづくほど、弱まって見える。








5. 島田勇の絵画表現の実践
科学遠近法。透視画法の崩壊

@ 絵画表現における解釈学と構造分析と形態
解釈学的レベルこそ、芸術の生命  
A現象学データの価値を重視する   存在論は 現象学としてのみ可能である。

B絵画表現におけるランダムネスと支離滅裂
   言説は バラバラに自らを不動化する

C自己自身からの離脱と自己の歴史化  自分から離れる。 
 
D絵画表現における新しい価値と力
  遠い空間と過ぎた時間を勝ち取る

E生物と植物戦略  
 核と輪郭線






 

6.作品について   
普遍的ないしは 最高の価値を求める。

@多様な解釈作用が必要 
芸術作品は 形式内容の複合体である。

 A価値による統御   存在を持たぬ者の存在である。

B作品の統一性 
 下書きの状態、なぞり書き等及び修正や削除

C芸術表現における世界とは   地蔵の全体を一目で見通すことができる。
 
D規則の無視と謎と狂気
  意味そのものを謎と化してしまう






7.抽象芸術の基礎基礎

* 作品は 彼岸に存在し、刺激が無くなると跡形もなく、意識の表面からその姿を消す。(P13)

  美術史の充実と美術史上たぶん一定の発展線、これは 波乗船に成るだろうが そうした発展線を辿る

 おそらくは飛躍的な発展の跡、その速度や必然性を明らかにする事にあると思う。
(P16)

  直接目で見、耳で聴く時には 如何に僅かなショックといえども、大きな体験となる。(P24)

  公式は 人間を温かい腕でしっかりと抱き抱える安楽椅子でもある。だが、反面に於いて その締め金抜け出そうとする努力は 一層の飛躍と新しい価値を目指す。

結局は 新しい公式獲得のための準備なのである。

公式も いつかはその生命を失うもの、そして、新しく生まれる公式によって、とって、変わられるのだ。
(P29)


@絵画技法と耐久性。支持体の処理 a、カンバスの作り方  b、重ね塗りの効用  c、マチエールの特徴  d、題材の捉え方


A画面構成 よい評価と構成


B黄金分割と構図の単純化〜へのリンク










8.色彩とマチエール



彩度、明度の適性値は? 刺激の強い色彩は?弱いものどうしの差を区別できなくしてしまう。弱い素粒子は エネルギィーを磨増す。

*飽和度と彩度を考える   

*浅い川を流れる水のように、清らかで軽く。



 
   @色彩論  明るさの対比が極小の場合に極大となる


 A クオークの色 〜赤色を帯びたグルーオン


 B色は自分でつけてみる~自然そのものには色もない。 


C完全な純色よりやや彩度を落とす表現力をたかめる。人間の心理の最も深層を象徴する色  


D人間が灰色の人生の曖昧さを受けいれる黒は 有彩色を輝かせる


E色彩技術 白や色の混色を出来るだけ、避ける。


 F色の好み  軽さ、弱さ、複雑さが好まれる。


G色の考え方
今世紀の絵画は 色より形を重視する傾向が強い










9.[思考絵画」作品集





10.芸術作品とは 主な専門家の意見





11.美術雑誌掲載





12.参考文献




13.画歴〜
受賞歴など





14.油絵肖像画および注文画について





15.お問い合わせください〜
メールお待ちしております。











以上、御検索の上、ご覧ください。