庵 功雄のホームページ

新しくホームページを開設しました。研究関係の情報を発信するとともに、そのときどきの雑感も記していきたいと思います。また、私の研究室のゼミ生の業績も紹介していく予定です。よろしくお願いいたします。

ギャラリー


近況

先日家族で旅行したとき、娘(3歳)が撮ってくれました。


娘が撮ってくれました

奈良公園で娘が撮ってくれました。


クールな娘

クールな娘は4歳になりました。

イメージ04

夫(左)と妻(右)

夫の好きなウサギと、妻の好きなネコです。

informationお知らせ

重要
ようこそ リンク集 ゼミ生紹介 重要日程 雑文(エッセー) 重要記事
重要
研究生の受け入れについて(一橋大学言語社会研究科修士課程への進学をお考えの私費留学生の方は必ずご一読ください)
重要
「やさしい日本語」科研のホームページです。
お知らせ
『やさしい日本語―多文化共生社会へ』(岩波新書)が刊行されました。New
紹介文
「宮島達夫先生の思い出」(『計量国語学』30-4. 2016.3)
お知らせ
『留学生と中学生、高校生のための日本史入門―信長から安保法制まで―』(晃洋書房)刊行されました。
紹介文
「ネウストプニー先生の思い出」(大阪大学文学部日本語学講座同窓会報。2015.10)
お知らせ
Facebook の利用について
紹介文
『日本語文法事典』(大修館書店)
紹介文          
山内博之編『実践日本語教育スタンダード』(ひつじ書房)
2014年7月18日
移民政策について考える上での貴重な意見 です。特に、赤字の部分が重要だと考えます。(朝日新聞デジタル 2014.7.17)
2014年6月28日
「憲法解釈の変更」による「集団的自衛権」容認、がいかに立憲主義に反する、反民主主義的な行為であるかを指摘したについての記事です。特に、赤字の部分が重要だと考えます。(The Japan Times. Comentary 2014.6.27)
2014年5月24日
「やさしい日本語」シンポジウム(@一橋大学)が終了しました。ありがとうございました。シンポジウム予稿集(ダウンロード)
2014年5月9日
日本、韓国、中国の共生のためのメッセージ として共有したいと思います。(朝日新聞デジタル2014.5.9)
2014年4月10日
博士ゼミでの資料(博士論文を書くために必要なこと) です。 
2013年10月14日
庵 功雄『日本語教育/日本語学の「次の一手」』(くろしお出版)が出版されました。
庵 功雄・イ・ヨンスク・森 篤嗣編『「やさしい日本語」は何を目指すか』(ココ出版)が出版されました。
お知らせ
NHK 「やさしい日本語」ニュースをぜひご覧ください。
2012年11月5日
「世界寺子屋運動」にご協力ください。(名古屋国際センター)
2012年7月1日
サイトを公開しました。

profile

庵 功雄(いおり いさお)

〒186-8601
東京都国立市中2-1
一橋大学国際教育センター
TEL.042-580-9005
FAX.042-580-9005
E-mail
isaoiori AT courante.plala.or.jp
URL(研究業績一覧など)
https://hri.ad.hit-u.ac.jp/html/29_profile_ja.html

スマートフォン版

Facebook
https://www.facebook.com/isaoiori