HIRAO'S HOME PAGE > 北海道自転車ツーリング > 北海道一周で訪れたい観光地 > 羽幌〜天塩 > オロロンライン

地域
札幌
石狩〜留萌
焼尻〜天売
羽幌〜天塩
サロベツ
利尻〜礼文
稚内
猿払〜枝幸
紋別〜湧別
サロマ湖
女満別〜網走
小清水〜斜里
ウトロ
羅臼
標津〜別海
根室〜霧多布
厚岸〜釧路
釧路湿原
白糠〜広尾
襟裳〜静内
新冠〜苫小牧
支笏湖〜登別
室蘭
伊達〜豊浦
洞爺湖
八雲〜恵山
函館
北斗〜福島
松前〜江差
奥尻
瀬棚〜寿都
岩内〜神恵内
積丹〜余市
小樽
観光地名称
望洋台
オロロンライン
旧花田家番屋
上平グリーンヒルウインドファーム
夫婦愛の鐘
三毛別ヒグマ事件復元現場
水田発祥の地
苫前郷土資料館
道の駅風Wとままえ
北海道海鳥センター
羽幌炭鉱
みさき台公園
金浦原生花園
水稲発祥之碑
富士見ヶ丘公園
開拓農道町道浜更岸線
鏡沼海浜公園
天塩川歴史資料館
川口遺跡風景林
番外編
美瑛北
美瑛南
富良野
弟子屈
十勝平野北
十勝平野中
十勝平野南

オロロンライン

石狩から留萌までの国道231号線、留萌から天塩までの国道232号線、及び天塩から稚内までの道道106号線を総称してオロロンラインと呼ぶ。その中でも小平から稚内までが景色も美しくお勧め。特に小平から苫前までは西に日本海、東に丘陵、そして前方には上平グリーンヒルウインドファームの巨大な風車を見ながら走り、さらに天塩から稚内までは電柱もガードレールもない原野に続く道を、西に日本海とそこに浮かぶ利尻山、そして東にサロベツ原野とオトンルイ風力発電所の巨大な風車を見ながら、人家はもちろん、果ての見えない原野を走る事になり、景色が美しく走っていてとても気持ちがいい。遠別から天塩までは国道232号線ではなく、一本海側にある開拓農道町道浜更岸線の方が交通量も少なくガードレールのない原野の中を走るのでお勧めだ。オロロンラインの名前の由来は日本海に浮かぶ天売島に生息するというペンギンに似た絶滅寸前のオロロン鳥から名付けられており、国道232号線の羽幌近辺にはオロロン鳥の大きなモニュメントが何ヶ所かある。オロロンライン沿いには観光地も多く、北海道に来たならぜひとも走ってみたい道だ。
無断転載厳禁 コメント引用の場合は出典元URLを明記のこと
オロロンライン
中盤にはアップダウンも多少ある
オロロンライン
ガードレールもないサロベツ原野を走る
オロロンライン
ライダー、チャリダー憧れの道だ
オロロンライン
道道106号線は利尻山を見ながら走る
オロロンライン データ
展望のよさ★★☆☆☆
資料性の高さ
観光客の多さ★★★☆☆
お勧め度★★★★☆
営業期間通年
お勧め期間昼間
費用無料
施設所々に道の駅あり
電話番号
郵便番号
住所
北緯44.1017
44°06’06”12
東経141.6605
141°39’37”80
マップコード959034831*84
MGコード
マップル地図45A−3
無断転載厳禁

望洋台  羽幌〜天塩  旧花田家番屋