HIRAO'S HOME PAGE > 北海道自転車ツーリング > 北海道一周で訪れたい観光地 > サロマ湖 > 栄浦浜

地域
札幌
石狩〜留萌
焼尻〜天売
羽幌〜天塩
サロベツ
利尻〜礼文
稚内
猿払〜枝幸
紋別〜湧別
サロマ湖
女満別〜網走
小清水〜斜里
ウトロ
羅臼
標津〜別海
根室〜霧多布
厚岸〜釧路
釧路湿原
白糠〜広尾
襟裳〜静内
新冠〜苫小牧
支笏湖〜登別
室蘭
伊達〜豊浦
洞爺湖
八雲〜恵山
函館
北斗〜福島
松前〜江差
奥尻
瀬棚〜寿都
岩内〜神恵内
積丹〜余市
小樽
観光地名称
龍宮台展望公園
サギ沼原生花園
鶴沼原生花園
湧別水芭蕉群生地
計呂地交通公園
佐呂間町交通公園
ピラオロ展望台
ホタテ養殖発祥の地碑
サロマ湖展望台
サロマ湖畔遊歩道
キムアネップ岬サンゴ草群生地
キムアネップ岬
栄浦浜
ところ遺跡の館
ワッカネイチャーセンター
ワッカ原生花園
常呂駐車公園
百年記念展望塔
いっぽんの木
オホーツクサイクリングロード
卯原内交通公園
卯原内サンゴ草群生地
番外編
美瑛北
美瑛南
富良野
弟子屈
十勝平野北
十勝平野中
十勝平野南

栄浦浜

道道442号線のサロマ湖東岸沿いを走ると、途中に上部に時計があり緯度経度の書かれたモニュメントの建ったパーキングがある。ここが栄浦浜だ。サロマ湖の東の端にある事から、ここはサロマ湖に沈む夕陽が美しい事で有名となっている。サロマ湖はホタテでも有名だが、この栄浦浜はホタテ養殖発祥の地でもあり、このパーキングから少し北に走るとホタテ貝をかたどった、ほたて養殖発祥之地の石碑も建っている。ちなみにホタテ養殖発祥の地はここ北見市常呂町栄浦だけでなく、同じサロマ湖岸の佐呂間町富武士、噴火湾沿いの豊浦町礼文、そして青森県平内町の合計4箇所あるが、養殖の方法が少しずつ進化しているので、どれが正しいというわけではない。ホタテの養殖を一番最初に試みたのはここ栄浦浜だが、現在の養殖のシステムを考案したのは他の場所になる。栄浦浜の周囲にはホテルも建ち並び観光地化されているので、夕陽を見に行くのもいいだろう。かつてこの栄浦浜にはキャンプ場があったが、今では閉鎖されてしまった。
無断転載厳禁 コメント引用の場合は出典元URLを明記のこと
栄浦浜
栄浦浜から見たサロマ湖
栄浦浜
夕陽で有名な栄浦浜
栄浦浜
ほたて養殖発祥之地の石碑
栄浦浜 データ
展望のよさ★★★☆☆
資料性の高さ
観光客の多さ★★☆☆☆
お勧め度★★★☆☆
営業期間通年
お勧め期間日の出〜日没の時間
費用無料
施設駐車場あり
電話番号
郵便番号093−0216
住所北見市常呂町栄浦
北緯44.1209
44°07’15”24
東経143.9697
143°58’10”92
マップコード525731205*83
MGコード
マップル地図48G−2
無断転載厳禁

キムアネップ岬  サロマ湖  ところ遺跡の館