HIRAO'S HOME PAGE > 北海道自転車ツーリング > 北海道一周で訪れたい観光地 > 洞爺湖 > 火山科学館

地域
札幌
石狩〜留萌
焼尻〜天売
羽幌〜天塩
サロベツ
利尻〜礼文
稚内
猿払〜枝幸
紋別〜湧別
サロマ湖
女満別〜網走
小清水〜斜里
ウトロ
羅臼
標津〜別海
根室〜霧多布
厚岸〜釧路
釧路湿原
白糠〜広尾
襟裳〜静内
新冠〜苫小牧
支笏湖〜登別
室蘭
伊達〜豊浦
洞爺湖
八雲〜恵山
函館
北斗〜福島
松前〜江差
奥尻
瀬棚〜寿都
岩内〜神恵内
積丹〜余市
小樽
観光地名称
洞爺湖園地
1977年火山遺構公園
壮瞥滝
壮瞥公園展望台
洞爺湖ぐるっと一周線
洞爺財田自然体験ハウス
夕陽が見える渚公園
とうや小公園・中央公園
浮見堂公園
武四郎坂駐車公園
道の駅とうや湖
観湖台
サイロ展望台
ザ・ウィンザーホテル洞爺
月浦展望台
有珠山噴火記念公園
金比羅火口災害遺構散策路
火山科学館
北海道洞爺湖サミット記念館
番外編
美瑛北
美瑛南
富良野
弟子屈
十勝平野北
十勝平野中
十勝平野南

火山科学館

洞爺湖温泉の町中、国道230号線の終点に火山科学館がある。この火山科学館は繰り返される有珠山の火山活動を記録した科学館だ。館内には噴火で潰れた自動車や曲がった線路、隆起道路の一部、噴火石の実物標本などが展示されている。洞爺には有珠山や昭和新山を記録した記念館や資料館がいくつか存在するが、この火山科学館はパネル展示よりも映像や実物模型、そして体験をメインに考えた施設だ。シアター有珠山噴火では三面マルチビジョンで2000年の有珠山噴火の予知と避難の様子の他、噴火の生々しい被害の跡を当時の貴重な映像で再現しているが、すさまじい重低音で火山性地震を体験できる。まだ1977年噴火体験でも同様に映像とボディソニックによる振動で体感できる。同じ建屋内に無料の洞爺湖ビジターセンターもあり、こちらは洞爺湖の空中写真を中心に観察情報、有珠山の自然史、周辺に生息する動植物を紹介している。ちなみに火山科学館は1978年に開設されたが、大雨による泥流で展示室が埋まってしまったため、1981年に現在の北海道洞爺湖サミット記念館の建屋に移転。しかしそれも2000年の噴火で被災した旧洞爺湖温泉小学校跡地へ2007年に洞爺湖ビジターセンターと共に新しく建設し現在の場所に移転している。
無断転載厳禁 コメント引用の場合は出典元URLを明記のこと
火山科学館
火山科学館の全景
火山科学館
火山科学館の内部
洞爺湖ビジターセンター
洞爺湖ビジターセンター
洞爺湖ビジターセンター
洞爺湖ビジターセンターの全景
火山科学館 データ
展望のよさ
資料性の高さ★★★☆☆
観光客の多さ★★★☆☆
お勧め度★★★☆☆
定休日年末年始
営業時間9:00〜17:00
費用600円
施設ビジターセンターあり
電話番号0142−75−2555
郵便番号049−5721
住所虻田郡洞爺湖町
洞爺湖温泉142−5
北緯42.5640
42°33’50”27
東経140.8152
140°48’54”81
マップコード321518337*73
MGコード100−0953
マップル地図8I−2
無断転載厳禁

金比羅火口災害遺構散策路  洞爺湖  北海道洞爺湖サミット記念館