二月堂修二会
HIGASHIOSAKA KAWACHI
LIONS CLUB

IT Committee







 3月12日深夜、二月堂では「お水取り」の勤行が修法されます。
境内の若狭井(わかさい)の井戸から、観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式です。
 この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、時として粉雪の舞う中、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされ、TVなどでお馴染みの堂内回廊を駆け巡ります。
 このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになりましたが、その模様は毎年TVや新聞などで、広く報じられています。


 
東大阪河内ライオンズクラブ近鉄奈良線若江岩田駅5分のところにあります。

■東大寺 二月堂
修法中の二月堂と修二会を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の昼食の用意
東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)

・東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によってはじめられたと伝えられ、以来一度も途絶えることがありません。平成16年(2004)で、1253回を数えることになります。

・この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。
また二月堂の名もこのことに由来しています。
・前年の12月16日(良弁僧正の命日)の朝、翌年の修二会を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11名の僧侶が発表され、明けて2月20日より別火(べっか)と呼ばれる前行が始まり、3月1日からの本行に備えます。そして3月1日から14日まで、二七ヶ日夜(二週間)の間、二月堂に於て修二会の本行が勤められます。
・「修二会」の法要は、正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)を本尊とし、「天下泰平(てんかたいへい)」「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」「万民快楽(ばんみんけらく)」などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めるものです。前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要となります。
出典 華厳宗大本山東大寺
眼下に拝する大仏殿 松明はこの廊下を駆け上がり本殿回廊を巡ります

東大寺二月堂修二会のロマンス 【青衣の女人】について幾つかを紹介
1. 喜多流「青衣の女人」について「修二会」のうちに「過去帳の奉読」があります。
なにしろ1200年あまり、一度も途切れることなくこの法会が続けてこられたのは実に多くの人々の援助や寄与、献身があったからで、そのため聖武天皇以下歴代功労者の名前を読み上げ、菩提を弔うのです。5日と12日の初夜(9時ごろ)行われる「過去帳の奉読」には、ひとつの逸話が伝えられています。
鎌倉時代初期、承元年間(1207〜10)に集慶という練行衆が過去帳を読んでいるとひとりの女性が現れ、「何故我が名を読み落としたるとや」と恨めしげに言ったので、着衣の色からとっさに「青衣女人(しょうえのにょにん)」と読み上げたというのである。
実際に源頼朝から数えて18人目に「青衣ノ女人」と書かれ、今日も当役の練行衆によってその名が読み上げられるのです。
(大阪中央区・山本能楽堂) 
2. 修二会の練行さなか実忠忌
 三月五日と十二日の夜には、「東大寺上院修中過去帳」が読み上げられる。「過去帳」に名前のあがっているのは、良弁、実忠など大仏建立に関係した人々や、東大寺の歴代の別当、練行衆として修二会に参加した人々など、東大寺内部の人達と、外部から外護者として功績のあった、大仏鋳造の願主であった聖武天皇や、あつく仏に帰依し、悲田院や施薬院をつくって慈悲をほどこしたり、大仏造営にも聖武天皇をたすけられた光明皇后、再建の大施主であった源頼朝、再建の勧進をした俊乘坊重源など、東大寺に対して功労のあった方々である。そのなかには、光明皇后は別として、あまり女の人の名は加えられてないそうである。

 ところが、鎌倉時代、承元年間のある年、僧集慶が、例年通り「過去帳」を読み上げていると、薄暗い荒格子の内に、青い衣をつけた女官風の美しい女性が、まぼろしのように、すうっと現われて、いかにも恨みがましいそぶりで「など我が名を読み給わぬぞ」と言ったという。女人禁制の浄域のなかに、綺麗な女の人が姿を現わそうなど、夢にも思わなかった集慶は、驚いて女人を見つめた。
 僅かにゆらぐ灯明の光に鮮やかに浮かび上がる青衣をつけた女人の白い顔には、妖気さえあやしげにただよっている。集慶はすっかりあわててしまった。しかし、いったいそれが誰なのか、名前などわからない。とっさに集慶は大きな声で「青衣の女人」と読み上げた。すると、その女の人はいかにも満足そうに、にっこり笑うと、そのまま姿を消してしまったという。それ以来、「青衣の女人」は過去帳のなかに書き加えられて、現在も読みつづけられている。

 青年僧の、連日のきびしい練行の疲労からきた幻影ではなかったのか、とか、壇の浦で死んでいった平家の女官のなかで、なにか東大寺と縁のあった女人の霊であろうとか言われているようであるが、さだかなことはわからない。
(奈良町・増尾正子) 
 http://www.mynara.co.jp/1DPic/d1-37.html
3.  修二会では毎夜の行法の他に幾つかの付加儀礼があり、5日と12日の「初夜」22時頃に奉読される「過去帳」もその1つです。声明風の節を付けて朗読される我が国最古の過去帳は、東大寺に功のあった「大伽藍本願聖武皇帝」を筆頭に、「聖母皇太后宮(聖武帝の母、藤原宮子)」、「光明皇后」、「行基菩薩」、女帝「本願孝謙天皇」、・・藤原「不比等右大臣」、橘「諸兄左大臣」、インドの僧「大仏開眼導師」、・・「真言宗を興せる根本弘法大師」、・・「当時造営の大施行主将軍源頼朝右大将」まで40分、その後18人目に声をひそめて呼ばれるのが「二月堂縁起」「能」で有名な「青衣(しゃうえ)の女人」です。元々呼ばれてなかったが、1210年頃(承元年間)の修二会で集慶と云う練行衆が過去帳を読んでいると、目の前に青い衣の女人(にょにん)が現れて、「なぜ我が名を読み落としたるや」と恨めしげに云ったので、とっさに着衣の色を見て「青衣の女人」と読み上げると、にっこり笑って掻き消えました。それから過去帳の朗読では、必ず呼ばれていますが、その女人が何処の誰なのか、今もって誰も知らないそうです。
(関西文化学術研究都市・浦野エマージュホームページ)

  http://urano.org/kankou/topics/shunie/omizutori2.html

(参考付図) 本尊盧舎那大仏開眼1250年 撮影 2002.10.19

■東大寺
奈良東大寺は、2002年に本尊盧舎那大仏が開眼されて、1250年目を迎え、
2002年10月19日結願には、東大寺「千僧法要」「燃灯供養法要」を執行した。
 東大寺は、聖武天皇の発願により天平15年(743)盧舎那大仏造立の詔が発せられ、天平勝宝4年(752)には菩薩僊那を導師に盧舎那大仏の盛大な開眼法要が行われ以来、日本の仏教と文化の展開に深く関わってきた。

 歴史の中で源平、戦国と二度も兵火によって伽藍の大半が炎上し大きな被害を受けたが、その都度多くの人々の力によって復興再建された。

 工匠達によって造寺造仏が行われ、数多くの仏像彫刻や絵画、書蹟、工芸品などが、伝統行事と共に、それぞれの時代の人達の熱意と努力によって今に伝えられている。


 奈良や大阪では、例年2月20日からの奈良東大寺「二月堂修二会」勤行の始まりとともに、寒さもぶり返して参ります。
やがて3月半ばの満行により、暖かい春がやって来ます。