就職・転職を検討されている方! キャリアアップを目指したい方! 結婚・出産後に再び働きたい方!

   女性のお仕事探し・求人情報

一般職 看護師 薬剤師 保育士

女性のお仕事探し・就職・転職
女性専用の求人情報 看護師の求人情報 薬剤師の求人情報 保育士の求人情報
女性のお仕事探し・就職・転職

 女性が働く環境

最近は、結婚後や出産後でも働く女性が増えています。 一昔前は、高校や短大を卒業して、数年して結婚、寿退社が一般的でしたが、最近は殆ど聞きません。理由は、
 1) 経済的な問題で働きたい。
 2) 女性の職場が多くなった。
 3) 労働人口の減少により、女性の社会進出は必須となっている。(成長戦略の一つにも「女性の活躍」が挙げられています)
などです。

特に2)の理由が大きいと思います。
最近の国内の産業は、製造業からは観光業やサービス業にシフトしてきています。
観光業やサービス業は、気配りを必要とする仕事で、男性より女性が向いています。 また、家族などで買物をする時など主導権を持つのは殆どが女性(主婦)のため、女性の目線での商品開発、販売が必要となってきています。
確実に女性が働く環境は、増えてきています。


 転職について

転職を考えている方は多いと思いますが、転職したい理由は、キャリアアップを目指したい、結婚後、出産後に再び働きたい、現在の会社の待遇や人間関係などに不満があるなど人様々です。
ただ、転職したいからと言って、誰でも直に転職できる訳ではありません。 また、転職したからといって、現在の会社より満足する会社に転職できとは限りません。 まずは、現在の状況や自分の経験や能力を客観的に見つめ直し、スキルアップに繋がるかや自分の生活に合うかなどを検討すべきです。


 キャリアの自己分析

会社が中途採用する場合、即戦力になる人材を求めています。そのため、転職先は今までの経験や能力を活かせる会社を探すべきです。
過去の仕事を振り返って、今まで何をしてきたか、成功したこと失敗したこと、 得意なこと苦手なことを書き出し客観的に自己を分析してみれば、自分の経験や能力を見つけ出すことが出来ると思います。
今までと違う職種に就きたい方は、その職種に役に立つ資格や免許を取得してから転職先を探すべきです。 経験や技術がないのに、ただ好きだから遣りたいからといって会社は雇ってくらません。


 転職支援サイト(会社)の活用

転職先を探す場合、ハローワークなどの公共機関で探すのもいいでしょうが、相談は平日のみであるため会社を休む必要があります。 また、公開されている求人にも限界があります。
一方、民間の転職支援会社は、「非公開求人」を含め公共機関より多くの求人情報を扱っています。 転職サイトの登録は殆どが無料です。自分で検索する事もできますが、希望する職種や条件を登録しておけば、 職種、条件に当てはまる会社があれば転職サイトから連絡があります。その方が時間を有効に活用でき、いい条件の会社を早く見つけることが出来ます。