天然水とRO水のウォーターサーバー

  お水の説明 天然水とピュアウォーター(RO水)

天然水とRO水のウォーターサーバー

天然水とRO水のウォーターサーバー
TOP ミネラル豊富な天然水
ウォーターサーバー
ピュアウォーター(RO水)
ウォーターサーバー
海のミネラル
ウォーターサーバー
天然水・ピュアウォーター
説明
天然水とRO水のウォーターサーバー
本サイトは、"天然水"と"ピュアウォーター(RO水)"のウォーターサーバーの宅配サービスを紹介しています。

天然水とは?
"天然水"とは、「ナチュラル ウォーター」と「ナチュラル ミネラル ウォーター」のことをいいます。
「ナチュラル ウォーター」は、特定の水源より採水された天然水です。
「ナチュラル ミネラル ウォーター」は、特定の水源より採水されミネラル成分が含まれている天然水をいいます。日本で採水された天然水の殆どは「ナチュラル ミネラル ウォーター」です。
両方とも、ろ過、沈殿、加熱殺菌の処理は行っていますが、化学的処理は行っていないのでミネラル成分は失われません。また、放射線物などの検査も十分にされているため、小さいお子様にも安全です。

ピュアウォーター(RO水)とは?
採水した水に、RO(逆浸透膜)フィルターという非常に高度なろ過を行って、水道水に含まれる塩素、カルキなどの除去はもちろん、微細なコレラ菌、大腸菌といったウィルスを除去したとても安全な水です。また、ミネラル成分も取り除いているので栄養成分は”ゼロ”の水です。 もちろん、放射線物の検査も十分にされているため、小さいお子様にも安全です。

硬水と軟水
"天然水"には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が含まれています。このカルシウム、マグネシウムの量を表わす指標を「硬度」と言います。
「硬度」が一定基準よりも高いもの(=ミネラル分が多いもの)を「硬水」、低いもの(=ミネラル分が少ないもの)を「軟水」といいます。一般的な総称と硬度は、
 ・軟水:0〜100mg/l 未満
 ・中軟水:100〜300mg/l
 ・硬水:300mg/l以上
です。日本で採水する天然水の殆どは、「軟水」です。本サイトで紹介する天然水は全て「軟水」です。また。"ピュアウォーター(RO水)"は硬度のない超軟水です。
一般的に、軟水は口当たりが軽く、硬水はしっかりした味です。日本人は軟水を飲みな慣れているので、硬水を飲むと少しクセがあったり苦く感じたりします。

また、赤ちゃんのミルクには、「硬度が低い軟水」や「ピュアウォーター(RO水)」がお薦めです。理由は、ミルクには既にミネラル成分が含まれており、過剰に摂りすぎるとお腹を壊したりするからです。

加熱処理と非加熱処理
天然水を汲み上げてからの処理には、「加熱処理」と「非加熱処理」があります。
普通の天然水は、雑菌を取り除く「加熱処理」を行わないと販売できませんが、水源があらゆる汚染から完全に隔離、保護された天然水(国の基準:一般細菌5/ml以下などを満たす水)は、「加熱処理」を行わなくても(「非加熱処理」でも)水を販売することができます。 天然水自体が、長い年月をかけて地層を通過しろ過された無菌に近い綺麗な水なので、「非加熱処理」(フィルターでのろ過など)を行えば、衛生面で十分に安全を保てるわけです。

「非加熱処理」を行った天然水のメリットは、なんといっても美味しい事です。
「加熱処理」を行うと水の美味しさの重要な要素でもある溶存酸素が失われますが、非加熱処理だと溶存酸素が失わず、天然の水の味がそのまま残ります。

栄養と味
"天然水"、"ピュアウォーター(RO水)"とも、水道水と違い残留塩素が入っていないので、スッキリした味です。
また、"天然水"には、4大ミネラルと言われる ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムのほかに、亜鉛、パナジウム、有機ゲルマニウム、シリカ(ケイ素、珪素)などが含まれています。 どれも人間が健康で生きていくためには必要なミネラルです。

ウォーターサーバーの利点
ウォーターサーバーを導入すれば、業者がボトルを宅配してくれるので、今までお店から自宅までボトルを運んでいた手間が省けます。また、いつでも冷水と熱湯が出てくるので、飲みたい時にすぐ飲む事が出来ます。コーヒー、お茶、ミルクなどすぐに淹れることができます。特に、家族の人数が多い方、小さいお子様がいらっしゃる方、忙しい方にはお勧めです。

tr_lin2.gif 22x468 5.66KBtr_lin2.gif 22x468 5.66KB