8ナンバー(キャンピング登録)
維持費節約・・・それもあるが、ベットがあったら便利だろうなぁ〜 コンロがあったら便利だろううなぁ〜 水が使えたら便利だろうなぁ〜 で、構造変更に挑戦しました。
”挑戦” そうです、キャンピングキットから、構造変更まで、すべて他人に任せず自分でトライしました。

私が構造変更に出した時の構造変更の要件は・・・
要約していますので、詳しくはありませんが、大体以下の要件が必要です。 ちなみに、現在は変更されていて、以下の要件だけでは取得できません。
  • 運転席・助手席後部から、車室最後尾までの面積が、キャンピングキットで半分以上占有される事。
  • 定員の3分の1以上の就寝定員を確保している事。
  • 就寝定員は、大人1人50×180cm必要で、子供は40×150cm。 子供2人で大人1人となる。
  • コンロ・シンク(水回り)・調理スペースを確保している事。
ギャレーと呼ばれるコンロ・水回り・調理スペースのセット(左)と、メインベットとサブベット(右)
ギャレー部分は、ベットと兼用になっていない場合、そのスペースすべてが占有面積に換算されるので、ベットとの兼用は避けた方が、占有面積を増やすのに有利になります。
ベットは、メインが138×190cm(大人2人)、サブが80×150cm(子供2人)。 就寝定員は3名計算。
運転席から見たベット(左)とサブベットを下から見上げる(右)
メインベットは、エアベットを使用。 サブベットは、厚さ1cmくらいのコンパネを使用。 台は、イレクターパイプを組み合わせて、サブベットの台に使用しています。
走行時には左の画像のように収納します。
メインベット:キャプテンスタック エアベット(ダブルサイズ) サイズ 130×190cm
サブベット:コンパネ サイズ 80×150cm 台 イレクターパイプ
ぎゃれー:コンパネ サイズ 45×150cm コンロ カセットコンロ 水回り 10Lポリタンク×2(給排水分)
懐かしの、袖ヶ浦ナンバー時の愛車。
袖ナンは、わずか2ヶ月半だけでした・・・
でも、このナンバーを交付してもらった時には、
『自分でもできるんだなぁ〜』と、思ったものです。

今のくるまへ