ディスチャージヘッドランプ取付法
通常の取り付けとは、だいぶ違いますので、参考には・・・? 取り付けたのは、2000年秋ごろ。
実際に装着したい方は、ショップなどで取り付け依頼をしたほうが無難でしょう。

ディスチャージのバーナー(バルブ)です。
H4用に加工してあるので、H4台座と遮光が施されています。
バラスト
純正仕様(ダイハツ)で、小糸製。
第3世代のバラストは、防水加工されていないので、防水加工が必要。
今回は、車内にバラスト設置のため、防塵対策。
デリカのライトユニットにバーナーを固定するための加工。
水道用の塩ビ管と、耐熱パテを使用。 横に見えているビスは、バーナー固定用。
全体図
バーナー固定。
H3の固定具が使用できないので、ビスと針金でバーナーを固定。
防水の蓋と、バーナー側のコネクターを取り付けたところ。
防水蓋は、バーナーが大きく飛び出すので、切り取りします。 切り取って出来た隙間は、エアコン用の非硬化パテで埋めます。
助手席側
左右それぞれにバラストが必要ですので、引き込み用の穴を開けます。
運転席側
コネクター部分がボディーと干渉しますので、干渉しないように穴を開けます。
ご覧のように車室側に入り込んでいます。
こちらも、水・風の進入を防ぐため、厚手のビニール等と、非硬化パテを使用してふさぎます。
点燈直後。
まだ青白い光です。
電圧安定後は、ほぼ純白の色に変わります。
正面図

今のくるまへ