独り言 ひっそりと、更新。
言いたい事言ってますの。 考える事は、人それぞれ・・・ 苦情は言わないで・・・ 賛同する人いれば、否定する人いる。 これで、良いのでは?


大型車
大型車って、荷物を積載した状態だと、総重量は何トンになるか知ってますか?? 規制緩和後に、登録されている大型車には前部に『20t超』の丸いステッカーが貼られている車は、大体25トン。 規制緩和以前の車は大体20トン。 トレーラーにいたっては、積載品だけで20トン以上・・・(空車状態で、台車が6〜8t ヘッドも同じくらいでしょうか・・・)
急に割り込んできた上に、ブレーキを掛けられたら、止まることは至難の業! ですよね〜 しかも、荷崩れを起こせば、運転手の責任になるのですから、これはもう、たまったもんじゃありません!!
大型車が、前走車と車間距離をとっているのは、それなりの理由があるのですから、周りの交通状況(前方信号が赤に変わる等)を見て、レーンチェンジをしてもらいたいものですね。 また、信号が赤に変わったばかりの時などは、レーンチェンジをしないでもらいたいですね。 前方の車間距離や、停止線までの距離を測ってブレーキを掛けているのですから、その時にレーンチェンジをされると、急ブレーキになってしまいますし、それが原因で追突した場合は、割り込んだ側にも責任が発生します!!
レーンチェンジをする時は、ウインカーを上げるのは当たり前ですが、その時の交通状況を良く確認してもらいたいものです。 大型車のブレーキ性能は、20トン以上の自重を停めるだけの性能を有していますが、万能ではありませんし、路面が濡れていたりした場合などは、逆にアダとなってしまうこともあるのです。
ありきたりではありますが、思いやりの運転をしましょう!

転職・・・
皆さんが転職するときって、どんなとき?
オイラ場合、生活に困ってます。 で、転職を本気で考えるように・・・ いろいろありましてね。 決して、仕事が否になったわけではないですし、きついわけでもありませんが・・・ が、今の仕事に就職したときと今とでは、状況が変わってしまいまして、転職を考えてます。
次は何にしようかな〜

お役所仕事
この言葉は、良い意味では使われる事は無いでしょう。 何しろ、仕事が遅い・・・ 融通が利かない・・・ 等等・・・ 私を含めて、私の同僚も、この『お役所仕事』には煮え湯を飲まされています。 役所に勤めている人がすべてとは申しませんが、一部の人がその様な態度をとれば、役所に勤めるすべての人が同じ様に取られてしまいます。 一般の企業ならば、その企業の発展は望めないでしょう。 自分が在籍している時は、問題ごとが起こらないように努める・・・ すべては己の出世のため・・・ 役所は一般市民の為にその労力を使うのではないのですか? 決まっていることだから・・・ 前例がないから・・・ この一言で個々の状況を考慮に入れず、一蹴する・・・ その様な事が通る世の中ではないはずです。 その様な状況になった時は、対応した人間にきつく云ってあげましょう! 熱く大きな声量で語り合えば、きっと打開策があることでしょう!

プライバシー
文春事件で、評論家が賛否を繰り広げていますが、どちらの言い分もわかります・・・ 言論の自由と、プライバシー保護・・・ 相反する内容ですよね。 ただ、私が思うのは、賛否を繰り広げている評論家の方々が、言論の自由を主張している人は、プライバシー保護を、プライバシー保護を主張している人は、言論の自由を、棚に上げて論理を繰り広げているように見受けられます。 先ほど書きましたが、どちらの言い分も理解できますが、今回は(今回に限らず)どちらが間違っていると言う前に、出版社や報道機関が売れる雑誌、報道ばかりが先走った結果であるとは、考えなのではないでしょうか? ゴシップ情報や、スクープ情報が果たして、すべての人々が求めている事でしょうか? 一般の人々が有益になる情報であれば、確かに良いかも知れませんが、どうでも良い情報を面白おかしく、雑誌などが売れれば勝ち! とでも云うような現状は、おかしいと思いますが・・・

作業車
見るからに、道路維持作業車(色は草色・蛍光グリーン・黄色 黄色い回転灯 維持作業車のプレート)がハザードを点けて、回転灯を点滅させて、後退灯が点いている場合、貴方はどの様な対応を取りますか?
私が作業中に出会った車の中に、上記条件で考える事は『作業車は作業中で、しかもバックしようとしている』と、考えませんか?
何を云いたいのか・・・ 作業車は、道路の通行を円滑にできるように作業をしているのだから、作業車が少々邪魔だと思っても、少しは考え・思いやり、作業車輌には近づかない等と考えてもらいたいのです。
時々一緒に乗る、維持作業のベテランオペレーター曰く『札幌などの方が、作業車に理解がある』そうです。 どこの地方でも、道路維持作業車は円滑な走行の手伝いをしているのですから、理解をしてください。

道路
やっぱり道路族議員は、計画通りの高速道路整備を進めたいようですね・・・
普通に考えると、何かしらの利益が生まれるから、族議員たちは『何が何でも、計画した道路は建設を進めるべき』の立場なのでしょう。 国の財政が逼迫している事などお構いなし! 財源は、一般の声を出さない人々から搾り取る事しか考えない。 そんなに道路を作りたいならば、自分たちの給料を減らして、財源に充てなさい!! そんな考えも持たないで、ある意味他人の懐で建設しようなど、笑止千万! 国民全員が納得する事を説明できないような、整備計画など、これこそ税金の無駄遣い!
道路公団の新しい総裁も、民営化に向けて障害を障害と思わず、邁進させていただきたい。

どうなる日本
フセインも捕まり、イラクへの自衛隊派遣に弾みがついたかのごとく、ある政治家はほくそえんでいる事だろう。
そもそもの、大量破壊兵器の行方はどうなった? 戦後復興に本当に自衛隊でなくっては駄目なのか? 何だか、色々な事が議論されずに、多勢に無勢の多数決で決まってしまって、何かあった時の責任は取れるのだろうか? 何も、イラクの戦後復興に協力をするなとは、云っていない。 現地のニーズに合った協力をするべきではないだろうか。
イラク問題だけではない。 年金問題、税金問題、有料道路(道路公団)問題・・・ すべてにおいて、族議員や、官僚の横槍に、問題を棚上げにして、先送り・・・ 未来はあるのか? 今良ければ、先のことは考えないのか? そもそも、政治家や官僚は、国民あっての国(政府)である事を再認識しなくってはいけないはずである。 自分自身の保身や、利益誘導だけしか頭に入っていない人間では、政治家・官僚失格である。
選挙へ行って、投票をすれば、政治家は変更できるが、官僚は変更できぬ・・・ せめて、政治家だけでも、国民が大事だという事を知ってもらわねば。

車のライトの点燈方法
以前から言われている事です。 晴れているのに巨大なフォグランプやリアフォグランプを煌々とさせて走っている車。
対向車(後続車)にとっては、迷惑以外の何者でもありません!!
フロントフォグは運転している本人は明るいから点燈しているつもりでしょう。 リアフォグは点燈させているのも知らない。 もう一度車の取説良く読め!
前を明るくしたかったら、ヘッドライドを明るしろ! 無論、光軸調整は完璧に。
それから、フォグランプを薄暮時にマーカーランプ代わりに使うのもイケマセン!
ランプの意味良く考えろ〜 フォグ=霧 つまりは、視界不良時に使用するものである。

ちなみに、私のデリカのフォグは、視界不良時以外には使用しません!! 特に大型のフォグは飾りのようなもの。
1年間で点燈させる回数は、1回に満たないです。